我は神ナリ!

我は神ナリ!

770円
7.5

物語性・展開

7.5/10

キャラクター

7.5/10

オカズ度

7.5/10

フェチズム

7.5/10

熱中度

7.5/10

お薦めできる点

  • 笑いと感動、それと絶望を追求したストーリー作り
  • いろんな要素が散りばめられている感
  • アニメーションするエッチシーン有り
  • 種付けプレス好き(^o^)

微妙だった点

  • まとまりの悪さ

我は神ナリ!

さまざまに神がいる中、とびきり若い神様である天木衣(あまきころも)の神。

退屈な展開での仕事に飽き飽きしていたところ、捕まえたばかりの鬼の魂・『鬼魂』が牢獄から脱獄し人間界へ逃げたという知らせを受け、天木衣(あまきころも)の神も人間界へと繰り出すことに。

自身を祀った神社を拠点に『鬼魂』を探す中、心を閉ざした少年と出会うなどしていく短編ストーリーRPG。

笑いと感動と、そして絶望を

我は神ナリ!

今作の主人公になるのは神様である『天木衣(あまきころも)の神』です。

とりあえず作中では衣ちゃんと呼ばれてますので巫女服っぽい衣装の衣ちゃんが主人公になります、そして神様だよ!ってことで!

で、神様なのでいつもは天界で生活していたのですが退屈飽き飽きしていた衣ちゃん、そんな折りに『鬼魂』が天牢から脱獄し、人間界に逃亡しちゃったのでその『鬼魂』を捕まえるために衣ちゃんが人間界に降り立ったよ、というお話です。

我は神ナリ!

神社に祀られている神様なのでその神社を拠点にして活動する衣ちゃん。

そこで小童の喜助と出会ったりして物語が動いていくわけですね。

サークルさんの前作『転生したらおち〇ちんだった件』でもそうですが、作品ストーリーのコンセプトとしてコメディと感動があり、そして絶望(寝取られ)があるよ、というものになってます。

 転生したらおち〇ちんだった件

なんだか理由があって心を閉ざしてしまった喜助君、『鬼魂』探しの中で出会うエピソードなどなど、基本一本道ストーリーで戦闘の要素は少なめなので読み物的に楽しまれていって下さいな。

我は神ナリ!

『鬼魂』を探すのが主目的なので神社付近の人達に聞き込みをして情報を集めていけばOKです。

神主に話しかけると『評価アップ』と『経験値アップ』を選択することができるようになっていて、『評価アップ』を行うと神社の賽銭箱への寄付金がアップするので金策が楽になるよというもの。

『経験値アップ』は素直にレベルアップできます。

神社内で布団に入って眠れば翌日には再び同選択肢が表示されるようになっているので、金策もレベリングも自由自在なシステムです。

我は神ナリ!

戦闘システムはいつもので、レベリング自由自在、金策すると最強武器がすぐ買えるというものになっているので、味付けは大味です。

とりあえず回復アイテムを用意しておけばどうにかなるんじゃないかな。

我は神ナリ!

エッチシーンの方は小童らしい振る舞いを見せる喜助君からのハプニングエロや、衣ちゃんが他の男に陵辱されちゃうシーン、他ヒロインのエッチシーンなどなど。

寝取られ要素については衣ちゃんのカップリング描写がそれほど明確ではないので比較的軽めかなと。

さらっと攻略

ストーリー攻略で詰むようなところはありません。

神主さんに話しかければ金策もレベリングもどうにでもなりますが、単純に被ダメがデカく、回復スキルが無いので回復アイテムはちゃんと準備しておきましょうね、ってくらい。

攻略まで30分ちょっと。

回想はクリア後に。

全解放済み。

まとめ・感想

衣ちゃんこと神様が人間界でエッチされながらも頑張るストーリーで、その中で笑いや感動、絶望、さらにいろんなシチュのエロを盛り込んだ作品になっていて、面白そうなモノが詰め込まれたおもちゃ箱的なテイスト。作者様の好きなものを詰め込んだ世界観に飛び込んで楽しまれてどうぞ。

とはいえ短編ボリュームなので多数の要素があることで雑然としているように感じることもあるかもしれないかなぁと。

その部分ではサークルさん前作の『転生したらおち〇ちんだった件』の方がボリュームがあって余裕のある進行だったので、前作の方がとっつきやすいかも。

 転生したらおち〇ちんだった件

ついでにサークルさんのCG/漫画作品というと……

 黄昏かくれんぼ

 よくわかる体のふしぎ~ただしい性教育~

などなどもどぞー

我は神ナリ!