Exclusion Zone: Hunting Ground

1944円
Exclusion Zone: Hunting Ground
7

物語性・展開

6.5 /10

キャラクター

7.0 /10

オカズ度

7.5 /10

フェチズム

7.0 /10

熱中度

7.0 /10

お薦めできる点

  • 厚塗りっぽい絵柄
  • 雰囲気
  • エロモーション
  • 難易度はあっさりよ

微妙だった点

  • 謎を解かせてくれ
  • 操作慣れがんばれ

Exclusion Zone: Hunting Ground

超自然現象の専門家・エクス。

政府の情報機関からの依頼を受け、南アメリカの密林へと侵入を果たしたエクスは、麻薬売買組織と戦っていくことになるのだった。

しかし最初の合流ポイントでは味方の工作員はすでに殺されてしまっていて、エクスはその工作員の妹を連れて行くことになるのだったが――

Exclusion Zone Exclusion Zone

こちらの続編にあたる作品だけど、前作未プレイヤーでもほぼほぼ大丈夫。

横スクロールの探索アクションゲーム。

Exclusion Zone: Hunting Ground

麻薬密売組織と戦う謎解きACT(……あんまり謎解きじゃない)

前作の作中の年代は1970年代なんだけど、今回の新作では西暦20xx年。

けっこう時間が経過しているはずなんだけど、さほど容姿に変化がなかったりして不思議設定のあるエクスちゃん。

僕は前作未プレイなのでこの辺の設定はあんまりわかんないんだけど、ジャケットの中央左にいらっしゃる黒髪の女の子などとも因縁があったりするようで。

超自然現象の専門家という設定だけども、ともかく今作では麻薬組織を壊滅させるために銃器を持って単独潜入を果たす工作員のような感じ。

Exclusion Zone: Hunting Ground

合流地点では仲間と落ち合うはずだったんだけど、すでに仲間は殺されてしまっていて、その代わりにその妹の赤ずきんちゃんと合流し、行動を共にするようになります。

赤ずきんが……目立ちすぎるんじゃないかな!/(^o^)\

ま、可愛いからいいや。

Exclusion Zone: Hunting Ground

横スクロール(奥行き無し)のアクションゲームで、武器は遠距離武器が2つ、近距離が1つ。

武器の切り替えがキーボードの「1」「2」「3」。

基本移動が「W」「A」「S」「D」

ジャンプが「スペース」キー。

マウスの右クリック長押しで武器を構え、左クリックで発射。(近接武器は左クリックのみ)

……なかなか操作ボタンの配置が辛いので操作慣れ必須かと。

弾倉の再装塡が「R」、マップ間を移動する場合は「E」、メニューは「Escape」。

ゲームファイルの方には操作説明などの記載がなくって……、でもDLsiteの作品説明に書かれていたという見落としのおかげで弾倉の再装塡の仕方が判らないままラスボスまで頑張ったので、一種の縛りプレイをやっちゃんだな/(^o^)\ どうりで辛すぎるわけだ!

まぁそれは良いとして、HPゲージの下のSPゲージ。ジャンプしたり近接攻撃をしたりすると減少し、こちらが尽きるとふらついて一時的に動けなくなります。弾倉を再装塡しつつ銃器で攻略していく分にはそんなに気にならないかもしれないですけどね。

ダッシュジャンプでぴょんぴょんしながら雑魚をスルーして進もうとする場合には要注意で。

Exclusion Zone: Hunting Ground

「Escape」を押すとメニューと共にそのステージ全体のMAPが表示されます。極端に迷うようなMAPはないですが、全体MAPを表示できるのは有難い。

目標位置についてもイベントが進行するのに合わせて場所が変更されるので、困った時にはこちらから確認しときましょう。

Exclusion Zone: Hunting Ground

う~ん……一応謎解きACTと銘打たれてるんだけど、謎解きらしい謎解きはステージ2のこれくらい。

ヒントのような暗号文を置いて、あとはプレイヤーが考えてどうぞ~ってテイストじゃなくてゲーム側でほぼほぼ解答まで与えてくれるので、脳味噌コネコネ要素は期待しないでね、と。前向きに、ストレス無く謎解きできるよ、と捉えるのが良いのかもしれない、うん、はい。

Exclusion Zone: Hunting Ground

敵の攻撃を喰らってよろめいてしまった後はエロモーション。お馴染みですね。良い感じにヌルヌル動いてくれます。

注意したいのはよろけた際にSPが完全に尽きてしまうことと、エロ拘束から抜け出した後に無敵時間がないので起き上がりに攻撃を受けてしまう可能性が普通にあること。SPが尽きているのでダッシュで逃げようとすると再びよろけるので非常に注意。

