クリ責め快楽調教機 1


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――クリ責め快楽調教機 1――

快楽機姦研究所 地下1F 準実験室。

夜。

全裸の私は今日も診療台に乗せられて、手や足、太股や腰、胸などをベルトできちぎちに拘束されている。

そけい部と下腹部には、より強力な拘束ベルトでぎっちり。お股を全然動かすことができない。・・・それと、お尻の左右には謎の機械が複数置かれていて、私のお股に何らかの処置を加えるつもりなのだろう・・・。

「今日はこの、機姦「クリ責め快楽調教機」の練度向上実験よ~。萌子ちゃーん。・・・これねー。基本的には快楽責めや性調教に使われるものなんだけど・・・、まー、テスターの萌子ちゃんなら結構楽しめるかもねっ」

メイドの茜さんが後ろからやってきて、私の後頭部の髪をなでなでなで・・・。私がニヘヘーっとしたトロ顔になったところで、ポケットからローターを取りだして、それをお股の方に・・・スススススッ、と移動させる。

「勃起しちゃいましょうね~。陰核ちゃぁ~ん」

ヴゥウゥゥゥゥ~~~~。

手のひらで待機しているローターが稼働する。それを皮に閉じこもった私のクリトリスにぴとっと当てることで・・・、びくんっ・・・びくんっ・・・びくんっ・・・! とさせて、けいれんと肥大化をうながす。

「ふぁぁあ・・・ぁぁ・・・ふぁぁ~~・・・」

しばらくクリトリスにローターを接触させられる。茜さんの手は私のアソコを被さるように押さえ込み、ヴゥウゥゥゥ~~~・・・。クリトリスに優しい振動を継続して与える。

しびれるようなあま~い快感が、お股の中でピリピリと響いてくる。それはだんだん強くなり、なんだか頭の中が温かくなってくる。

「はぁ・・はぁ・・・はっ、はっ・・・」

クリトリスはムクムクッと巨大化する。自分から中途半端に包皮を脱いで、振動するローターに接触を求めてしまう。

「うにぃ~~~~~っ!」

半分剥き出しになったクリトリスの亀頭にローターの振動がたっぷり伝わる。周りのベルトをギチギチときしませながら、お股をぴりぴりとしびれさせる。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

「・・・こんなもんかしら~?」

私のクリトリスをとても大きくした後、茜さんは手を離し、ローターをその場から撤収する。・・・そこからついでにっ! ・・・といった感じで、クリトリスの皮を指で一気に・・・ぐにゅりと、奥に移動させる。

「ーーーに”ゃんっっ!!」

体がびくんと跳ねて、ベルトが一度だけ大きくぎしる。

「勃起クリトリスの完成~! 実験、始めるわねぇ~、萌子ちゃんっ」

私の髪をなでながらほっぺにキスをする茜さん。・・・私はクリトリスの激しい刺激にやられ、ちょっと涙目でアヘッていた・・・。

ウィーーーン。

茜さんが小型タブレットで何らかの入力を行った後、私のクリトリスの側に「U」の字の形をしたものと、Uの中央の下部に「J」の字の上部がくっついた・・・とても小さな器具が出現する。

「U」の部分は、クリトリスの根本にするりと入り込み・・・ぎゅっと押さえ込んでくる。

「J」の連結したものは、剥き出し状態のクリトリスの裏筋に密着する形で、ぴとっとくっつく。

「ん・・・くぅ・・っ・・・」

クリトリスに器具が装着されて、離れなくなる。

「通電開始~」

「えっ・・・あぁんっ!」

ちりちりちりちり・・・。弱々しい電気をクリトリスの裏側に送り込まれる。・・・裏筋はやさしくしびれ、パインのような甘酸っぱい快感が、じわじわと、じわじわと、アソコの中に押し寄せてくる。

