強制柔軟エビ反りピストン調教! 2


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―――強制柔軟エビ反りピストン調教! 2――

ギギギギギギギ・・・。みち”ち”ち”ち”ち”ち”・・・。

「あ”ーーーーーっっ!! ぎゃぁあ”あああ”ぁ”あ”~~~~~っっ!!」

私は萌子と違って、さほど軟体ではない。・・・そんな私に、ディルドを挿入させたまま強制エビ反り開脚だ。・・・やばい、やばすぎるぅう”うぅ”ぅーーーーーっっっ!!!

「ちょっとだけ、ゆるめましょ~」

ぎぎっぎぎっぎ。

「あ”ぁ・・・あ、あ、ぁあ・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・っ」

た、助かったぁあぁぁ~~~・・・。

「もう一度強く曲げましょ~。・・・後は、これの繰り返し~」

ぎぎぃーーーーー。みちちちちちち”っ!

「いぎゃあぁ”ぁ”ああ”~~~~~~~っっ!!! む”ぎょ”ぉおっっっ!! あぎゅっ! あ~ぎゅ~~~っっ!! は、はぎょっ、え”、あ”、ぎゃあ”っっ”、い”あ”あ”あ”あ”っっ!!!」

た”すかって”なあぁぁ”あ”あ”あぁあ”~~~~っっ!!

・・・私の拘束された体は、機械の制御によって強く曲げる動作を、繰り返し施される。

あ”しっ! あ”しがう”でにつきそうっっ! こ”れ”む”り”っっ!! 筋肉がっ!! いだだだっっ!! ひ”あ”ーーーーーーっっっ!!!

「ん~。痛いだけだと辛いでしょうから、ここらで快楽ピストン調教も開始してあげるねっ!」

ぬぬぬぬぬっっ・・・。

「は、はぁあぁあぁぁぁっっ!!」

どちゅっっ! どちゅっっ! どちゅっっ! どちゅぅうぅっっ! 

「あ”ーーーーーっっっっ!!! ん”ーーーーぎぃいぃーーーーーあ”ぁぁああぁあ”ーーーーーーあ”ーーーーーーーっっっ!!!」

エビ反りになったままの状態で、ディルドのピストン運動が開始してしまう。

どちゅりっ! どちゅりっ! どちゅぅうぅっ! どちゅうううっっ!!

「ん”~~~くぅあ”~~~~~~っっ!!」

み”ち”んっ! み”ち”んっ! み”ち”んっ!

「ぎょお”おお”ぉぉおああ”ぁああ”あぁっっ、はぁ”っっ、は”ぁあああ”ぁあ”っっっ!!!」

全身に苦しみが与えられる。膣内に幸せが付与される。

目も頭も強く上に向けて・・・、大きな悲鳴を上げながら大量の蜜をブルマの中に漏らしていく。

どちゅぅっ! どちゅぅうっ! づぅちゅぅうっ! どぅちゅぅぅっ!

「あぐっ、あぐぐっ、ひ”っ、ひぃ”、っ”っ”、い”、い”、え”、あ”・・・っ!!」

拘束ベルトが左右に開き、大開脚状態にされたままの姿勢・・・。女性の胴体下部の形をはっきりさせれらながら、穴をめがけてぇ~・・・欲棒がずこりっ! ずこりっっ!! ずこぉおぉっりっっ!!

「くぅあ”っ、あ、んあ”っっ・・・ああっ、あ、あ、っ、くぅうぅっっ、んふっっ、んっ”・・・」

太股を戻すことは許されない。いくら悶えても、いくらひくついても・・・私の胴体の一番下の中央内部に、欲棒が入り込む、通過する、摩擦する、挿入される。

みち”ぃ~~~~~~っっ!!

「ぎぎああ”あ”え”え”あ”~~~~~~~~っっっ!!! ああ”~~~~っっ!!! あ”~~~~~~~っっっ!!!」

そうなったまま、体を限界までエビ反りさせられるのだ。・・・頭の芯に電気が流れすぎる。

「あ”っ・・・・あ”ぁぁあぁ”っ・・・!!!」

痛みは快感。喜びは辛さ。・・・快楽と苦痛が心の中でめぐりにめぐって・・・、何かに目覚めてしまう。

・・・私、・・・無理矢理与えられる苦しみを、し、幸せに変換してるうぅぅっっ!!? あ”・・・でも、・・・狂っちゃうぐらいに、気持ちいいぃいぃいぃ~~~~っっ!!! あぁあぁああ~~~~っっ!!!

