S専用オナニー用ボイスドラマ サンタ狩りに捕まった姉妹サンタの悲劇

S専用オナニー用ボイスドラマ サンタ狩りに捕まった姉妹サンタの悲劇

中世の田舎町でサンタとしてプレゼントを配り終えた姉妹のミランダとロザリー。

しかし突如男達に襲われてしまい、町外れの空家へと連れ込まれてしまう。

そこで二人は男達から身も心も穢される陵辱をされてしまうのだった――

ハードなイラマチオ・口辱がメインのS向け音声作品!

収録時間88分28秒
視聴スタイルベッドにごろん
お値段1320円 【 FANZA・DMMはこちら(20%OFF) 

イラマチオ+悶絶が楽しめるS向け音声

サンタクロースである姉妹が悪漢達に襲われて無理矢理イラマチオされたりするサディストさん向け音声作品ですね。

ジャケットを見るとサンタコスチュームな部分が目立つかもしれませんが、サンタ設定だとかはサラッとしか触れられていないので、ごく単純に姉妹となるダブルヒロインが陵辱される音声として理解してもらってOKです。

姉のミランダちゃんは勝ち気な性格、妹のロザリーちゃんはか弱い女の子ということでサディストさんへの供物として定番所。

作中ではメインになるのはどちらからと言えば姉のミランダちゃんで、勝ち気生意気なところを屈服させてやろうという気概の感じられる台本となってます。

プレイ内容の主なものは口虐。

最初はチンカスお掃除フェラから始まり、焦れったさに耐えかねるようにして乱暴なイラマチオ、口内発射へと。

喉奥を突かれて嘔吐く表現よりも、喉奥を突かれるなどして限界に達したのを感じさせる悶絶の悲鳴(男性器を咥えたまま)表現が楽しめるようになっているので、口虐作品ながらも絶叫が組み合わされる特徴を備えてくれちゃってます(^o^)

妹のロザリーちゃんのシーンに移ってからは、陵辱を懇願させるように仕向ける心折り描写が加わるようになり、パイズリやWフェラ、アナル舐めなどの屈辱プレイも。

終盤になって挿入本番プレイがあり、こってり中出しされたりで堕ちEND。

淫乱堕ちの前に、呆然さと自棄さの混じった二人の様子が描かれているのもあって堕ちの流れも理解しやすいなと。

まとめ・感想

たっぷり口虐が楽しめるS向け音声になっていて、嘔吐きは少なめでしたが、咥えたままの絶叫シーンとか良かったです。

サンタ設定については全くのお飾りになっているのが勿体ないような気もしますが、わかりやすく姉妹が犯される内容ということでこれはこれで良いのかも。雪の降る冬の夜なんてこともなく、夏の昼間っから視聴しても問題無いです(^o^)

発売時期がずいぶん前なのもあって音質はそれなりですが、そこいらへんを気にするような作品じゃないので大丈夫と思いますが。

はい。

今作のような口辱系の作品というと……

 猫巫女の口虐と肛虐 精液の為に土下座までさせられる物語

 気高き女騎士が喉奥イラマ濃厚大量精液漬けでオークザーメンに完全屈服し精飲懇願する音声

などなどもどぞー

S専用オナニー用ボイスドラマ サンタ狩りに捕まった姉妹サンタの悲劇