Outer Tales

1296円
Outer Tales
7.8

物語性・展開

7.5 /10

キャラクター

8.0 /10

オカズ度

8.0 /10

フェチズム

8.0 /10

熱中度

7.5 /10

お薦めできる点

  • ロリ可愛い赤ずきんちゃん
  • ドットの赤ずきんちゃんも可愛い構え
  • ドットとCGのエロ二段構え
  • アニメーション有りで三段構え

微妙だった点

  • 操作慣れ頑張れ

※製品版クリアしたので追記と修正有りです。

Outer Tales

誰もが読み聞いたことがある物語「赤ずきんちゃん」の、その『結末の先』・アウターテイルを舞台にした2D横スクロールアクションゲーム。

敵と戦うには無力な赤ずきんを操作し、赤ずきんを護るための『慈悲の力』を駆使して赤ずきんを無事に導いてあげましょう。

敵は皆、少女の若く瑞々しい身体を狙って襲ってきます。

エロドットアニメ、CG+テキストのADV形式、またLive2Dのエロアニメーションも予定されているとのこと。

発売しました!
Outer Tales

ダークメルヘンなアウターテイル

グリム童話「赤ずきんちゃん」終幕後という世界観で、仄暗いダークメルヘンな舞台になってる2Dアクションゲー。

Outer Tales

お婆さんも猟師さんも、赤ずきんの本当の名前を呼ばずに「赤ずきん」と呼ぶことに始まる違和感。

赤ずきんは身の危険を感じ、ともかくも森の中を逃げ惑うことになるのでした。

アルプスと危険な森 アルプスと危険な森

ちょっと触った感じで思い出すのは『アルプスと危険な森』かなと。

危険がたっぷりの森の中を通り抜けることになったアルプスちゃんを無事に導いて上げる作品だったわけですが、今作の赤ずきんもアルプスちゃんと同様に攻撃手段を持たないか弱い女の子だったりで、キャラクターの動作感も似てたりですね。

基本操作はキーボードの「←」「→」「↓」、または「A(左)」「D(右)」「S(下)」。

「スペース」キーでジャンプ。

Outer Tales

これに加えて『慈悲の力』ということで蝶々が赤ずきんを守護してくれ、また敵の攻撃を妨害してくれます。

この『慈悲の力』である蝶々はマウスで操作することになるので、赤ずきんの操作はキーボードの「A」「S」「D」+「スペース」で行うのを僕としてはオススメかな。ジャンプ動作が「スペース」なので矢印キーで操作するのは辛いんだわ。

さてさて今作の特徴になる『慈悲の力』。

赤ずきんを守護してくれる力ということで、赤ずきんの周囲にピンク色した輪が表示されていて、その中に蝶々が舞ってます。

敵からの攻撃を受けた際には身代わりとして蝶々が失われてしまうという他、蝶々を弾丸のように射出してやって敵にぶつけることで敵の動作を足止めすることができるのです。

Outer Tales

蝶々はマウスカーソルを追い掛けるように舞い、赤ずきんの周辺円の中にいる時に限って弾丸化が可能。

マウスの左クリックでチャージ状態となり、ゴム弾きのスリングショットの塩梅で敵を狙ってぶっ放しましょう。

敵に当たると少しの間、足止めしてくれます。

っていうことで、赤ずきんを操作しながら蝶々のスリングショット操作を兼ねる必要があるので、けっこう操作作業が忙しめ。

最初のステージでは狼さんがぴょんぴょん跳ねて襲ってきます。操作慣れしてないと無抵抗のままにボコられる始末なのでご注意。

次のステージで示される動作になる「しゃがむ(S、↓キー)」を先んじて使ってやると、狼さんの攻撃をほとんど避けられるようになるので、しゃがんだ状態で蝶々の動作を試してもらって操作勘を掴んでもらえると良いかなと。……というか推奨。

狼ステージを抜けると猟師さんステージ。

こちらは蝶々の操作ができないとほぼほぼクリア不可。

木陰から麻酔銃を撃ってきたと思ったら、次には猟銃でぶん殴りに来るアクティブ過ぎる猟師さんに蝶々を当てられないと後背位で犯されてしまうのだ……!

