ミリィと生贄の森

ミリィと生贄の森

1296円
7.7

物語性・展開

7.5/10

キャラクター

7.5/10

オカズ度

8.0/10

フェチズム

8.0/10

熱中度

7.5/10

お薦めできる点

  • 美麗なCG
  • 触手の描写
  • 汁大量
  • サクッと遊べそうな探索性

微妙だった点

  • ゲーム性は薄め

※製品版クリアしたので追記有り

ミリィと生贄の森

強大な魔物が眠るとされる太古からの森。

その森を護り続けてきたエルフは、100年に一度生贄を捧げてきた。

今日はエルフの少女ミリィが生贄として捧げられることになっていたのだったが――

生贄にされた少女ミリィが森からの脱出を目指す探索RPG!

戦闘やギミック解きなどの要素は無く、イベントを回収していく感じと思われる。

発売になりました\(^_^)/
ミリィと生贄の森

触手這い寄る森から脱出しましょう

ミリィと生贄の森

森の番人であるエルフ達は、その森の奥に潜んでいるとされる魔物に100年に1人のペースで生贄を与え続けてきたのだったとか。

今回、生贄に選ばれてしまったのはミリィちゃん。

男達に運ばれて、魔方陣(?)の描かれた祭壇まで連れてこられたのでした。

オープニングではさっそくミリィちゃんの味見をするように触手がミリィちゃんを襲うエロシーンが挿入されるのでしたが、大量の白濁液を吐き出した後には一旦落ち着いたらしく、その隙にミリィちゃんは逃走するのでした。

ミリィと生贄の森

戦闘や謎解きギミックなどは一切無いということで、とりあえず来た道を引き返すようにして進んでいきます。

道中には宝箱が置かれていますが『瞬間移動』というアイテムでスタート地点の祭壇までワープできるものになってます。 ←製品版ではワープクリスタルになってます。

また触手君がウネウネと蠢いていて、こちらに触れるとエロシーンとなります。

ただ、体験版の限りでは触手君は近づいても襲いかかってくるわけではないし、移動速度はかなり遅めになっているので、エロシーンの回収のためには切腹プレイみたいになるのかも。 ←製品版では触手君が俊敏に動き回ったりします。

簡単プレイでストレスフリーを見込んでいるそうなので、プレイする時にはゲーム性をどこまで求めるかは事前に確認を。

エロシーンが挿入されてもその場復帰、以後は同エロシーンはスキップ可能となってます。

ミリィと生贄の森

道中には巨大な触手君も。

こちらの巨大触手は一応『神殿のボス』ということなのですが、襲ってくるわけじゃなくてこちらから触れてあげることでエロイベントが発生し、とりあえずゲームオーバーにはなるもののその場復帰となってます。

体験版だけだとなんとも言い難いんだけど、この巨大触手君みたいなのを探しながらイベントを進めて攻略していく感じなのかもしれないですね。

それとも触手君はほぼほぼスルーして進んで攻略できるのかもしれませんが、う~ん、なんとも言えない(>_<)

ミリィと生贄の森

触手君に犯されることで『淫乱度』が上昇し、それによって全裸で歩けるようになったり、エロシーンで淫乱な反応を見せるようになったりします。

ミリィと生贄の森

エロシーンに限りませんがCGが美麗で良いですね!

シーンの状況に応じて表面をイボイボ状に変化させたりする触手の描写とか、汁大量っぷり!

体験版で鑑賞できたシーンはTHE触手姦!って感じで安心して楽しめるものでしたが、製品版ではどんなシーンがあるのか楽しみになりまする。

オープニングで触手姦されちゃう定めなので処女クリアは不可となっているのもあって、素直にエロシーンを回収してムフフってなんぼ。

金髪エルフ×触手のエロが好きなら要チェックで。

製品版クリア!

ということで製品版もプレイさしてもらいましたー。

ミリィと生贄の森

体験版とはちょっと違っているところがあって、体験版では『瞬間移動』としてアイテムが大量に所得できましたが、これがいくつかの地点ごとのワープクリスタルに置き換わっています。

また製品版では『キラキラ』というアイテムがMAP中にいくつも配置されるようになっていて、これを集めるとなにか良いことらしい……ということで探索性が付与されました。

基本的にエロイベントを回収しながら脱出を目指すことになるので、『キラキラ』を集めながらエロイベント回収するためにMAPをぐる~りと探索してきても良し。寄り道せずにさっさと脱出ポイントまで移動しちゃってEDを迎え、回想部屋で全解放してエロを楽しむってのも良し。

この『キラキラ』集めですが別にコンプリートする必要は無いし、見落としたとしてもペナルティの類いは無いので、変に構えなくてOKです。

1周目クリア後に周回プレイ可能です。

2周目クリアするとEDが変化するのでお見逃し無く。

さらっと攻略

特に攻略で詰まるようなところは皆無かと。

触手などにさんざ襲われようともゲームオーバーの心配は無いし、『キラキラ』回収も適当(それどころか集めなくても)でOK。

特に迷うようなMAPじゃないですが、『祭壇』から東の方に突っ切って『神殿』を出たら、そのまま南に進めばクリアです。

寄り道した先にはボスイベントとしてエロイベントが用意されている形です。

『キラキラ』は回想部屋で回想を解放する(一つ解放するのに一つ使用)のに使うだけで、『キラキラ』を使わずとも全解放可能なのでそんなに気にしなくて良さげ。

EDは基本EDと裸EDの2種類。

その他に2周目クリア時のEDで3種類。

攻略まで約40分

回想はおまけ部屋(『祭壇』のクリスタル、もしくはED後に行ける)

全解放はおまけ部屋中にあります。

まとめ・感想

美麗なCGで楽しむエルフ×触手エロ。

ヌキゲーとしてのクオリティの高さは体験版でしっかり感じられたので股間が期待感を露わにしてくれてますが、探索ゲーム、脱出ゲームとしてのゲーム性は今のところなんとも言えないですね、製品版まで待とうや。

ともかくムフフりたいってならジャケットCG眺めて、それで判断しても良い感じ。

はい。

今作に似たように戦闘無しのRPGというと……

Succubus × Saint ~淫魔の宴と聖女の法悦~ Succubus × Saint ~淫魔の宴と聖女の法悦~

ハメゲー!-ゲームセンターのあのこ- ハメゲー!-ゲームセンターのあのこ-

などなどもどぞー

発売になりました\(^_^)/
ミリィと生贄の森