第八話

 男の指が女の秘め所に侵入してくる快感を味わいながら、私は三黑江白奈が犯されていく光景を眺めていた。
 発汗著しい蛙男に股開きにされて、女の秘め所を舐め回されている様子は、私の股間に重苦しい熱さを与えてくれていた。
 もう蛙男が手を添えなくとも三黑江白奈は魘された表情のまま脚を開いたままにしていて、それを知ると蛙男はその図体には不似合いなくらいに器用な手つきで三黑江白奈の女の秘め所を開き、薄桃色の割れ目に咲く肉芽に吸い付く。

「ああぁっっだめっぇ! あっ!! ひあっ! あっぐ! あっ! あっっ!!」

 少し前までの三黑江白奈には到底想像も付かなかった痴態。
 蛙男に肉芽を吸われるのが嫌で、逃げようとして腰を持ち上げているのだろうが、その様子は卑猥の一言だった。
 身体をくねらせ、藻掻けば藻掻くほどに、男の興奮を昂ぶらせる。
 蛙男が三黑江白奈を犯す光景を見ながら自慰する男達の中に混じって、私のスカートの中に手を入れてきていた男は、私を引き寄せ、後ろ抱きから胸を揉み始めていた。
そんな周囲のことなど我知らずと、三黑江白奈の秘め所を貪り尽くした蛙男が、ようやくそこから顔をあげる。
 あぁ……と思わずため息が漏れる。
 三黑江白奈の女の秘め所は、あんなに蛙男に舐め回されても、その美しさを保っていた。
 周囲の男達の視線が割れ目に釘付けになっているのも理解できる。
 女の私ですら欲情してしまうほどなのだから、男達にはどれだけの魔力を放っていることか。

「この女、この女は……絶対に、絶対に儂のものにしてくれるわっ!」

 女の秘め所を舐め回した後、蛙男は血走った目でそう叫んだ。
 三黑江白奈の股間に顔を埋める前と後とでは、まるで別人のような形相。
 未熟なはずなのに、一つの完成形のような女性器を舐めた蛙男は、何かに取り憑かれたかのような変貌振りだった。
 一刻も惜しいとばかりに荒々しく服を脱ぎ捨てると、その巨躯からすれば小さく思える男性器を取り出した。
 なんとも赤黒く、先端が瘤のように膨れあがり、ミミズのような血管が何本も絡みついている蛙男の男性器。
 だが、それを三黑江白奈の女の秘め所に宛がってみると、あまりの大きさに私は言葉を失ってしまった。
 あんなに大きなモノが挿入できるのか?
 男の性器は大きなモノだとは聞いていたし、女の性器はそれを受け入れられるようにできているとも聞いた。
 だが、あの大きさは規格外ではないのか!
 私を後ろ抱きにする男は、私の秘め所に指を一本差し込んでかき混ぜてくるのだが、蛙男の性器は指を何本束ねてもまだ敵わぬ太さだろう。

 蛙男は三黑江白奈の両足首を掴み、V字に開脚させたまま、女性器と男性器を触れあわせた状態で大きく深呼吸をして、息を整えた。

「やめて、やめて……やめて……」

 人の言葉など通じないとばかりに蛙男の顔つきは変わり果て、本当に三黑江白奈は巨大な牛蛙を相手しているようだった。

「本当にやめて……ねぇ聞こえているの? なんでこんな酷いことするの?
 なんでよ……なんで私ばっかり……いつも、いつも……
 やっと好きな人ができて……やっと……やっと……
 今日はこんなことになるはずじゃなかったのに……ひどいわ……」
「……言いたいことは、それで終わりだな」

 あぁ、あんなに悪魔の形相をしているのに、蛙男はまだ人の言葉を理解できたのだなと私は思った。
 三黑江白奈は、涙の懇願にも動じない蛙男に諦めて、自分の境遇を恨むように泣き出していた。
 涙が次々と流れ落ち、嗚咽を隠すことなく泣き喚く三黑江白奈の姿に、私はようやく三黑江白奈が壊れる瞬間が訪れたのだと期待を隠せなかった。
 三黑江白奈を取り巻く男達からも、次の展開を期待す空気が立ちこめていた。
 あの完全無欠の美少女に傷が付けられる瞬間が、いよいよ見られる――そう思うと私は蛙男を応援してしまっていた。