「あ・・・・あ・・・あっ・・あっ!」

軽い尿意のようなものを感じながら、喘ぎ声を生成させられる。クリトリスは定期的にぴくぴくっと動き、裏側がしびれ続ける。

・・・お股がうずく。アソコが良くなる。

・・・時を刻むごとに、顔が温かくなって、心がふわつき・・・、呼吸は甘く、体は気持ちよく・・・変化していく・・・。

「はぁ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・っ」

クリトリスがしびれてる。しびれ続けている・・・。

今日はパイナップルのお味みたいだ。性感が強い裏側をじりじりとせめられることによって・・・エッチなエキスが、お豆の中からたぽたぽたぽたぽ、っとにじみ出てくる感じ・・・。

「はぁあぁぁ~~~・・・」

ぎちん、ぎちん、ぎちん、ぎちん。

剥き出し中のクリトリスが優しくしびれると、・・・なんだか、良い気分になっていく・・・。上肢と下肢がベルトをきしませ、胴体がちょっぴり左右に揺れ動く。

頭の中が、ぼーっと、ぼーーっと、してくる・・・。

パイナップルの美味しさを味わったアソコは、よだれをたら~り、たらたら・・・。お汁がとろぉ~っと漏れてきて、分泌液回収ホールに飲み込まれていく・・・。

しび、しび、しび、しび。

「うっ・・・はぁん・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・にゃぁ~ん」

背中をなめらか~に曲げたくなる。腰が勝手に動き出す。・・・私はクリトリスの通電により、エッチな状態にさせられていく・・・。あぁ・・・気持ち・・いい・・・。

恥骨が震え、お股がぴりぴりしてくると・・・下腹部もじわじわしてきて、気持ちよさが連結していく。・・・そのうち、お尻や尾骨も・・・やおらかな快感を生み出し、背骨や肩胛骨にそれが伝わり、背部が温かい快感で満たされていく。

温か~いお湯の中にどっぷりと使っているような気分・・・。体の現象とは別に、頭は・・・独立しているような感覚で甘みを増していく・・・。あまくなっていくと・・・口がゆがみ、頬が温かくなって・・・うっすらとまぶたが閉じていく・・・。

「あ・・・んあ~~~っ・・・はぁあっ・・・はーっ、はーーっ」

口から蒸気を発散し、淫美を想像させる声が後を追うようにして漏れてくる。・・・はにゃぁあぁ~~~・・・、お豆への優しい電気ぜめは、気持ち良いんだよぉおぉ~~~・・・。

「・・・う~ん。気持ちよくなっているところ、悪いんだけどー・・・これ、責めと調教が主軸の機姦なのよねー。・・・だから、ここからは激しく、クリトリスを機械姦されちゃいなさいな~」

ぽんぽんと頭を叩かれる。が、優しい態度とは裏腹にクリトリスを強くせめられることを宣言される。・・・そして、茜さんの発言にあわせて・・・、

シュィィィ~~~ン。

ひくつくクリトリスの側に、柔らか回転ブラシが6~7個出現する。

「や・・・通電中に・・・そ、それは・・・む、無理ですぅ・・・っ」

卑屈なまなざしで、回転するブラシ達を見る。・・・特にブラシが接触したわけではないのに、自分のクリトリスは何かに期待するような感じで、ひくんっ! ひくんっ! と大きく震えて、ぼうこうの手前がじんわりと気持ちよくなっていく・・・。

・・・ぎっちぎっち、ぎちぎち。

動けない。や、やられちゃう・・・。通電中のクリトリスに、たた、大量の回転ブラシが・・・接触しちゃうっ。

へへ・・・へっ・・へっ・・・。

いやらしい笑顔のまま、顔から汗を垂らす。

茜さんはそんな私を可愛がるように頭をなでながら、もう片方の手で、タブレットに表示されている責めの進行ボタンを押す。

ーーーぴとぴとぴとぴとっ! もじょじょじょじょじょじょじょじょぉおおぉおっっ!!

「ーーーーっっ!!? ぅ”ぅぅく”ぅっっぅひょお”おおぉお”おぉぉお”ぉおおおぉ~~~~っっ!!!」

敏感な剥き出しのクリトリスを、柔らかブラシで一斉に磨かれる。想像し難いレベルのしびれと快感が、お股の中で弾け続ける・・・。

に”ゃ”ぁ~~~~~っっ!! あ”あぁああぁぁあああぁぁっっ!! だめだめだめあだめだめぇぃい”やぁぁあぁぁぁあぁぁあ”ーーーーっっ!!!

