第3話 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴

 いくら力を込めても引き戸は開かない。
 開けることを断念したありさは便所の中央へと戻っていった。
 鏡に書かれた卑猥の文字がまた目に飛び込んできた。

「悪戯だわ・・・きっと誰かが私に嫌がらせをしているんだわ・・・」

 だけどいくら考えてみても、最近誰かと争った憶えもないし、他人に怨まれるようなことをした記憶もなかった。

「いやだぁ・・・私、人に嫌われるようなことなんか何にもしてないのにぃ・・・男の子を振ったわけでもないし・・・いったい誰があんな文字を・・・」

 鏡に書かれた赤い文字は、先程見た時よりもしずくの垂れ方がひどくなっているような気がした。

「いやぁぁぁぁぁ~~~・・・き、気味悪い・・・」

 鏡の周囲に目を移してみると、黒い文字で書かれた別の落書きが目に飛び込んできた。

『ありさは悪魔のいけにえとなる』

「ひぃ!!」

さらにその下には、

『ありさは悪魔に生殖器を捧げる』

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!悪い冗談はもうやめてよぉぉぉぉぉ~~~~~!!私を早くここから出してぇぇぇぇぇ~~~~~!!」

 大きな声で叫んではみたが、声が壁にぶつかりこだまとなって返ってくるだけであった。
 そしてその後に訪れるものは、恐ろしいほどの静けさであった。
 静寂は人にやすらぎを与えることもあるが、時にはひときわ恐怖を煽り立てる場合もある。
 現在は明らかに後者であった。

 ありさを恐怖に駆り立てたのはそれだけではなかった。
 出入り口に近い場所の天井に取り付けられている蛍光灯が、突然チカチカと点滅を始めたのだ。

「なぜ?なぜこんな時に電気が点滅するの?・・・いやぁぁぁ~~~・・・」

 人間は恐怖に陥ると本能的にその恐怖から逃避しようとする傾向がある。

「きゃぁ~~~~!!やめてぇぇぇぇぇ~~~~~!!」

 出入り口に近い蛍光灯が点滅し一層の恐怖心を煽られたありさは、とっさに蛍光灯から最も離れた場所、すなわち一番奥の個室内へと逃げ込んだ。

(ガチャガチャガチャ!)

 慌てて扉をロックするありさ。
 顔は真っ青で、唇がわなわなと震えている。

「ここなら・・・ここなら・・・少しましかも・・・(ガクガクガク)」

 便座は扉の方を向いて座るようになっており、背後が壁で、隣との間仕切りは合板で仕切られている。
 一番奥の個室へ飛び込んだ直後は気づかなかったが、よく見ると右側個室との間仕切り板に小さな穴が開いているのが分かった。
 穴は立った人間の腰に当たる位置にあり、大きさは直径7センチほどであった。

「ん?こんな所に穴が開いている・・・嫌だわ・・・」

 変質者が覗きをするために以前開けられた穴だろうか。
 でもこんな大きな穴が開いていると女性は当然気がつくし、警戒してトイレを利用しないのではないだろうか。
 ありさはぽっかり開いた穴を見つめながらいぶかしげに思った。

(あ、もしかしてここにも落書きがあるかも・・・)

 ありさは突然先程入った個室の落書きを思い出し周囲を見回した。
 壁等には落書きがあるにはあったが、先程のような“ありさ”という固有名詞は見つからなかった。

「ふう・・・ここには書かれてないわ・・・」

 ありさがほっと安堵のため息をついたその時、またもや異変が起きた。
 先程までは出入り口附近の蛍光灯が点滅しているだけであったが、今度は便所内にある全ての電球が点滅を始めたのだ。

「きゃぁぁぁぁぁ~~~~~!!ど、どうして!?もういやぁぁぁぁぁ~~~~~!!だ、誰か助けてぇぇぇぇぇ~~~~~!!」

 次第に点滅が早まり、まもなく非常灯を除く全ての電球が消え、便所内は真っ暗になってしまった。



第3話 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴 ここまで


第一話

  女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?

第二話

 公衆便所に監禁される女子大生

第三話

 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴

第四話

 女子大生が公衆トイレで監禁拘束

第五話

 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス

第六話

 敏感っ子のクリトリスを強力吸引

第七話

 強姦? レイプ? 公衆便所での不思議な一夜

最終話

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『 悪夢の公衆便所 』一覧に戻る