剃毛パイパンナースをサンドイッチファック


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

 第3話 “剃毛” 剃毛パイパンナースをサンドイッチファック



「お返しに今度は俺たちが衣葡さんをきれいにしてあげなくちゃいけませんね」
「女の陰毛は以前何度か剃ったことがあるから俺に任せろ」
「へ~、さすが人生経験豊富な内田さんだ。じゃあ剃るのは内田さんに任せます。カミソリも用意してるので」
「段取りがいいじゃねえか」

 繊細な箇所と言うこともあり、山口が準備していたのは、女性用カミソリ、除毛クリーム、そして化粧水であった。
 剃毛後化粧水も塗ると保湿効果が生まれ色素沈着が予防できる。

「ほう、女性用か?俺は男もののカミソリとシェービングクリームしか使ったことがねえが、さすが山口、よく気が利くなあ」
「いいえ、そんなことないっす」
「じゃあ看護師さんよ、赤ちゃんのようにお股をツルツルにしてやっから楽しみにしてな~」
「うぐ、うぐ、うぐぐ!」

 内田は除毛クリームを指でたっぷりとすくい、柔らかく少なめの陰毛辺りに塗りたくった。

「ううっ、うぐ、うぐ!」

 除毛クリームを塗布した内田が続いてカミソリを近づけると、剃毛から逃れようとする衣葡は懸命に腰を振ってカミソリを躱した。

「おいおい、あんまり暴れると大事なところを怪我するぜ。大人しくしてろ」
「うぐぐぐ!」

 衣葡は腰を左右に振って必死に抵抗する。

「しょうがねえな~。おい、山口、看護師さんの後ろに回って、暴れねえように押さえてろ」
「はい、了解っす」

 後方から押さえ込まれて動きの鈍った衣葡に、カミソリの冷ややかな刃先が触れる。
 さすがに観念したのか衣葡は大人しくなった。
 かすかに瞼に涙が光っている。

 回診ワゴンの上には湯で満たされた洗面器が置かれ、その中には泡立った石鹸に混じって剃毛された黒い毛が浮かんでいる。
 内田は手慣れた手さばきでカミソリを滑らせている。

 恥毛はほぼ剃りあげられ、縦に走った亀裂が丸見えになってしまった。
 陰核に至ってはそれを覆う包皮の形状までがはっきりと露出してしまっている。
 秘密のベールを剥ぐとはまさにこの光景を言うのだろう。

 剃り残しをきれいに剃るため、山口は衣葡の片足を持ち上げた。
 衣葡はかすかな抵を示したが内田に凄まれ諦めてしまった。
 今は大人しいが凄くむとさすがに迫力がある。
 逆らうと本当にカミソリで切られるのではと恐怖感を抱いてしまう。

 ほどなく剃毛作業は完了した。

「ふう~、やっと終わったぞ。看護師さん、あんたの腕には及ばねえが案外上手いもんだろう?それにしてもまるでガキみたいにツンツルになっちまったな~。可愛いマンコが丸見えだぜ!がっはっはっは~!」
「うんぐっ!うぐぐぐっ!」

 衣葡は内田を睨みつけ何かを訴えようとしている。
 猿轡を咬まされているので言葉にはならないが、内田を罵っていることはおおよその想像がついた。

 山口が剃毛後の手入れに化粧水を塗っている。
 衣葡は少し沁みるのか顔をしかめている。

◇◇◇

 剃毛が終わり覆うものを失った秘密の園は野卑な男たちの指と舌でなすがままに弄ばれた。
 さらには山口にアナル嗜好があったことから菊門までもが蹂躙の対象となった。
 感じてはならないと堪えてはいても、いつしか肉体は快感に目覚めていく。
 衣葡はそんな自分を情けなかったが、止めることは適わなかった。

 そんな衣葡にさらに追い打ちがかけられる。
 山口がカメラを取り出しシャッターを切り始めたのだ。

(やめて!お願い、撮らないで!)

 猿轡の状態でいくら叫んでも山口たちに届くはずはなかった。
 衣葡の痴態はあらゆる角度から収められた。
 秘所の真下からアップで。そして苦悶する表情もアップで。

 撮影もほどほどに、猛り狂った野獣たちはついに衣葡に襲い掛かった。
 膝立ち姿勢の衣葡は前後から挟み撃ちされた。
 色白で細身の女を真ん中にして、浅黒く体格の良い男二人が前後からサンドウィッチする。
 何と卑猥な光景であろうか。
 前方から挑むのは内田であった。
 猛り狂った肉棒は衣葡の秘所にズブリと突き刺さっている。

「うぐぐっ!うううぐっ!」

 衣葡は魔の手から逃れようと髪を振り乱してもがくが、両手を天井から吊るされたうえ前後から挟まれては動くに動けない。
 前方内田の出張った腹に押されると思わず腰を引いてしまう。
 腰を引くとつい出尻になってしまう。
 出尻になると待ってましたとばかり待ち構えているのが後方の山口。
 見事にはち切った双臀の割れ目に反り返った肉棒を突き立てる。
 しかしアナルセックス未経験の女性に挿入するのは容易ではない。
 そこで山口がクリーム状のものを指にすくって、衣葡の菊門に塗りこめ指で揉みほぐす。

「うううっ!」

 そして山口は再び挑みかかる。

(ズズッ、ズニュッ!)

「うぐぐぐぐっ!!」

 身を裂かれそうな痛みが衣葡を襲った。

「すまないね。痛いのは初めだけだ。少し我慢してくれ」

 山口は肉棒をぐいぐいと菊門に押し込む。

「ふんぐっ!!うぐぐっ!!」




第3話 “剃毛” 剃毛パイパンナースをサンドイッチファック ここまで


第一話

  “嫉妬” 美人看護師をレイプすることを企む患者達

第二話

 “拘束” 超絶名器の美人ナースを昏睡レイプ

第三話

 “剃毛” 剃毛パイパンナースをサンドイッチファック

第四話

 “老淫” 寝たきり老人の顔に顔面騎乗のパイパン看護師

第五話

 “舐豆” 老人の口の中にラブジュースをとっぷり注ぎ込む

第六話

 “凌辱” 入院病棟で悪夢の夜通しの陵辱劇

最終話

 “鬱蒼” 鳴り止まない悪夢のナースコール

続きが待ちきれないなら作者様HPで!
愛と官能の美学

『 悪魔のナースコール 』一覧に戻る