先ほどの甘い快感から一気に変貌。強烈な快感が体の中で舞い上がる。

もじょもじょもじょもじょもじょじょじょじょっっ!!

「ひいいぃいっぃっっ!! ひぐっっ!! あ”ぁ”っっ!! ひぐぅうぅぅーーーーーーっっ!! ひぃいぎゅううぅうぅぅううぅーーーーーーーっっ!!!」

しびしびしびしびしびっ。

「う”うぃいぃあ”ああぁぁぁあ~~~~っっ!!!」

「・・・あら、弱点すぎる場所に、通電と大量ブラッシングをする攻撃は、効果抜群すぎたかしら~?」

「ひひひひっ、あ”あああっ・・・! あか、茜しゃんっ! だめですうぅう~~~っ! これだにぇぇえええ~~~っっ!!!」

ぎちぎちぎちぎちっ! 拘束ベルトも激しく踊る。

お股から垂れるお汁が止まらなくなる。・・・クリトリスへの通電ブラッシング攻撃は・・・まるで、おしっこを漏らし続けているような感覚だ。

・・・じ~んわりと気持ちよくなりって、お股や体が軽くマヒしてしまう。

ひくひくひくひくひくっっ!! じょりじょりじょりじょりじょりっ!!

「い”あ”ーーーーーーーーーっっっ!!!」

けいれんするクリトリスが継続して磨かれる。

びっくんびっくん跳ね回る感じで体が勝手に動くのだが、私は診療台から動くことは全くない。体の各部位をきっちり拘束するベルトが、裸体の移動を徹底して防止するからだ・・・。

・・・また、開脚固定されているため、足を閉じることもできなければ、クリトリスに接触しているブラシ達を追い払うことも不可能。・・・お豆の裏側はいっぱいしびれ、感度が良くなったところを集中ゴシゴシ攻撃されている。

はああぁぁぁあっっ!! あ”~~っ!! あ”~~~~~~っっっ!!!

クリトリスの内部を甘く溶かされていく。どろどっろのぬちょぬちょに・・・。

もじょりもじょりしゅわしゅわしゅわしゅわっ!

「あ”かねひゃーーーんっ!! と”めてぇぇええぇえっっ!! く”りとりしゅ、き”もちよしゅぎいいぃぃぃ~~~っっ!!」

「あー、ごめんね~。それ無理だわー。・・・一応、せめを強くすることはできるけど~、もっと激しくして欲しい?」

「そんにゃわけあるかああぁぁあぁあぁあっっ!! ももも、もうい”ぐぅううぅぅ~~~~っっ!!」

「へいっ! お客さん、クリトリスの裏スジに集中通電追加ねー! 注文承ったわーっ! いっちょお待ちーっ!」

びりりりりりいんっ!

裏筋に流れる電流が強くなる。

「ひゃぎいいぃいぃぃぃいぃい~~~~~~っ!! お”に”っっ!! お”~~に”ぃいぃぃぃ~~~~~っっ!!!」

おしっこの道がぽかぽかじゅわわ~。とっても良い気持ちになって・・・温かくなり・・・いつしか、排尿感は本物になる・・・。

あ”・・・あはっ・・・・いいいいっっ、いっひゃうぅううぅ~~~~っっ!!!

ぶばしゃぁあぁっっ!!

急にお漏らしをしてしまった感じになり・・・潮を盛大に吹き出してしまう。

ひ”ょおおぉおおぉ~~~に”ょおおぉおぉ~~~わ”ぁあぁぁあぁ~~~っっ!!

・・・潮吹きの影響なのか・・・少し遅れてから、脳内はお花畑になる。

・・・っ、ひゃあ”ーーーーーーっっ!!!

皮を剥かれたクリトリスを、大量の回転ブラシでもじょもじょされて・・・びっくんびっくん悶えながら、私は絶頂した。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る