操作慣れするまでは「クリアできんのか……これ……」と戸惑ってしまってたけど、操作慣れするとどうにでもなるって具合。蝶々の操作が万全だよって前提の難易度かもしれないですね。ゴリ押しは不可っぽい。

↑この辺の難易度はかなり緩和されたので、ある程度操作できるようになってれば攻略できると思います。

Outer Tales

エロシーンは敗北を喫した際に、その敵に応じたエロドットアニメが表示されます。

中出し時には汁大量の演出。

その後にコンティニューとなって再プレイ。

同敵に敗れた際には、次からはエロシーンがスキップされるようになってます。

Outer Tales

体験版ではイベント途中の選択肢によってCG+テキストのADV形式のエロシーンへも。

童話世界となると不気味な魔物や動物やらの異種姦が多い気がするけど、今作では触手姦や異種姦はほどほどで、「人間の人間による人間のための陵辱を多めに収録」とのことですたい。

作品説明のテキストが面白くって、

悪意や欲望を以て嬲られる小さな女の子が見たいやべーやつ向けの内容になります。
※「全編快楽堕ち無し」の文言を除外しました。あと「ロリコン紳士諸兄ら」を「やべーやつ」に変えました。自覚しましょう。

ってことなので、ロリコン紳士の方々、ご自身が『やべーやつ』だということを自覚しましょう!

……自覚しました(・_・)

それとエロシーンはエロドットアニメ+ADV形式の他に、アニメーションバージョンもあるとのことです。

どんな内容なのか楽しみですね。

製品版クリア

製品版になって難易度の調節が行われたようで、体験版の頃のように「クリアできるのか……」とため息を吐くようなことは無くなりましたね。

追加になったアクション性だとかは無いんだけど、周囲を舞い続ける蝶々さんの数が増えたり、蝶々復帰までの時間が短縮されたおかげで攻略はずっと楽です。

基本的に次MAPまでの逃げ切りになっていて、ボス戦などは無かったですね。

ボリューム的には体験版×3くらいのものなのでサクッと終わっちゃうのでアクションゲームとしては物足りないかもしれませんが、不気味な森の中を一人で逃げざるをえない赤ずきんちゃんに対して、倒錯気味な保護欲……?というか、なんか妙に捕まえて押し倒して悪い事をしたくなる気分は充分味わえるかと。自分で自分が『やべーやつ』であることを再確認できると思われる(^o^)

というか僕的にはツボなエロシーンでした。

・ロリに巨根を\(^_^)/

・汁大量(体中にぶっ掛けるのではなく、膣内に盛り盛り注ぎまくる)

Live2Dのアニメーションシーンは1種しかなくて残念ではあるんですが、挿入シーンのエロさが良し。

回想シーンでは中出し一発したら選択画面に戻っちゃうんだけど、実用性の意味で好きなだけ繰り返しさせてくれたら悦ぶね。

さらっと攻略

難易度が緩和されたので問題無くクリアできるかなぁと思います。

体験版の頃のようにシビアに蝶々を命中させ続けないとアウトだとかってのは無くなりました。それでも基本的な操作は覚えないとクリアできないかな?くらい。

途中途中に選択肢が出てきますが、犯されそうな方の選択肢を選んでもらっても犯された後に直前に戻ってこれるので犯されてきてから進んでも良し、進んでから犯されても良し。

攻略まで約30分。

回想はタイトル画面よりチャプター選択モード内で。

全解放されてました。

まとめ・感想

小さな女の子に容赦のないエロシーンが素敵なので、『やべーやつ』を自覚している人達に贈られるべき。

ボリュームとゲーム性を増してくれたらずいぶん満足度が高いことになっていたんじゃないかなぁと思います。

体験版の頃よりも蝶々の数が増えたので、蝶々を周囲に舞わせている赤ずきんちゃんがより神秘的な美少女に思えてくる……のですが犯しましょう、汁たっぷりで、どぞ!

はい。

似たような赤ずきん作品というと……

紅ずきんの森ver1.2 紅ずきんの森ver1.2

「赤ずきん」でイメージしたのでピックアップしたけど、赤ずきん被ってなかった!↓

ミリアと幻影の魔女 ミリアと幻影の魔女

あとは全体的に似てるかなってところで、

アルプスと危険な森 アルプスと危険な森

などなどもどぞー

発売しました!
Outer Tales