最終話 “鬱蒼” 鳴り止まない悪夢のナースコール

「何なら写真を院内にばら撒いてやってもいいぜ」
「そんなことしたらあなた達の顔も丸判りじゃないの」
「残念だが俺たちの顔はちゃんとカットしているから問題なしって訳さ。気を遣ってくれてありがとうよ」
「くっ……」
「先生方が見るとはさぞかし驚くことだろうな~。だってこの病院ナンバー1の美人看護師さんが病院ですげえことやってるんだからな~」
「そんな卑怯なことやめて!」
「ふふふ、そう心配すんなって。あんたさえこれからも俺たちの言うことを素直に聞いてりゃ変なことしねえよ」
「私を脅かすのね」
「何か人聞きが悪いなあ。ははは~」

◇◇◇

 衣葡にとって地獄のような長い夜がようやく明けて、午前5時になった。
 その表情には隠しきれない疲労の色が滲み、雪曇りの空のようなどんよりとした影が心を覆っていた。
 衣葡は重い足取りで部屋を出た。
 ボタンがちぎれ着衣も乱れたままでナースステーションに戻る訳には行かなかったので、一度更衣室に寄ることにした。
 途中悔しくて涙がこぼれ落ちた。

(口惜しい……何故こんな仕打ちを受けなければいけないのか……)

 そんな衣葡を廊下の陰から冷ややかに見つめる一つの視線があった。
 詩織である。

(うふふ、いい気味だわ。あの細い腰がガタガタになるくらい責められたようね。写真楽しみだわ。あられもない姿で悶え狂っている衣葡さん、とくと見てあげるわ。でもこれで終わりじゃないの。もっといっぱい楽しませてあげるわね。うふふふ……)

 一方、当番医師の吉岡は午前5時に目を覚ました。
 頭の芯にズキズキと鈍い痛みを感じた。

 「ううっ、頭が痛い……どうしたんだろう……風邪を引いたかな?あっ、しまった!もうこんな時間だ!」

 吉岡は時計を見て驚いた。
 午前2時に仮眠をとって午前5時まで眠ってしまったことになる。
 こんなことは病院に勤務して初めてだ。
 眠っている間に患者に異常はなかっただろうか?
 吉岡は患者のことが気がかりだった。

「すぐに様子を見に行かなくては。でもおかしいな…どうしてこんなに眠ってしまったのだろう……?」

 当直の日は予め自宅で睡眠をとってから勤務についているから、仮眠から起きられないことはないはずなのだが。
 目覚ましもセットしたのに、不思議なことに鳴らなかったのだ。
 吉岡は首を傾げながらとにかくナースステーションに急ぐことにした。

 ナースステーションには詩織がいた。

「山本さん、すまない。うっかり寝過ごしてしまったよ。患者さんに特に変わりは無かった?」
「あら、吉岡先生。どうされたのかなと思っていました。特に異常はありませんでしたわ。先生はかなり疲れが溜まってらっしゃるみたいですね」
「自覚症状はそんなに無いんだけどもしかしたら疲労かも知れないね。ああ、ところで早乙女さんと吉田さんはどこに行ったの?」
「はい、早乙女さんは今巡回中で、吉田さんは頭痛がするとかで今休憩室で横になっています」
「そうなんだ。大丈夫かなあ」

 その頃、幸子も吉岡と同様に目を覚ましていた。

「きゃっ、大変!仮眠時間を過ぎているわ。早く起きなくては。あぁ、でも頭痛が……どうしたのかしら……」

 幸子は頭を押さえながらナースステーションに向かった。

 ◇◇◇

 同じ時刻、着衣の乱れを正し終えた衣葡も足早にナースステーションへと急いでいた。
 長時間ナースステーションを離れていたことで、詩織や幸子に迷惑をかけてしまった……責任感の強い衣葡は緊急事態が発生していないだろうかと気が気ではなかった。
 戻ってみると不機嫌そうな表情の詩織が衣葡を睨みつけた。

「いったいどこに行ってたのよ。幸い緊急はなかったけど、あちこちの病室からコール鳴りまくりで走り回ったのよ」
「ごめんなさい。515号室の患者さんから色々と頼まれて」
「ふ~ん、そうだったの。やたら時間掛かったのね。まあいいけど」
「……」
「早乙女さんは戻ってこないしおまけに吉田さんも頭痛で仮眠室で休んでしまって、ほんと大変だったわ」
「本当にごめんなさい」
「次から気をつけてね」
「はい、すみません」

 515号室で繰り広げられた悪夢のような受難劇が、まさか目前で飄々と語っている詩織の企てにより行なわれたとは露ほども知らない衣葡は、詩織にひたすら謝るのだった。

 5日後に再び衣葡の当直日が訪れる。
 鬱蒼とした虚無感が衣葡の心を支配し、冬の夕闇のように胸に沈み込むのであった。

 完

最終話 “鬱蒼” 鳴り止まない悪夢のナースコール ここまで


第一話

  “嫉妬” 美人看護師をレイプすることを企む患者達

第二話

 “拘束” 超絶名器の美人ナースを昏睡レイプ

第三話

 “剃毛” 剃毛パイパンナースをサンドイッチファック

第四話

 “老淫” 寝たきり老人の顔に顔面騎乗のパイパン看護師

第五話

 “舐豆” 老人の口の中にラブジュースをとっぷり注ぎ込む

第六話

 “凌辱” 入院病棟で悪夢の夜通しの陵辱劇

最終話

 “鬱蒼” 鳴り止まない悪夢のナースコール

作者様の他の作品も是非是非お読み下さい
愛と官能の美学

 

『 悪魔のナースコール 』一覧に戻る