あらゆる訓練を受けた女スパイ イキ催眠で快楽アへ失禁 もうイきたくないとべらべら情報を喋るも終わらないイき地獄

あらゆる訓練を受けた女スパイ イキ催眠で快楽アへ失禁 もうイきたくないとべらべら情報を喋るも終わらないイき地獄

スパイであることがバレてしまい拘束された女スパイさん。

これから情報を吐かせるための拷問を受けることになるのだったが、拷問に耐えられるように訓練を受けてきていたために余裕の態度、むしろ拷問を煽るような生意気態度。

前半は媚薬責め拷問にも余裕で耐えきる女スパイさんの様子を。

後半には予想外の催眠拷問によりイキ地獄に陥られてしまう女スパイさんのイキっぷりをお楽しみ頂けます。

収録時間56分59秒
視聴スタイルご自由に
お値段990円 【 FANZA・DMMはこちら(20%OFF) 

余裕の女スパイさんを絶望の淵にドーン

お話は女スパイさんがスパイであることが露見して拘束されちゃったよ、今から情報を吐かせるための拷問が執り行われるよ、というところからスタート。

女スパイさんは拷問に耐えられるように訓練を受けていたために余裕の態度で、堂に入った調子で煽ってくるほど。媚薬を飲まされてもなんのその。

挿入して性的な拷問が行われるのですが、ピストン運動に揺らされてちょっと息が乱されるよいう程度。

ということで前半、女スパイさんが余裕だし煽ってくるしで我慢の時間(でもピストン時の女スパイさんの微妙な吐息が色っぽいかも)。

じっくり我慢の時間に耐えたならば、拷問は次の段階に進むのです。

媚薬に代わって催眠に掛けられてしまう女スパイさん。

媚薬耐性は高かったのでしょうが、催眠に対しての耐性は無かったようで催眠によって感度を倍加させられ、再び挿入→ピストンと性的拷問をされてしまうと、前半とは打って変わって喘ぎまくってイキまくっちゃう女スパイさんの様子を楽しめますよね、というわけです。

催眠による感度アップは何度も繰り返えされ、重ねられ、敏感になりすぎた女スパイさんの様子は、前半とのギャップによってさらに引き立てられて過激に。

どうすればこの性的拷問から逃れられるだろうかと考えた果てに女スパイさんが行う悪あがきの様子が作品タイトルを回収しているわけですが、「べらべら」すぎて面白いというね(^o^)

まとめ・感想

前半は我慢チャージして後半は催眠で堕としてイキまくりの女スパイさんの様子を楽しみましょうね!って内容。

ぞんぶんにイキまくらせた後は女スパイさんの「べらべら」情報暴露っぷりを堪能しましょう。

作品説明に『前半は退屈です』と書かれていますが、女スパイさんの演技が良いのもあって「聞いていて退屈」ということはありません、あくまで「女スパイさんが苦しむ様子を楽しみたいのに耐えちゃうので退屈やねー」ということですのであしからず。

はい。

今作のように催眠でいろいろやっちゃう作品というと……

 【臨死絶頂】おほガキ<壊>〜催眠おじさんを駆除しに来たクソガキ魔道士が種付けデカチン高速ピストン返り討ちアクメで動かなくなるまで〜【ニアデスアクメ】

 即おち!~’city girls’~脈なし女子を即堕ち催眠→地雷女子ゆな、かれぴしか勝たん。実質処女です。。NTRちゃいまぁす。。。

などなどもどぞー

あらゆる訓練を受けた女スパイ イキ催眠で快楽アへ失禁 もうイきたくないとべらべら情報を喋るも終わらないイき地獄