"バイノーラルビーツ"電子ドラッグde病みつきの射精~【ハイレゾ/バイノーラル】

"バイノーラルビーツ"電子ドラッグde病みつきの射精~【ハイレゾ/バイノーラル】

世界的に流行している電子ドラッグ『バイノーラルビート』を用いた手コキオナサポ音声作品。

電子ドラッグという名称ではありますが催眠と同じように治療現場でも使用されることがあるものなので、使用方法や視聴方法を間違わなければ特に問題はありません。

催眠音声ほどではないけれども、落ち着いて集中できる環境で視聴するのがオススメ。

収録時間本編約40分 応用編約38分
視聴スタイルベッドで横になって視聴。
下腹部・股関節回りのマッサージや両脚を開く動作があるので、相応の環境で。パジャマやジャージなどの柔らかい素材の服装だと良さそう。
お値段990円

バイノーラルビートで手コキオナニーしてみる音声

というわけで今作は一言にまとめれば電子ドラッグ『バイノーラルビート』を用いた手コキオナニーサポート音声。

いつもとは違った新鮮な手コキオナニーを楽しみたいよって人向けですね。

これまでも催眠を利用して性的感度を高め、そのうえで手コキオナニーをサポートしてくれた作品はありましたが、今作の電子ドラッグは催眠とは異なるものになっています。

トランス状態に似た感覚に入りやすくするために催眠音声のように視聴環境にシビアなところはありますが、催眠音声ほどではないです。ともかく、どうなっても大丈夫だと安心できるベッドの上で、リラックスした状態で視聴すりゃ良いと思います。

さてさて件の電子ドラッグ『バイノーラルビート』ですが、こちらも簡単に言ってしまえば左右の耳に別々の周波数の音を聴かせることで特定の脳反応を引き起こし、それを利用しようというもの。

バイノーラルビートを用いた音楽は、世界中の治療現場で採用されており、
ストレスや不安の緩和を助け、集中力や学習力、記憶力の向上の他、
睡眠の補助、あるいは脳梗塞の治療などに役立てられています。

つまり本来の手法でちゃんと作られたものであれば、バイノーラルビートは
健康に寄与こそすれ、決して身体に悪いものではないということです。

作品説明からの引用ですが、『バイノーラルビート』の安全性は上記の通り。

一度視聴した僕からしても、危険性は感じなかったですね。催眠音声でビクンビクンさせられてた時のほうがよっぽど危険でした、腰が。

『バイノーラルビート』を視聴した感覚としては、

 4ジゲントリップ催眠

 催眠ヤバイフェス

 ヒプノマルチレイプ

これらの音声作品を視聴した感覚に近い感じ。

ただ、深い催眠に堕ちていく感覚とは異なっていて、脳味噌ぽわんぽわんしながらも高揚感がモコモコって盛り上がってくるような感覚で、いつもとは違うトランス状態だな~と自意識はそれなりにハッキリしてました。

「これがバイノーラルビートなのかぁ」と理解したつもりではいますが、『バイノーラルビート』は何度も繰り返し視聴することで効果が高まってくるということなので、本格的に体験するにはまだ経験不足かもしれませんです。

でもたぶん、催眠音声に慣れている人は効果を感じやすいんじゃないかなと思います。

ちなみに今作は本編のあとに『応用編』として『バイノーラルビート』を用いてもうちょっと面白くエッチな試みが収録されてます。

作品説明でも内容は伏せられているのでここでも秘密にしときますが、本編よりももっと気持ち良いことしましょうね、って内容です。

本編で射精指示が1度あるので、ぶっ通しで応用編を視聴するならコンドームを使用するなり工夫されてください。

まとめ・感想

電子ドラッグ『バイノーラルビート』とはなんぞや?と思って視聴させて頂きました-。

数日前に視聴してたんだけど、こうして紹介記事を書こうとしたらその時はなんだか販売停止になってたみたい。なんやかんやと再び販売が再開されたようで何よりです。たぶん作品タイトルと作品説明のテキストの一部が修正された感じですかね。『バイノーラルビート』の使用方法そのものに問題があったとかじゃないと思います。

で、『バイノーラルビート』ですが、音を用いた催眠音声の亜種だと思われると理解が早いんじゃないですかね。

僕としては音系の催眠音声は寝落ちしちゃうので苦手だったのですが、今作は適度にナレーションが入るので寝落ちすることもなく楽しめました。

新しい世界を垣間見ることができた気分。

はい。

似たような作品としては……上記の通りですね。ただし『バイノーラルビート』は使用されてませんのであしからず。

 4ジゲントリップ催眠

 催眠ヤバイフェス

 ヒプノマルチレイプ

などなどもどぞー

"バイノーラルビーツ"電子ドラッグde病みつきの射精~【ハイレゾ/バイノーラル】