いぬこちゃんは見習い魔女

いぬこちゃんは見習い魔女

2200円
0

物語性・展開

0.0/10

キャラクター

0.0/10

オカズ度

0.0/10

フェチズム

0.0/10

熱中度

0.0/10

いぬこちゃんは見習い魔女

魔術師によって拾われた『いぬまる』は、その後に魔術師に大切に育てて貰ったことで1人の元気な少女になったのでした。

少女となったいぬこは師匠と同じ魔術師を目指して試験を受けることにするのでした――!

デッキ構築型のローグライトカードゲームです。

発売しました!
サークルさん過去作として

カードデッキを構築して頑張るローグライトRPG

いぬこちゃんは見習い魔女

今作の主人公になるのはいぬこちゃん。

『蒼のアイオス』と呼ばれるところの凄腕魔術師の師匠に拾われ、大切に育ってもらったことで師匠に対して強い想いを抱いているいぬこちゃんとなっております。

いぬこちゃんは見習い魔女

いぬこちゃんの正体は『いぬまる』と呼ばれるモンスターなんだけど、師匠大好きさで人間の少女の姿になったよという設定となっております、可愛い(^o^)

で、大好き師匠から魔術師になるための試験を受けてくるように言われたので『合格の証』を求めて遺跡ダンジョンの攻略に臨むよってのが今作のお話となっています。

いぬこちゃんは見習い魔女

ホーム画面はこちら。

ローグライク(ローグライト)なゲームシステムになっているので、ダンジョン内で敗北してもこちらの画面に戻ってこれるようになってます。

いぬこちゃんは見習い魔女

ダンジョンを攻略していく中で貯まっていく『プラーナ』を使用することでいぬこちゃんのステータスを上昇させたりとかとかできるようになっているので、何度もダンジョンに挑戦を繰り返しつついぬこちゃんを強化してクリアを目指されて下さいな。

いぬこちゃんは見習い魔女

ダンジョンの中はあみだくじ的にルートを辿っていく流れ。

分岐ポイントでは任意のルートを辿れるようになってます。

いぬこちゃんは見習い魔女

戦闘システムの方はカードバトル的なもの。

基本交互に殴り合うターンバトルで、画面中央くらいにある『2』と書かれた『マナ』の値を使い切るまでが1ターンとして数えられます。

配られた魔法カードを選択して『マナ』を消費しきったらターンを終えてやりましょう。

『マナ』の消費割合として攻撃一辺倒も良いかもしれませんが、ダンジョン攻略を目指す中、いかに被ダメを減らしていくかも大事な感じなのでバランス良くカードを選択されていって下さいな。

いぬこちゃんは見習い魔女

戦闘に勝利すると複数のカードを中から1枚を入手できるようになっています。

どんなカードが出てくるか運次第なわけですが、前述の『プラーナ』を使って『入手カード運強化』をしてみると面白いかも。

いぬこちゃんは見習い魔女

戦いに勝利したよ\(^_^)/とやってるいぬこちゃんの立ち絵が可愛いわけですが、しれっと『相手を犯す』という項目があったりしてね(^o^)

いぬこちゃんは見習い魔女

イベントマス(Hイベントマス)に止まることでもいろいろと楽しいイベントが発生してくるのでそちらもお楽しみに。

イベント用CGも奢られていて嬉しいところ。

いぬこちゃんは見習い魔女

Hシーンの方は戦闘勝利時やHイベントマス、またボス戦勝利時や戦闘敗北時などに。

師匠大好きいぬこちゃんですが、けっこう痴女の風で女性優位なシチュエーションで他の男を喰っていったり。

もちろん戦闘敗北時は陵辱テイストですが。

CG差分による簡易アニメーション仕様です。

まとめ・感想

いぬこちゃんが良いキャラしてる!

行き倒れそうになっているところを助けて貰った恩義に始まり少女の姿となって師匠大好き!って流れで一途純情少女かと思えば他の男も喰っちゃう強い女の子\(^_^)/

イベント用CGも盛られて賑やかなダンジョン探索やその雰囲気が良いですね。

『プラーナ』を使って強化すればどうにかなるローグライトゲーとなっているので、遊びやすいと思いますし。

はい。

今作のようにローグライト(ローグライク)な作品というと……

 アリッサと持たざる者の洞窟

 先輩と不思議なダンジョン

などなどもどぞー

発売しました!