へっぽこ悪魔の7日奮闘記

432円
へっぽこ悪魔の7日奮闘記
7.7

物語性・展開

7.5 /10

キャラクター

8.0 /10

オカズ度

7.5 /10

フェチズム

7.5 /10

熱中度

8.0 /10

お薦めできる点

  • 周回プレイが大前提のシステム
  • 大味なのにバランスしてる戦闘
  • クリア後のおまけステージ復活

微妙だった点

  • 若干単調さが

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

魔王が死んだ。

空位となった魔王の座を争い勃発した『悪魔戦争』に勝ち上がるため、『時を繰り返す大魔法』の力を借りて頑張るトイのストーリー。

ちなみにトイは『最弱悪魔』と呼ばれるほどにへっぽこです。

7日間の期限設定で時間が繰り返し、制圧した地域が元に戻ってしまうものの能力は引き継がれるシステム。

このシステムを用いて魔王になるために頑張る地域制圧型RPG。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

7日間を繰り返して全域制覇を

おおおお、サークルさん前作の『鉄格子の番犬』からまだ二週間くらいしか経ってないけど、早速新作が来ちゃったよ\(^_^)/

鉄格子の番犬 鉄格子の番犬

はい。

今作は魔界(?)最弱の悪魔であるトイちゃんが魔王の座に就くべく、『時を繰り返す大魔法』の力を借りて地域を制圧していくゲーム。

鉄格子の番犬』では主にストーリーを楽しむ読み物的な作品でしたが、今作は正反対にゲーム部分を楽しんでどうぞな内容になってます。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

本作主人公のトイちゃんは勝ち気な性格をしている割りに最弱悪魔のへっぽこ具合。

悲しいことにしもべにしている悪魔も一人だけという最底辺を這いつくばる勢いなものの、その唯一のしもべの悪魔は『時を繰り返す大魔法』を使うことができ、これがへっぽこ悪魔の大逆転への道しるべに。

この『時を繰り返す大魔法』のおかげで7日間の時間を永遠に繰り返すことが可能となり、7日経つ度に制圧地域はリセットされてしまうものの、その間に得た経験値やアイテム、仲間などは引き継ぎが可能。

何度も7日間を繰り返すことでへっぽこ悪魔の汚名を返上すべく強化されていくのですねん。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

フィールドMAPの左上が拠点となり、ここから各地へ攻め込んでいくことになります。

敵地域に『殴り込む』のも良し、『話し合い』で平和的に(配下の数に物を言わせて制圧するんだけどね)解決するも良し。

『暗躍』では敵を暗殺したり、弱体化させたりすることもできますが、どの行動を選択しても1日が経過するのでご注意。

7日間なんてあっという間さね。

7日経過するとせっかく制圧してもリセットなのです。

で、制圧した地域では新しくイベントが発生したり、『徴兵』を行ったりできます。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

『徴兵』を行うことで配下の人員を増やすことができる他、『魔物勧誘』で戦闘用メンバーを増やしたり、拠点で武器防具を売ってくれたりする人員を増やすことができます。

こちらもどれを選択してもらってもOKだけど、どれも1日経過するのでご注意。

……顔が良い人なら気付いたかもしれませんが、その地域を制圧するにも1日経過してしまうのであれば、フィールドMAP上の地域を全て制圧していくのは7日間では不可能ですね。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

制圧後の地域では『隠し通路』を発見することでショートカットができるようになったりもしますが、基本的には同じ色の地域を全て制圧すると次回からは『圧倒的カリスマパワー(!)』によって最初から制圧済みにすることができるようになっていきます。(※同色を制圧時に加えて『カリスマ』の値も関係してるかも)

このカリスマパワーのおかげで7日間でもどうにかなるという仕組み。

なので7日間の間に一気に同色の地域を攻め落としてしまうとかしちゃえば、その後にゆっくりとその地域でイベントを拾っていくこともできますねん。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

中盤以降は敵の強さがグググググ~っと上がっていき、通常のレベル上げや武器防具を揃えたくらいじゃ太刀打ちができなくなってきます。

制圧地域からは毎日お金が送られてくるので、それでドーピングアイテムを買って能力をゴリゴリ増していったり、レベルアップアイテムを買ったり。

一気にステータス値が上がっていくんだけど、それで良い具合のバランス設定になってますね。

こうなると確かに戦闘バランスは大味にも感じるんだけど、この感じは『マンドレイク -ERODE 0-』シリーズを彷彿とさせるかなと。僕は好きやで。

マンドレイク -ERODE 0- マンドレイク -ERODE 0-

マンドレイク -ERODE 0-』シリーズ恒例のクリア後のおまけステージも今作では引き継がれており、バランスぶっ壊れ気味のステータス値のメンバーを集めてようやく勝てるようなボスとかも用意されてます。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記

エロシーンは制圧地域のイベントとして挿入されるのが大半です。

能力アップのために和姦気味のものもあれば、制圧したはずの地域で襲われちゃったりというものも。

エロシーン前後の脈絡はほとんどないので、ご褒美エロシーンと割り切って楽しむのが吉かと。

当サークルさんの女の子はほぼほぼ全て処女設定なのが特徴的ですが、今作ではトイちゃんのエロシーンのみになっているので、最初のエロシーンのみですね、破瓜の血が見られるのは。仕方ねぇや(・д・)

さらっと攻略

ストーリー攻略で詰むところは皆無と思われる。

中盤以降になって敵が強くて倒せなくなると思うので、その時にどう立ち回るかがポイントかと。

仲間メンバーについてはどんどん入れ替えていくことになると予想が付くと思うので、最初のうちはトイちゃん単体を超強化していくのが吉かと。終盤になってメンバーが固定されたら、他の子も強化で。

↑スクショにあった『隠し通路』先にお得なアイテムがあるので、こちらを装備させて殴らせてあげましょ。

終盤に掛けてはSランクの探索メンバーから「攻撃回数+1」にあるアイテムを拾ってきてもらって、それをみんなに装備させてあげて殴るのが手っとり早いかなと。

魔法はあんまり使わなかったです。

攻略まで約2時間ちょっと。

回想はクリア後に。

全解放はなかったと思います。

まとめ・感想

これまでも当サークルさんの作品をプレイしてきた人からすると『ランス10』をちょっと思い出したりするかもしれない周回プレイ前提の今作ですね。

ランス10 ランス10

とはいえ周回プレイといっても毎回タイトルバックしてオープニングからやり直すわけではないですし、ストーリー上、毎回魔法を使って元に戻っているって話ですからね。

前作からあまり期間をおかずに発売になった今作ですが、戦闘をしまくりたいなら今作で。

へっぽこ悪魔の7日奮闘記 へっぽこ悪魔の7日奮闘記

ストーリーを楽しみたいなら『鉄格子の番犬

鉄格子の番犬 鉄格子の番犬

戦闘もストーリーも楽しみたいってなら、『マンドレイク -ERODE 0-』シリーズで。

マンドレイク -ERODE 0- マンドレイク -ERODE 0-