「滑らかに~、ふにゃふにゃに~、しなやかに~、体を曲げられちゃって~・・・拘束されたまま、股間を好き放題に挿入されちゃうのってさ・・・どう思う?

・・・快楽を味わいながら、全力で悲鳴を漏らしちゃう状態は、すっごく開放的かしら?」

「む”~~~り”~~~~~っっ!!!」

ぎぎぎぎぎ、めきょきょきょきょっ! どちゅっ! どちゅっ! どちゅぅ”~~~っっ! 

「む”ぅう”うぅ”ぅ”り”やゃあぁ”あ”あぁ”ああぁ”あああ”ぁぁ~~~っっっ」

ぶばーーーーーっっ!!!

「んまっ、素敵な潮吹き~~~っ! こんなことされているのに漏らしながら感じちゃうなんて、・・・やっぱり桜ちゃん、萌子ちゃんと同じようなマゾの性質を持っているわね~~~」

「え”あ”ーーーーーーーっっ!! はへっ・・・へへっ・・・へっ・・・」

凄まじいアヘ顔になって、下腹部を激しくひくつかせながら絶頂を迎える。

焦点が合わない瞳の側から、きらめく滴をおかしなぐらいに垂れ流す。・・・だというのに、気分はとっても壮快だっ。苦しい状態なのに幸せだっっ!

・・・きっと私は、狂ったんだ。・・・強制エビ反り開脚拘束されて、狂っちゃったんだ・・・っ! だってこんなにも苦しくて気持ちいいんだもんっ! これはっ・・・、狂っていないわけがないっ!

「おかしくなっているわけじゃないわ。桜ちゃん。・・・貴方は元からそういうことをされるのが好きな変態ちゃんなのよ。・・・しっかり認めなさいな」

「あ”っっ・・・い”、や”、あ”・・・っ」

自分は狂ったことにして、濃蜜な快感を受け入れようとするが・・・それを見透かすように看破される。

どちゅっ!! つ”ぅちゅぅっ! どちゅーーーっっ!!!

「は”ぁ”あぁ”あ”あぁああ”っっ!!」

心が揺らぎ、抑えていたはずの快感が全身に流れて・・・暴走を始める。・・・痛みが私の理性を麻痺させて、快感が脳を操っていく。

・・・ダメになる。とってもダメになる・・・っ! あ”、あ”、あ”っ、・・・・・っっ、あ”ーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!

ぎぎーーーーっっ!! み”ち”ぃいぃぃぃ~~~~~~っっ!!!

「ーーーーーーっっ”っ!!! ・・・・・・ぇ”・・・・ぁ”・・・・ぁ”・・・っっ」

絶頂するタイミングに合わせて、体を強く反らされる。・・・全身に絶えず与えられる鈍い痛覚は、狂気的な快感に変換されて・・・膣内性感を昇華させる。・・・心に貫通する。

「・・・へ”・・・・・ひ”・・・ぃ”・・・ぁ”・・・」

・・・素晴らしいほどの快楽のしびれが、身体をドドンと征服する。お股から尋常じゃないぐらいの量の愛液が漏れだし・・・私の理性はぶっ壊されて・・・よだれを垂らすだけの雌犬に、堕ちていく・・・。

みち”みち”っ!! どちゅぅ、どちゅっ! み”ちぃ、み”ちぃっ! どちゅぅぅっ! どちゅぅうぅっっ!!

「あ”・・・・あ”ああ”・・・・っっ」

堕ちていく最中にも、揺るぎない追撃が私の体と愛の巣を襲う。・・・青いブルマは強烈なけいれんをおこし・・・、体操着は用途に合っていないような曲がり方を見せる。

「さっきから、アゴしか見えなくなっちゃってるわよ~。桜ちゃ~ん。・・・すごい感じかたしちゃってるわねっ。漂う汗のにおいが~、香ばしいわ~」

「ひ”ゃーーーーーーっっっ!! がぁ”ーーーーーっっ!!」

「うぅ~~ん。・・・愉悦! まさに愉悦っ! ブルマっ子の強制開脚エビ反りピストン調教! たぁ~のしぃ~~~っ!

