おそわれ少女

おそわれ少女

電車の中で痴漢に遭った少女。

さらにその様子を同級生に撮影され、昼休み、放課後に犯されてしまう少女の短編ボイスドラマ。

被虐ストーリー一辺倒ならずに、終盤ではまさかの反逆展開が含まれています。

※カテゴリー分けで『リョナ・悲鳴』に設定しましたが、とにかく女の子がレイプされるものだと思って下さい。

おそわれ少女
収録時間約22分
視聴スタイルご自由に
お値段108円

レイプされる女の子&終盤のどんでん返し

ということで今作はタイトル通りに襲われる少女のお話となってます。

最初は電車の中で痴漢されてしまった女の子は、さらに悪いことにその様子を同級生の男子に撮影されてしまっていて、そのことで脅されてフェラチオを強要され、さらに放課後にはロープで縛られてしまってからレイプ中出しという陵辱シーンが展開されます。

ボイスドラマ形式ということで「ストーリーを綴った地の文」+「喘ぎ声などの台詞」という構成です。

フェラチオ時の舐め音に特化してASMRな味わいを追求していたり、レイプ時の悲鳴に特化させてたりとかして特定の音フェチに訴えるような作りではなく、あくまで短編陵辱ストーリーの一つ。

女性視点の一人称官能小説の朗読ボイスのような感じと思って貰えるとスムーズにイメージできるかなと。

処女喪失と中出しによって陵辱ストーリーはピークを迎えますが、その後に少女の中に眠っていたもう一つの人格が目覚めることによる反逆展開が繰り広げられます。

まとめ・感想

アフィ販売履歴を眺めてたら面白そうな作品を見付けたのでさっそく視聴させてもらいましたー(^O^) ジャケットも雰囲気があるし、女の子が可愛いです。

陵辱展開そのものは素直で、痴漢される女の子がさらに同級生から脅されてレイプされてしまうというコンボ展開。

処女喪失とゴム無し中出しレイプによって体も心もズタズタになってしまった女の子が啜り泣きしながら幕閉じするのかな~と思いきや、まさか女の子のもう一つの人格が現れてレイプ加害者に反逆するとは予想外だったね!

ただね、その反逆展開については好みが分かれそうかな、中二病風味。

そういえば「ストーリーを綴った地の文」+「喘ぎ声などの台詞」という構成のボイスドラマ形式音声って、最近聴いてなかったなぁと振り返るきっかけを頂いた感じ。

似た感じのボイスドラマ形式でレイプものというとこちら↓

彼を待つ空港で… 彼を待つ空港で…

寝取られ堕ちで妙に好きだった一作。音声作品聴き始めの頃にリピートしてたなぁ、懐かしい(>_<)

こちらもせっかくなのでどぞー。

おそわれ少女
おそわれ少女