催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

1000円
催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~
0

物語性・展開

0.0 /10

キャラクター

0.0 /10

オカズ度

0.0 /10

フェチズム

0.0 /10

熱中度

0.0 /10

お薦めできる点

  • リベンジストーリー
  • 絵柄好き
  • シンプルな造り

微妙だった点

  • 戦闘は単調気味

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

魔法使いが集まる魔法学校が舞台。

主人公は魔法の素質こそあったものの、なかなか芽が出ず、今では落ちこぼれの生徒として皆から見下げられてしまっている立場。

特にトップ級の魔法使いであるツインテール娘のエミリアからは下僕のように扱われる毎日。

そしてエミリアの姉であり、理事長を務めるダイアナは成績不振の主人公を追放しようという態度を隠さないでいた。

そんなある時、秘密の地下室で『催眠の書・アクメの書』を見付けた主人公は、この魔術書の力を利用してエミリアとダイアナにエッチな復讐を企てるのだった――!

高慢な姉妹に催眠で復讐を頑張るRPG。

4月下旬発売予定
催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

高慢な姉妹(美人)に催眠で逆襲する

魔法使いを育成する魔法学校を舞台にした復讐譚ですね。

主人公さんは学校内で落ちこぼれの立場で、そのためにクラスメイトで魔法使いとしての実力に優れたツインテールのエミリア嬢から侮蔑され、罵倒され、下僕としてこき使われる毎日。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

睨みつけてくる表情がマジでおっかないエミリア嬢。

取り巻きを引き連れて歩く様は女王様さながらのご様子。自尊心の塊のような性格をしているということなので大概ですが、主人公さんに対しては特に当たりが強いご様子。

エミリア嬢がメインヒロインとしてパーティーを組み、地下ダンジョンの攻略を共に目指すことになります。

で、もう一人のヒロインはエミリア嬢のお姉さんであるダイアナさん。

ダイアナさんは魔法学校の理事長を務めているお方で、既婚設定有り。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

こちらは学校のレベル水準を高く安定させたいので、主人公さんのように全体の足を引っ張る立場の生徒を追い出したいみたいですね。

そんな環境でも学校を辞めて地元にも帰るわけにもいかない主人公さんは、現環境に涙をのんで堪え忍ぶ道を選ぶのでした……が、秘密の地下室を見付けて物語が動き出すわけです。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

その地下室には『アクメの書』という催眠の魔法書が隠されており、主人公さんはこれを利用して二人への復讐を企むのでした。

ちなみにこの魔法書を使うには相応の魔力が必要とされるものの、落ちこぼれ魔法使いの主人公さんの自力では扱えないので、モンスターを倒して手に入るアイテムを利用することになります。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

ツインテール娘のエミリア嬢と地下ダンジョンを探索する中で魔法アイテムを探し、そのアイテムを見付けたら地下室で魔法書を使ったエロシーンを閲覧するという流れになるわけですが、魔法アイテムを探すといってもボス戦などのイベント戦闘で入手することになるので、素直にダンジョンの攻略を目指しつつ、ボスを倒す度にエロシーンを回収できるという感じ。

ダンジョン探索はランダムエンカウント。

オーソドックスなターン制の戦闘で、装備品などは潔く省かれてます。

主人公さんもエミリア嬢も魔法使い設定なので魔物からの攻撃での被ダメは大きめですが、お互いに回復魔法は使えるので雑魚戦はそんなに難しくないです。

ただしボス戦は急に難しくなります。

戦闘前に「推奨レベル」が表示されるので、まぁそのくらいまでレベルを上げないと倒せなかったなぁ。ボスまで辿り着いた時のレベルが2~3だったので、そこでしばらくレベルリングに励むことになりました。

装備品での工夫や状態異常(毒状態を付与する魔法は有り)の戦略などはあまりないので、まぁレベルさえ上げてしまえばクリアできそうですが、レベリングの手間は発生しますかね。

さまざまな魔法を覚えるであろう今後の戦闘ではもう少し戦略性が増えるかもしれませんが、とりあえず体験版までの中では単調気味だったかなぁと。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

で、催眠を使ったエロシーン。

外で排尿する時には犬と同じポージングをするのが正しい作法と思い込まされているエミリア嬢。

その他にも催眠の力で合法的にフェラチオをさせられたりというものも。

今のところエロの舞台は地下ダンジョンでのことなので、衆人環境での羞恥プレイ的なものなかったです。

でも『精液シャンプー』とかあるらしいんで、見てみたい(^o^)

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~

ダイアナさんに対してはマッサージと称して胸を揉んでいくシーン。

CGの感じは良さげ。

エミリア嬢もダイアナさんも催眠に掛かったからといって高慢な態度そのものが変化しているわけではなく、一部の認識をずらされているので、真顔のままエロな行為を受け入れてしまっているってシチュエーションになってますね。

なので悪い笑顔でニヤニヤしながら二人の痴態を眺めていられる感じです。

催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~ 体験版

魔法学校(学園)の舞台設定って、けっこう好き。

ハリーポッターとかじゃなくて、ラノベとかで見掛ける魔法学校の雰囲気とかね。

まぁいいや。

高慢な姉妹に対して催眠の力で逆襲するエロシーンが素敵なんですが、ゲーム部分はけっこうザックリ。

装備品の付け替えとかもなく、魔法の種類も多いわけじゃないですから、妙に強いボス戦に挑むまでのレベリングがちょっと辛いかもしれない。

落ちこぼれ生徒の主人公さんを徹底的に見下しているエミリア嬢ですが、それでいて地下ダンジョンの探索パートナーにしている事情が気になるところ。ゲーム的な都合なのかもしれないけど、もしかしたら実は主人公さんのことが気になっているエミリア嬢だったり……?

エロCGが良さげなのと、ストーリーの最終的な着地地点が気になるんだよなぁ、と。

はい。

似たように催眠展開がある作品というと

アミィの催眠間違い探し アミィの催眠間違い探し

復讐展開な作品というと

復讐のオーク 復讐のオーク

などなどもどぞー

4月下旬発売予定
催眠 アクメの書 ~高慢姉妹にエッチな逆襲~