下手するとあっという間にHPが尽きてゲームオーバー直行です。

Exclusion Zone: Hunting Ground

HPが尽きた際には一枚絵のエロCGが表示されます。

テキストやアニメーションはないので、想像力で補ってやってください。

雑魚敵に敗北した際にはステージ選択画面までバックになり、ステージは最初から攻略しなおし。

ステージのボスに敗北した際にはボス戦からリトライ可能です。

リトライの際には体力回復アイテムが無くなっている代わりに銃器の弾は補填されているので、上手に立ち回れば回復アイテムが無くても問題無く倒せると思います。

ステージは全部で5つ。

最終ステージにて赤ずきんちゃんを助けられるかどうかでEDが変化します。EDは2種類のご様子。

さらっと攻略

操作慣れさえすれば攻略自体はそんなに難しくないかと。

雑魚の数がそんなに多くないので弾数が少ないけれども火力の高い『インベーダー』のどれかを装備してあげてれば充分。

・ステージ1

ではCエリアで先にハエさんと遭遇しておいてからじゃないとFエリアで虫除けスプレーが貰えません。

その後Eエリアでジャングルナイフを所得し、Hエリアを進めばOK。

クリア後、再突入してすでに所持しているジャングルナイフでHエリアを駆け抜けて工作員を助けに向かっても助けられないよ

・ステージ2

Bエリアの石人形を片っ端から担ぎ上げてDエリアへ。

三つの石人形の合計値を「6」へ。蔦の梯子を登ってG、Fエリアへ進んだらスイッチを動かして、Dエリアに戻って今度は合計値を「11」へ。

ヤリを貰ってFエリアの石を転がしてやればOK。

EからFへと移動すると即死。

・ステージ3

Fエリアでキーカードを所得しDエリアへ。そこからHエリアへと飛び、Jエリアで「1号研究室」のロックを解除。

Iエリアへ進んだら中ボス戦。

再びJエリアに戻って中央通路のロックを解除し、中央通路を進めばOK。

・ステージ4

CエリアとIエリアで石版を拾ってくればFエリアに進めるよ。

中ボスの大蛇を近接攻撃で倒す際には顔面じゃなくて、喉(?)の辺りを斬りつけてやればOK

Fエリアのボスは雑魚敵を倒すと雑魚敵を呼ぶので面倒臭いです。

ボスだけ移動速度が極端に遅いので、画面端から画面端へと移動しながら雑魚敵だけを誘導してやってからボスに攻撃をぶっ込めば良いかと。

・ステージ5

中央フロアで「データベースを先にぶっ壊すよ~」と「メイ(赤ずきんちゃん)を先に助けるさ」の二択。

赤ずきんちゃんを先に助けるを選択し、なおかつ急いで東側フロアを攻略しないと赤ずきんちゃんは輪姦されて死んじゃうので注意。

Jエリアにキーカードがあるので、そちらに直行してキーカードを所得後にDエリアへGO!急げ。

Iエリアにも同様のキーカード。Eエリアにて中ボス戦。

東西のエリアを攻略後、中央フロアでラスボス戦。

近接攻撃では全く勝てない(30回以上挑んだ末、諦めた)と思うので、銃器で撃ち殺してあげましょう。


攻略まで1時間ちょっと。

回想はタイトルから。初期バージョンでは回想画面にバグがあり、回想が見れないのがいくつかあります。

全解放は見付けてません。

まとめ

全体MAPを確認しながら敵を皆殺しにして進めば楽。

雑魚に敗北した際にステージ選択画面まで戻されたりするのがちょっと手間なので、慎重に進んでいきたいところ。

前作はえらく難しかったと聞いて本腰入れてたんだけど、けっこうあっさりクリアでした。妙に近接攻撃に限定して攻略してたりしますが、それでもなんとか。

オープニング、ヘリから投下で潜入するなんて辺りは雰囲気が出てました。

可愛いので別に良いんだけど、さすがに「赤ずきんちゃん」は浮いてたなぁと。

謎解き要素についてゲーム側がヒントというか解答を出しちゃってる辺りが、ちょっと微妙かな。いや、高難度ということで構えてたので肩透かし感がね。

あっさり難易度ということで肩ひじ張らずにどうぞ、って塩梅です。

はい。

似たような作品というと、

アスモディウスの召喚 アスモディウスの召喚

MissionCode:COCO MissionCode:COCO

レビューはこちら

それと前作ですね↓

Exclusion Zone Exclusion Zone

などなどもどぞー

Exclusion Zone: Hunting Ground
Exclusion Zone: Hunting Ground