FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

972円
FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~
7.7

物語性・展開

7.5 /10

キャラクター

7.5 /10

オカズ度

8.0 /10

フェチズム

7.5 /10

熱中度

8.0 /10

お薦めできる点

  • 安心して楽しめる感
  • ライラちゃんの軽いノリ
  • シナリオは真面目
  • 陵辱っぷり
  • 和姦有り

微妙だった点

  • 初期バージョン注意

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

禁忌の術を極めし悪の魔術師グドールが封印されてから長い年月が経ち、魔術師グドールが復活しようとしていた。

そこで勇者の末裔になるライラが世界を救う冒険の旅に出ることになるのだった――!

懐かしめの王道スタイルのRPG。

主人公になる女勇者のライラは、いくら勇者と言えども敗北したら陵辱されてしまう展開が待っているのでした。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

敗北エロのライラちゃんの王道RPG!

Z印さんの新作RPGになりますね。

初期バージョンだとメインストーリー上でバグ詰まりするところがあるので、確実にバージョンアップしたものでプレイして下さい。12月3日以降のバージョンなら大丈夫です。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

厳かなオープニングで始まる今作は、王道ファンタジーな雰囲気たっぷりの導入になってます。

ずっと前に勇者によって封印された悪い魔術師が復活しそうになっているので、再び勇者の末裔に頼んで世界を救ってもらおうという流れ。

そんな感じで今作の主人公になるのはライラちゃんで、やたら軽い感触のご登場。まぁ固っ苦しいのはここらへんまでにしておいて、さっそく冒険に行きましょうって感じでゲームスタートになっていきます。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

フィールドに出るとけっこう広めのMAPになっていて、ランダムエンカウントなのもあって王道レトロRPGな感触がじわじわ。エンカ率も適当になっていて、そんなに違和感は感じないかと。

広めのフィールドMAPがメインとなってくる代わりに町や村などではMAPは無し、ADV形式で村人と会話したりでサクッと済ませられるタイプになってます。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

登場時こそ軽いノリのライラちゃんですが、王道RPGを土台にコメディテイストに仕上げたわけではなく、その後のイベント時には勇者らしい正義感を発揮してくれてます。

『勇者の聖印』を集めて魔王の城へ~みたいな王道展開に従いつつ、固っ苦しい感じにならないくらいに、成人向けゲーらしい大人っぽく肩の力が抜けた雰囲気ってところで。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

戦闘もオーソドックスなターン制システムになってます。

戦闘システムについてはオリジナルな要素が付け加えられていて、フィールドMAPを歩いていて魔物と遭遇し、力及ばずに敗北してしまった時には衣装が破損してしまった状態へと。

辛うじて命こそ取られなかったけれども……というところで町や村へ戻って体勢を整えたいところですが、この状態になるとフィールドMAP上では「ならず者」達が集まってきて戦闘となります。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

当サークルさんのファンとしては「ならず者」が出てくるとテンション上がりそうなところですけどね。

今作ではこういう役目で活躍してくれます。

衣装破損時は防御力が低下してしまっているんだけど、そんな弱みに付け込む形で集団で襲ってくる「ならず者」達。

いくら相手が勇者だろうとこの辺はお構いなし。

あんまり強くないんだけど、彼らに敗北しちゃうと陵辱シーンからのゲームオーバーへ。

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~

容赦ない陵辱性が強めの輪姦シチュとかになってくるわけです。

ボス戦などでも敗北するとエロシーンが挿入されますね。

一応ゲームオーバーとなるわけだけど、タイトルバックではなく、最初の拠点になるお城まで戻らされて再スタート可能になってます。

所持金減などのペナルティは無いので、そこまで気にせずに敗北していけますかね。

敗北陵辱シーン以外では、ちょいちょい頼み込まれてのエロシチュが用意されてます。

悪いんだけど諦めきれないので一発お相手しておくれよ、という感じで断り切れないライラちゃん相手に和姦風味も。

さらっと攻略

基本的には詰むようなところは無いですが、初期バージョンはバグ詰まりするのでご注意。

次の目的地についてメッセージを読み飛ばすと再確認できなくなる部分があるので、まぁせっかくなので攻略チャートを。


・城下町フォレナ

・西の峠

・カミラの村(峠を抜けた先)

・山奥の小屋(カミラの村から南東に行ったところ)

・寂れた町ラクーン(カミラの村からずっと南に行った先)

・ガレオさん宅(ラクーンから東)

・森(ラクーンから南)

・ガレオさん宅

・商業都市キクノス(船で東側に行った先)

・占いの館(キクノスから東)

・商業都市キクノス

いろいろ話しして「太陽の印」を入手

・クラーケン討伐(海にいる)

・鉱山都市サブラ(占いの館の南の方へ船で)

・遺跡(サブラから北東)

・鉱山都市サブラ

いろいろ話しして「古文書の束」を入手

・遺跡

・鉱山(サブラから西の方)

「月の印」を入手

・戦士の里ドゥベルク(サブラから南西の方。ちょっと見落としやすいかも)

※途中で森になってるところにボスがいるので倒しておく『樹精の木材』を入手できる

・祠(ドゥベルクから南)

・戦士の里ドゥベルグ

「星の印」入手

・アヴァンク討伐(ドゥベルクから南東に行き、そこから北上して道なりに進んだところ)

・最果ての町ペタルダ(アヴァンク倒したところから東くらい)

・神殿(ペタルダから北西)

※東に行ったところに森、ボスを倒して「樹精の木材」を入手

・最果ての町ペタルダ

お話する

・礼拝堂(ペタルダから北)

・グドールの城

※グドール討伐後に選択肢が表示されてED分岐するので、グドールの城に行く前にセーブ推奨。


○勇者装備は以下

・剣 礼拝堂近くの桟橋を「樹精の木材」で修繕し、船で行った先

・鎧 戦士の里ドゥベルグ近くの桟橋を「樹精の木材」で修繕し、どんぶらこっこ

・盾 寂れた町ラクーンから北東に行ったところの遺跡っぽいところ

攻略まで2時間弱。

回想はタイトルから。

クリア後に全解放と思われる。

まとめ・感想

ちょっとバグ詰まりがあったのでアップデート待ちしてたんだけど、3日の更新で問題無くプレイできるようになりました。

ボリューム的には短編なわけですが、けっこう満腹感があるんだな。フィールドMAPを広く歩き回った実感があったからかな。

土下座して頼み込めばセックスさせてくれそうなライラちゃんのスタイルの良さが感じられるエロCG群。

サークルさん前作とは異なり、立ち絵とエロシーンの絵柄は共通です。

はい。

なんとなく「ならず者」の活躍が物足りなかったと感じるかもしれないので、その時は「ならず者」が大活躍する作品をどうぞどうぞ。

魔術師と6人のならず者 魔術師と6人のならず者

六人のならず者と異国の姫君 六人のならず者と異国の姫君

などなどもどぞー

FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~
FIELD OF ETHOS ~勇者ライラ、遥かなる旅路~