ミリアと幻影の魔女

1620円
ミリアと幻影の魔女
7.7

物語性・展開

7.5 /10

キャラクター

7.5 /10

オカズ度

7.5 /10

フェチズム

8.0 /10

熱中度

8.0 /10

お薦めできる点

  • ロリ可愛い
  • 操作性スムーズ
  • ちゃんと遊べる
  • 3DMAPの雰囲気
  • 陵辱感

微妙だった点

  • ヒルがつぇぇぇ

※製品版クリアしたので追記あります

ミリアと幻影の魔女

突然目の前で連れ攫われてしまった妹のマリィを連れ戻すため、姉のミリアがナイフと魔法を駆使して冒険へ!

見下ろし型の固定カメラによる3D画面、操作はマウスオンリーでも可、マウス+キーボードでも可のアクションゲーム。

不気味な魔物に犯されても頑張るミリアちゃんがロリロリしくて可愛い。

ミリアと幻影の魔女

良い感じに遊べるんだぞ

頭が大きく、首が細めのデフォルメされた感じのキャラクター造形が可愛いミリアちゃんに興味惹かれて、いざ体験版をプレイ!

ミリアと幻影の魔女

いきなり妹のマリィちゃんが捕らえられてしまっているところからスタートですね。

ミリアと幻影の魔女

不気味に笑むのはガイコツしいリッチさん。

マリィちゃんは『器』として丁度良い女の子なそうで。

主人公のミリアちゃんが妹を取り返すために立ち向かおうとしますが、リッチさんはマリィちゃんを連れて逃亡。

ミリアちゃんは妹を助けるために追い掛けることになるのでした、ってことで本編が始まります。

キャラクター視線だったカメラがググッと上昇して、3DMAPを俯瞰する形になります。

ミリアと幻影の魔女

画面はパリッとしていて綺麗です。

旧街道の不気味な雰囲気が伝わってきます。

僕の環境ではPCのグラボのファンがさっそく頑張りだしてました。もしかするとノートPCだと辛いかもしれないので、体験版で動作確認を。

画面解像度やクオリティは調整できるので、まぁ大丈夫だと思いますが。

ミリアと幻影の魔女

移動はマウスで目的地をクリック。

そしてナイフの斬りつけによる攻撃はマウスの右クリック、もしくは「Z」キー。

カメラは固定なので、とにかくしっかり敵の方向を向いて攻撃すればOK。リーチはそんなに無いです。

ただし攻撃を喰らった敵が怯むとかは無く、被ダメしたまま攻撃モーションに入り、そして攻撃してくるので接近戦でゴリゴリ攻めていくのは難しそう。

ミリアと幻影の魔女

続いて魔法攻撃。

魔法にも種類があるみたいですが、体験版ではファイアボールのみ。

↑のスクショだと判りづらいですが、青い魔方陣の列が通せんぼになっていて通行不可。けれどファイアボールだけなら通過できるので、その先にある赤い魔方陣上の光点を攻撃して破壊することができますよ、というもの。