だけど~、このホットでいやらしい香りのするブルマの前方に~、何もしないっていうのはちょっともったいないかな~。・・・ということでっ!」

ガチャコン。・・・ウィーーーン。ぐぐぅうぅーーーっ!

穴あきブルマの前側に、電マらしきものが接触する。・・・私は苦い苦い笑顔になって、メスになり果てた自分を連想させてしまう。・・・そ、それはいやだっ! い、っ、いやだいやだいやいやいやっっ・・・!!

「い”っや”ーーーーーーっっっ!!!」

ヴィ”イィィィィーーーーーーン。

「あ”ーーーーーっっっ!!! あ”ぁあ”あぁ、っああぁ」

どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ!

「ああぁ”あぁあ、ぁあ”あ”、あ”あ”、あぁ”ーーー、あ”ーーーっ」

ぎちぃ、ぎちぃ、みち”ぃ、みち”ぃ、

「あ”ーーーっ、あ”ーーーっ、あ”ぁぁああ”、あ”ーーーーーっっっ!」

ヴゥ”ーーーーーーーーーーッッ!

「あぁ”ぁ”ぁあぁ”ぁあ”ぁあぁ”あぁ”あぁあぁ・・・」

子宮が淫欲で満ちあふれる。今の私には、ブルマとパンツを挟んだまま与えられる電マの刺激が、あまりにも気持ち良く・・・辛い気持ちがぶわっと吹き飛んで、快感がちゅどーーんっと爆発する。

ヴィ”ン、ヴィ”ン、ヴィ”ン、ヴイ”ン。じゅちゅ、じゅちゅ、じゅちゆ、じゅちゅ。

「へ”へ”ああ・・え・・・あ、あ”は”・・・っ、あ、き”ゃ”は”はっっ・・・・」

温か~い分泌液をブルマの内部にたくさんもらしながら、ケーキのような、ドーナッツのような、フルーツのような、よくわからない絶頂を迎える。

「ひ”ゃ・・・ひ”ゃ・・・ひ、ひ、っ、ひっ・・・は、ははっ・・・っ」

頭の中で、く~るくるぅ~。・・・甘くておいしい食べ物達がぽよんぽよぉ~ん。・・・あはははは~~、あは、あはっ、あは、あははははぁ~~~~。

愉快だぁ~~~。あは、あは、愉快だよぉ~~~っっ!!

不可解な苦しみから解放されて、とても楽しい世界にやってくる。・・・カタルシスに似たような満足感が、私の身体を優しく包み込む。

・・・それから、とってもおいしそうな夢を見ていた・・・と、思う。・・・その後は、何も覚えていない。

「あら~。拘束解除したのに、すごいくねりかたっ!」

茜は、実験を終えた桜をベッドの方に移動させたのだが・・・、桜は拘束されていないにも関わらず、エビ反りジャンプ状態だったままの姿勢を思い出すかのように、体をくねりと動かす。・・・まるでタコの脚のように踊りながら、濡れたブルマをさらに汚していく。

「実験、お疲れさま~。しばらくそこで休んでていーわよ、桜ちゃん。・・・・・・っ。・・・うっ”・・・」

普通のメイドさんを装うつもりの茜だったが、どうも、桜の股間からわき出てくる変態的なミックスジュースの臭いに本性をしつこく誘引されてしまい、理性があやふやになってくる。

・・・ちらりっ。

「ぶ、ブルマ・・・、とっても元気な女子の・・・い、淫乱愛液ブルマ・・・っ」

ご、ごくりっ・・・。

どうせ、このまま放置しておけば、疲れて眠ってしまうのだ。・・・気がつかれることはないだろう。

「あ~~~っっ!! やっぱり無理いぃいぃぃ~~~っっ!! 我慢できなぁぁあ~~~いっっ!!」

頭をよがらせそうなほどに蒸れたブルマに顔をつっこむ。・・・全身が勝手に悶えてしまうほどの変態的ななメスのにおいが、体内にぐぅうぅ~~~んわりと取り込まれる。

「む”あ”ーーーーーーーーっっ、ほお”ぉお”お”ああ”ぁあ”ああ”ぁ~~~~っっ!!!」

ブルマの中で愛を叫ぶ。・・・変態レズビアンメイドは、被験者とはまた別の・・・淫らでおかしな夢の世界に入り浸っていた・・・。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る