搾精外科に異動させられたモモの葛藤

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

1100円
7.7

物語性・展開

8.0/10

キャラクター

7.5/10

オカズ度

8.0/10

フェチズム

7.5/10

熱中度

7.5/10

お薦めできる点

  • トラウマに立ち向かう良い話感
  • CGが多く、良い感じのCG群
  • わかりやすくサクッと進行
  • ED後もまだエロイベントを探せる

微妙だった点

  • 特にこれといって

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

新人ナースのモモ。

ある日、『搾精外科』に異動を命じられてしまう。

幼い頃に父親から性的虐待を受け男性恐怖症になってしまったモモにはなおさら難しい『搾精外科』勤務だったが、先輩ナースのサクラと共に男性患者の搾精に挑んでいくのだった――

ほぼ戦闘無しのエロイベント回収型短編RPG!

『搾精外科』で葛藤・トラウマに立ち向かえる

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

今作の主人公になるのは新人ナースのモモちゃん。

もともとは内科勤務のナースさんだったのですが、ちょっとした仕事のミス(遅刻)によって『搾精外科』へと異動を命じられてしまったのでした。

さっそく『搾精外科』にやって来たモモちゃんを指導してくれるのは先輩ナースのサクラちゃん。

主人公モモちゃんを喰っちゃうような可愛いビジュアルのサクラちゃんについてはサークルさん過去作品でも活躍されてますね(^O^)

 ナースNTR~寝取られて寝取って~

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

そんなわけで『搾精外科』なので患者さんの搾精に勤しんでいきましょう!

エッチイベントの発生ポイントには「!」マークが表示されているのでそちらを目印に探索していけばOKです。2MAPだけなのでグルッと回ってあげればどうにかなるサクサク仕様となってます。

さてさて、ここまでだったら単純に新人ナースさんがおどおどしながら男性患者さんの射精のお手伝いをしてあげるって感じなのですが、今作では『搾精』における治療目的が設定されています↓

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

なんと『搾精』を通して患者さんのトラウマを一緒に解消していこうというお話になっているのですね!

また新人ナースのモモちゃん自身も幼い頃に父親からの性的虐待の被害に遭っていて男性恐怖症に。

そして虐待被害を申告したことで家庭が崩壊してしまったことを負い目にしているなどトラウマを抱えているのでした。

そんなモモちゃんが『搾精外科』でどんなエピソードを綴っていくのでしょうかね、と。

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

エッチシーンの方は素直にモモちゃんが男性患者を相手に搾精に務めていくわけです。

最初は男性の身体に触れるだけで卒倒していたモモちゃんですが、なんとか頑張ってくれます。そして中盤以降は……むしろ積極的なんじゃないかな!

クリアまで30分ほどの短編ボリュームながら基本CG25枚でエッチCGの枚数は多め、しっとりした彩色の良い感じのCGばかりで(^o^)

サブヒロインになる先輩ナースのサクラちゃんのエッチシーンも意外と多めに用意されてます。

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

イベント上で戦闘シーンも用意されてます。

戦闘中の台詞テキストを読み落とさず、適当なスキルを使用してあげれば問題無く。

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

簡易的なエロステータスも用意されてます。

ED到達後にエロステータスを確認したら『イベント』の項目がまだ全然足りてなくて(^o^)

メッセージ表示もされますが、ED後も『搾精外科』を探索することで新しいエッチイベントを回収していけるようになっているのでぐるぐる巡ってみて下さいな。

さらっと攻略

ストーリー攻略で詰むようなところはありません。

「!」マークのイベントポイントを探して回収していけばOKです。

選択肢が表示されることがありますが、どれを選んでも進行に違いはほぼありません。

攻略まで約30分。

回想は西棟の機械端末から。

全解放は回想部屋中から。

まとめ・感想

『搾精』を通してトラウマに立ち向かうというストーリーコンセプトがしっかりしていて、まとまりの良い短編ストーリーに。

エロストーリーには違いないのですが、良い話だなぁと(^O^)

共にスレンダー巨乳なモモちゃんとサクラちゃんとなっていて、CGの枚数も多いし、良い感じのCGで実用性も期待できると思います。

はい。

今作のように搾精してくれる作品というと……

 オナホールクエスト

 メルネアの搾精名器

などなどもどぞー

搾精外科に異動させられたモモの葛藤

※今作は以下のDLチャンネルまとめ記事に加えさせて頂きます(まだ書いてないです)。

 隠れた名作と言えるかもしれない僕の偏愛する同人ゲー