 夜行列車内の期待を一身に背負った蛙男は、三黑江白奈の両脚を抱えたまま、彼女を二つ折りにするように上から覆い被さっていった。
 蛙男の身体が斜めに傾き、もう自力では上体を戻せないくらいになった時、三黑江白奈が痛みを叫んだ。

「痛いっ! やめてっ! 痛いっっ!!」

 もう崩れ落ちるだけの大岩である蛙男を誰も止めらない。
 蛙男の身体の傾き加減がそこで一瞬緩やかになったが、自ら力を込めると、なにか抵抗物を突き破ったかのような感触の後は、蛙男の重さでぐんぐん傾き沈んでゆき、すぐにも三黑江白奈に完全に覆い被さった。

「ぃあああ゛あ゛ぁぁっっっ!! やめ゛でぇぇ!! 入ってこないでぇっ!」

 もはや高貴な美少女だったとは思えぬ濁声で叫ぶ三黑江白奈。
 私の角度からは蛙男の男性器が三黑江白奈の中に、深く、根元まで突き刺さってしまっているのがはっきりと見えた。
 蛙男は体重を乗せて、さらに奥へと進もうとしているのか、それともそれが蛙男の前後運動なのかわからないが、三黑江白奈がどんどん壊れていくのがはっきりと見て取れる。
 破瓜の血が、彼女の白い肌の上では輝くようだった。

 蛙男が三黑江白奈と交わったのを見届けた取り巻きの男達は、もう我慢ならないとばかりに女性客の集まる方へと駆けていった。
 すぐに女達の悲鳴が巻き起こり、なにが起こっているかは見るまでもなかった。
 私を後ろ抱きにする男の腕にも力が籠もり、接吻を求めてきたので私もそれに応えた。
 唇を交わし、舌と舌を絡ませ会いながら、私は私のスカートの中に差し込まれている男の手を掴んだ。
 膣の浅瀬をくちゅくちゅ鳴らしてくれている指を掴むと、私はもっと奥へと自ら引き込んでいく。

「……おい、お前だって処女だろう?
 それ以上奥まで入れたら……」
「いいから、破れちゃってもいいから……!」
「お、おい……!」

 顔もろく知らない男の手を奥へと引き込む。
 指の先が、私の純潔の最後の砦に触れるのを感じた。

「お願い、お願いよ、破っちゃってよ、破っちゃってっ!」
「指で……いいのか?」
「いいから、指でいいから! 奥に挿れてっ! 破れちゃっていいからっ」
「……本当にいいんだな?」
「うん、お願いっ、お願いしますっ」
「わかったよ、ほぅら!」

 男の手が深くまで侵入してきた。
 私は自分がお願いしたにもかかわらず爪先立ちになってしまったが、男の手はそこから更に奥へと入ってきた。
 一瞬、全身を貫くような痛みが走った。

「んっ……!」

 大事な場所にカッターナイフで傷跡を刻むような痛み。
 ずっとずっと待ち焦がれていた痛みに頭が蕩ける。
 真っ白に霞んでいく視界の中に、私は最後まで三黑江白奈が犯される様を捉えていた。
 すでに地面に着くか着かないかの爪先立ちになっている私の秘所を、男はさらに深くえぐる。
 完全に足が浮いた状態の私は、そのままの状態で三黑江白奈が犯されるのを見ながら小さくイッた。

第八話ここまで


 第一話

孤高の美少女が転校生としてやってきて

第二話

同性愛の花園へ。しかしその願いは叶わずに

第三話

同性愛の少女達を引き裂く魔の手

第四話

大勢の乗客の前で手マンされ潮吹き絶頂

第五話

止まらない潮吹き、大勢の前で犯されて中出しプレイ

第六話

少女の危機に、嗜虐心によるオナニーが止められない

第七話

美少女を人前で全裸にひん剥き、大股開きのクンニリングス

第八話

醜男に犯される美少女の処女喪失

最終話

目の前で犯される少女、種付けプレスで中出し

投稿させてもらった官能小説一覧に戻る