イズミクエストW

イズミクエストW

770円
8

物語性・展開

7.5/10

キャラクター

8.0/10

オカズ度

8.5/10

フェチズム

8.5/10

熱中度

7.5/10

お薦めできる点

  • Hシーンの鬼畜さ、そのバリエーション
  • 鬼畜さをしっかり描写したCG群
  • イズミちゃんのキャラクター性
  • シリーズの続きが気になる
  • ……将軍が知り合いにめっちゃ似てる(@_@)

微妙だった点

  • 特にないです

イズミクエストW

『雷の国』を守るために『水の国』に修行にやって来ていたイズミ。

修行を続けること数ヶ月の後、『水の国』において重大な事件が発生する。

イズミは修行の相手を務めてくれていたシズクを助けるため、事件解決へと乗り出すのだった――!

『イズミクエスト』シリーズ第二弾作品となりますが、ざっくりとした前作の説明もあり、前作未プレイでも問題無く遊べるものになっています。

エッチシーンはめっちゃ鬼畜、すっごい鬼畜(>_<)

シリーズ第二弾は『水の国編』だよ

イズミクエストW

というわけで『イズミクエスト』シリーズ第二弾ですね!

オープニングではババンッ!と前回までのあらすじが述べられるので今作からでも問題無くプレイできるものとなってます。

作品世界は『火の国』と『水の国』『雷の国』の三国に分かれていて、それぞれの国には勇者の力を受け継いだ『発現者』がいるんだよ、というもの。

主人公となるのは『雷の国』の『発現者』であるイズミちゃん。

最近は『火の国』がヤバいらしいので、『水の国』に出向いて修行するよというのが今作ですね。

もっと詳細が知りたいならシリーズ第一弾もプレイされて下さいな。

 イズミクエスト

イズミクエストW

で、『水の国』では大きな事件が発生しちゃいます。

なんだかんだと他国の問題なのでイズミちゃんが首を突っ込むことではないのかもしれませんでしたが、それでも頑張るイズミちゃん!頑張れ!

イズミクエストW

作品説明にありますが攻略ステージ数は5ステージということです。

読み物的にストーリーが進行する途中に、5つの攻略ステージが挿入されてくるよ、という構成ですね。

イズミクエストW

ステージはシンボルエンカウントで。

イズミクエストW

ステージの途中には本編ストーリーとは関係無しの強敵さんが設置されていて、倒すことができれば強力なアイテムを入手することができるよ、というものになってます。

せっかくなので挑戦してみてはどうでしょうか(^o^)

イズミクエストW

戦闘システムについても特段説明の必要はないターン制のコマンドバトル。

特にボス戦ともなるとなかなか歯応えのある難易度になっているので、道中でのレベリングや装備品の更新はしっかりと。

ダンジョン中の宝箱を回収して回復アイテムも揃えておきたいところですか。

イズミクエストW

舞台となる『水の国』の『発現者』であるシズクちゃんも活躍してくれるようになっていて、シズクちゃん側のストーリー展開も用意されてます。

イズミクエストW

そしてエッチシーンですね!

もみもみスタジオさんと言えば鬼畜ベリーハードなエッチシーンが特色ですので、そのあまりの鬼畜さを今作でもご堪能頂ければと思います。

クリトリスに注射器をぶっ刺すくらいのことは序の口、もっともっと過激なことになっていきまする。

拘束具や調教具などの無機質なアイテムの描画が細かくて、その辺も素敵(^o^)

主役であるイズミちゃんのエロがメインですが、サブヒロインのシズクちゃんのエロも用意されてます。

本編ストーリー上でのエロシーンもありますが、多くはボス戦敗北時の敗北エロ。

ボス戦勝利時でも回想部屋には登録されるようになっているので、その辺はお気軽に。

さらっと攻略

ストーリー攻略で詰むようなところはありません、ダンジョンステージも迷うようなところもなく。

単純にちょっとボスが強めなのでちゃんとレベリングしようね~といった感じ。

攻略まで約1時間ちょっと。

回想は赤いクリスタルで。

全解放はありませんが、クリア時に実質的に。

まとめ・感想

イズミちゃんが相変わらずの性格をされていて可愛くて面白かったわけですが、そんなイズミちゃんの活躍する本編ストーリーに対してエロの過激さがドーン!って組み合わせが魅力的で。

シリーズとしては第二弾、次はたぶん『火の国編』となるんじゃないかなと思います、どんなストーリー展開になるのか楽しみで。

はい。

今作のようにシリーズもの(前作未プレイでOK)で楽しめる作品というと……

 楽園のアルテミス

 ぽんこつ王女ユスティの廃村開拓記

などなどもどぞー

イズミクエストW