魔法はマウスだとホイールボタンを長押し、キーボードだと「X」キーを長押ししてから離して発射です。

正直ホイールボタンを押すのは慣れないなぁと思ったので、僕はマウス+キーボード操作で行くことに決定。

魔法の種類にもよりそうですが、発射までのチャージ時間はごく短めで、ある程度の連射は可。

接近してくる敵に対して魔法で遠距離攻撃しておいて、接近したらナイフでグサグサやるのが安定でしたが、この辺はお好みの戦い方でどうぞ。

魔法を使う際には、画面左下の数値を消費します。

これが『魔力』の数値で、敵からダメージを受けた時にも消耗する形で共用してます。

敵の攻撃を受けて魔力が底付きしてしまった時にはミリアちゃんが転倒し、そこへ攻撃を受けるとエッチモーションへ。

ミリアと幻影の魔女

マウスの「右」クリック、もしくは「Z」キーを連打してゲージを溜めることで脱出可能で、この時に四つあるハート(HP)が一つ減少します。

けっこう被ダメっぷりが良いので、ちょいちょい犯されながら進む感じになるかなぁと。

ミリアと幻影の魔女

そしてボス戦。

触手を四本従えた植物型で、触手がウロウロしながら接近&攻撃してくるので、それを最初に倒しつつ、本体へ攻撃など。

さらに周囲に転がっている箱を魔法で壊してやると回復アイテムが入っていたりですね。

最初のステージなのになかなか凝ってて良さげ。

ミリアと幻影の魔女

拘束された場合にはボスさんからキスされながら、先端が一回り太くなっている触手を出し入れされちゃうというエロモーション。

画面左下のミリアちゃんの顔が嫌がってる風で、サディスティックな陵辱感。けっこう好き。

ミリアと幻影の魔女

スタイリッシュなサクサクアクションではないんだけど、適当に距離感を大事にしつつ魔法でちょこちょこ攻撃したり、ヒット&アウェイで近接攻撃をしたり、アクションゲームらしくしっかり遊べる感じです。

HPが尽きて倒れて犯されてゲームオーバー直行って流れじゃなくて、あくまで犯されてHP-1なのも良いですね。犯されモーションを鑑賞しながら進んでいけそうです。

製品版クリア

はい、ということで製品版もプレイ。

体験版でプレイできたステージ1は確かにそんなに難しくなかったんだけど、ステージ2、ステージ3はググ~ンと難易度アップ!

可愛いグラフィックだからって舐めてかかるとしんどいことになるかもしれない。

ミリアと幻影の魔女

ステージ1でもあった魔方陣上の光点を破壊するギミック。

その後のステージではその光点から敵が湧いてくる仕様になっていて、これがなかなか厄介。一つの光点ごとに3体まで湧くみたいなんだけど、湧き出てくるペースがそれなりに早いし、いくつも設置されているような場面では一気に敵に取り囲まれてしまうんだよなぁ……

敵さんはダメージで仰け反りがないのでゴリゴリ殴りかかると普通に反撃されるし、連続ヒットされるので即死級だったりだぜ! 上手にまとめて魔法でちまちま倒そうとすると、倒したそばから湧いてきちゃうしね。

ま、湧くだけ湧かせてから光点を最初に潰せばどうにか。

その後に魔法でちまちま潰しましょう。

被ダメしたスライムが分裂するんですが、まぁ……運で。

ミリアと幻影の魔女

ちょっと懸念していたステージ数・ボリュームですが、全5ステージ。

ステージ4と5がボス戦のみになっているので、実質的にはMAP数は3つですかね。

ステージ3が広めなのと、雑魚敵がけっこう厄介なので腕を試されるかと。

さらっと攻略

ステージ攻略で道に迷いそうなのはステージ3。それでも適当に徘徊しながら魔方陣の光点を破壊していけば中央フロアにボスが登場してくれます。

鍵の使いどころですが、ステージ2は鍵を所得したMAPのすぐ後ろに扉有り。

ステージ3ではボス戦を行った中央フロアを手前側に進んだところに扉有り。

各ボスの攻略としては、2ボスは近接して打撃を加えつつ、攻撃モーションが見えたら横・背後に回り込むのを繰り返せばOK。中ボスもこのパターンで。

3ボスは適当に逃げ回りつつ、魔法詠唱中の隙に魔法を当てていけばOK。

4ボスも似たように適当に逃げ回りつつ、魔法詠唱のタイミングで魔法を当てていく感じ。ステージ3で「マルチアロー」を取っておくと周囲の雑魚もまとめられるので楽。

5ボスはワープして出現してから魔法詠唱に入るくらいまでのタイミングで魔法を当てていけばOK。あんまり近づかないのが吉。魔法を連続で放たれるシーンではぐる~っと逃げ回ってればどうにかなるはず。

攻略まで約1時間。

クリア後はタイトル画面から各ステージへリトライ可能。

「エクスプロージョン」を使って魔方陣上の光点をまとめて吹き飛ばしたりするとギミックが正しく動作しないで詰まる時があるので注意。

回想はありません。

まとめ

けっこう出来が良さそうなので製品版やろうかなって思ってます。

……ただステージ数だとか全体のボリュームが予想付かないので、それがちょっと気になるかなぁと。

少し様子見。

ミリアと幻影の魔女
ミリアと幻影の魔女