少女ナツミと不条理の学園

少女ナツミと不条理の学園

1320円
7.5

物語性・展開

7.5/10

キャラクター

7.5/10

オカズ度

7.5/10

フェチズム

7.5/10

熱中度

7.5/10

お薦めできる点

  • 不条理さがあっちこっちに
  • 不条理さによるコミカル感
  • 不条理さによるエロシチュ
  • 気楽に遊べるボリュームと探索難度

微妙だった点

  • 「不条理」のノリは人を選びそう

少女ナツミと不条理の学園

祖母の家で暮らすことになったナツミ。

転校生として新しい学園に向かうのだったが、そこは『ヴェクサシオン学園』という一風変わった学園なのだった。

ナツミの不条理だらけの学園生活を追い掛けたイベント探索RPG!

「不条理」なネタがいっぱいの学園探索RPG

少女ナツミと不条理の学園

今作の主人公になるのはナツミちゃん。

お父さんが海外にお仕事に行ってしまったのですが、お父さんには付いてゆかずナツミちゃんは祖母の家に引越して新しい学園生活を始めることになったのでした。

新しい学生服をバッチリ着こなして、新しい学園生活が始まるのでした。

ストーリーとしてはそれ以上語られる部分はありませんで、ゲームとしての目的性も示されません。

とりあえず好きなようにMAPを探索してもらってエロイベントを回収していきましょうね、というものになっていて、イベントをどんどん回収していった先でエンディングまで用意されています(そのまま探索しまくることも可)。

少女ナツミと不条理の学園

時間帯は朝・昼・夕・夜とに分かれていて、MAPを移動する度に時間を示すゲージが減少し、やがて時間帯が移ろっていきます。

もちろん時間帯ごとに発生しているイベントなどは変化してきますが、翌日へと日付が変わってもなにも問題がありませんので、日限イベント等々は気にせずにお気軽に。

少女ナツミと不条理の学園

移動できる範囲としてもそんなに広いわけではなく、学園内と建物の周辺、それと繁華街があるくらいです。

とりあえずぐる~と巡りながら誰かしらに話しかけていけばイベントを回収していけるようになっています。

少女ナツミと不条理の学園

さてさて舞台となる『ヴェクサシオン学園』ですが、作品タイトル通りに「不条理」を抱えたテイストになっています(@_@)

体育の授業では決闘が始まってしまったり、教室で授業を受けていたら先生が大爆発してみたり、学園の先生も生徒もみんななんかオカシイぞ?というね。

少女ナツミと不条理の学園

校門では生活指導の先生と戦わなくちゃならなかったり。

戦闘を行うシーンは何度かあるのですが、敗北してもイベントは進行するものになっています。

前述の体育の授業を受ければ攻撃力が上昇し、教室や自宅で勉強に励めば防御力が上昇するという具合になっていて、戦闘に勝利することも可能です……ついついステータス上昇に勤しんでしまう人もいるかもしれませんが(僕がそうだった)、別に戦闘はおまけミニゲームくらいのものなのでイベント回収に走った方が有意義ですよぃ(^o^)

少女ナツミと不条理の学園

エッチシーンでは任意にキー入力することで衣装変化を楽しむことができるようになっていたり。

「不条理」な要素が盛られた学園内ですのでシチュエーションとしても普通の学園では有り得ないようなものになってたりですね。

妊娠・出産の展開も用意されているわけですが、学園としては学生の妊娠や出産にも理解が合ったりして。

ナツミちゃん以外のサブヒロインのエッチシーンも用意されています。

さらっと攻略

ストーリー攻略で詰むようなところは無いかなと。

探索漏れはあるかもしれませんが、移動範囲がそんなに広くないので虱潰しでどうにかなります。

攻略まで1時間とちょっと。

回想はタイトルから。

全解放は祖母宅の二階にて。

まとめ・感想

「不条理」がいくつも盛り込まれた学園でエッチなイベントに遭遇しまくる探索ものになっています。

この「不条理」のネタの数々は、もしかすると人を選ぶところがあるかもしれないので体験版を先に触っておくと良いかもしれません。

僕なんかは教師が爆発したりするとニヤニヤできるので良いんですけれどもね(^o^)

その意味でサークルさん前作の『魔のエンブリュオン』とは雰囲気が違ってきているのでご注意を。

 魔のエンブリュオン

はい。

今作のようにエロイベント回収型のRPGというと……

 私立NPC姦学校

 寝取町のエッチな回覧板 〜町内探索型AVG・玄関あけたら即エッチ〜

などなどもどぞー

少女ナツミと不条理の学園