花街の少女ちはや

1944円
花街の少女ちはや
7.2

物語性・展開

7.0 /10

キャラクター

7.5 /10

オカズ度

7.5 /10

フェチズム

7.0 /10

熱中度

7.0 /10

お薦めできる点

  • 色街の雰囲気が素敵
  • 好き放題に犯して回れる

微妙だった点

  • 作業感強め
  • 移動の面倒くささ
  • 各イベントあっさり

花街の少女ちはや

江戸時代と思われる夜の色街・遊郭を舞台にした3D調教SLG。

主人公は街一番の遊郭『吉原華蝶』に居候をしている身で、新人少女の教育係を務めている。

教育係とはつまり調教師のことで、少女を客の取れる遊女にしたてあげるための役職。

今回は千早(ちはや)という名前のみすぼらしい身なりの少女の教育係を引き受けることになったのだが、千早は不遇の環境に生きてきたためにか、すっかり心を閉ざしてしまっている様子。

調教師として千早にどう接していくのかによってEDが分岐します。

花街の少女ちはや

 DMMはこちら(20%OFF) 

薄幸少女と心通わす(心通わせたい)調教SLG

舞台の『遊郭』についてですが、江戸時代の風俗店ですね。借金の形だとかで売られた女の子が嫌々身体を売っていたり、上京者が逆に一発玉の輿を狙って頑張ってたり、さまざまな女性の人生の縮図をそこに見ることができるとかなんとか。

現代の風俗店よりも気品高く描かれることが多いですが、糞高い風俗店に行くとあちらも気品高いので良い勝負(なんのこっちゃ)。

花街の少女ちはや

夜を照らす『遊郭』の栄えっぷりを示すように夜桜が輝くオープニング。

夜桜の怪しげな雰囲気も伴って、なんとも幻想的でエロティックな雰囲気が素敵で引き込まれます。

主人公さんはこの遊郭・吉原華蝶に居候をしている男性で、新人の女の子を客取りができる一人前の遊女として教育する役目を請け負っている身空。

いわゆる『調教師』ですね。

で、今回の新人女の子は銀髪と白い肌が美しい千早ちゃん。

不幸な生い立ちなどがあって心を閉ざし気味、会話らしい会話を成立させるのもやっとの状態。

言葉を失するほどに心を閉ざしている割りに初対面の主人公さんにホイホイ付いてくるのが違和感あったけど、遊郭に売られたとは言え、それ以前の環境に比べたら全然恵まれた状況ということで千早ちゃんはこの遊郭での生活に前向きでいるご様子。閉じた心の雪解けを感じさせるところからのスタートってことですね。

花街の少女ちはや

主人公さんと千早ちゃんが会話していると、この遊郭一番の遊女である葵ちゃんが部屋に現れます。

千早ちゃんに対してサクッとマウントを取ろうとする葵ちゃんですが、ともかくおっぱいがデカイ。

千早ちゃんと葵ちゃんそれぞれに声優さんが割り当てられています。

花街の少女ちはや

ゲーム自体はけっこうシンプルで、10日の期日が設定されている中で、千早ちゃんをどういう風に調教していくかになります。

1日の行動は「昼」と「夜」に分かれており、それぞれで千早ちゃんをどこかに連れて行ってイベントを進め、その後に調教パートへ。

どこに行けばいいのか左上に指示が出てるし、イベント箇所には吹き出しが浮かんでいるので迷うことはほぼ無いはずです。

ただ遊郭から街に出るための移動が毎回毎回面倒臭いですね……最短で出られるルートはさっさと覚えてしまいましょう。

花街の少女ちはや

街のイベントが終わると調教部屋に強制移動し、千早ちゃんの調教が始まります。

ここは調教師らしく千早ちゃんの様子を見ながら調教メニューを考慮していくので、最初は非常に簡単なメニューばかりです。

調教手法は自由に選択可能で、各調教メニューに応じて『好感度』『淫乱度』が上昇するようになってます。

調教メニューの脇に上昇する数値がちゃんと書かれているのでそれを参考にしつつ、『好感度』を重視するのか、『淫乱度』を重視するのか、その辺はお好みで。

花街の少女ちはや

千早ちゃん以外ともセックスできます。

遊郭の中には当然遊女がたくさんいるし、みんな主人公さんに調教された子達ばかりなので再調教という形でその場でガンガン犯していきます。

千早ちゃんの前だろうが、お客の前だろうか、所構わず!

街に出てみれば調教師の血が疼くとかで女の子を次々に犯していけます……露出野外プレイもなんのその。

ビックリしている千早ちゃんや街の人そっちのけで露出プレイできちゃいます。

岡っ引きから御用にならないのかな? とか余計なことは考えなくてOKっぽいです。

花街の少女ちはや

千早ちゃんの調教時は1枚絵、それと調教メニューによってはアニメーション有りで。

調教は前述の通りに昼と晩、それぞれ3回ずつ調教メニューを選べるので、『好感度』『淫乱度』共にMAXにしていけるくらいに余裕があるので、自分のペースでムフフりながら進めていってOKっぽいです。

そんな具合に街イベント→調教を昼夜繰り返していき、10日の期日が来てEDへという流れです。

さらっと攻略

次にどんな行動をすれば良いのかは全部表示されているので攻略は余裕なはず。

千早ちゃんの好感度を上げていけば千早ENDに行ける選択肢が出ます。

それを選ばなかった時がノーマルENDで、あとは葵ENDがあるのかな? 済みません、EDはコンプリートしてないのでわからないです。

SDキャラでのエロメニューは全て遊郭中の遊女に話しかければ開放されていきます。

一部、夜じゃないと出現しない遊女がいます。

クリアまで約2時間。

回想はタイトルから。

全解放などは未確認です。

まとめ

……素材は良さそうなんだけどなぁ。

移動先を示してくれているので攻略は容易いんだけど、そのおかげで指示された場所へ移動してイベントを拾っているだけのプレイ内容なのが正直辛いです。

心を閉ざした少女との心の通わせ合いに重きを置くなら、千早ちゃんの前だろうと誰の前だろうと白昼堂々と露出セックス始めちゃう主人公さんの行動が感情移入を削いでしまっているんだよなぁと。

遊郭の雰囲気はよく感じられるだけに勿体ないなぁと。

心情描写に重きを置かずにエロ目的でプレイする分には良さそうですけどもね。

はい。

似たような調教SLGというと、

淫籠のエルヴス 淫籠のエルヴス

全く救いはない調教ものだとこちら

Teaching Feeling 〜奴隷との生活〜 Teaching Feeling 〜奴隷との生活〜

薄幸奴隷を愛でまくるSLGといえば当然こちら

花街の少女ちはや
花街の少女ちはや

 DMMはこちら(20%OFF)