おとぎばなしの鬼ごっこ

おとぎばなしの鬼ごっこ

1980円
8.3

物語性・展開

8.5/10

キャラクター

8.0/10

オカズ度

8.0/10

フェチズム

8.0/10

熱中度

9.0/10

お薦めできる点

  • 良い感じに脳味噌コネコネ
  • 攻略方は複数
  • 困った時のステージスキップ
  • ダークメルヘン

微妙だった点

  • 特に無かった

おとぎばなしの鬼ごっこ

物置で見付けた古びた本。

開いた瞬間から光を放つその本は『おとぎ話を集めた物語』が記されているそうな。

しかも加えて『結末は変えることが出来る物語』でもあるという。

読者の思うままに結末を変えることができる物語の中で、メルヘン童話に出てくるヒロイン達の運命を欲望のままに歪める――

読者によって指定された『追跡者』によってヒロインを捕らえ、陵辱するなどできるパズル+アドベンチャーゲーム。

ステージスキップ機能があるのでエロだけ楽しむこともできます。

脳コネ追いかけっこ

紹介動画はこちら

これはPVを観た方が手っ取り早いパターンなのでPVをどうぞどうぞ(^o^)

おとぎばなしの鬼ごっこ

物語の方はプレイヤーが読者として参加する一人称的視点な導入で、物置で古い本を見付けたらその本が『読み手が自由に歪めて良い物語』だったよ、ということですね。

その本の中には有名童話群が収められているようで、今回はその童話のヒロインを相手に物語を歪めてムフフしましょうという流れになっています。

おとぎばなしの鬼ごっこ

ヒロインは4人。

赤ずきんちゃんや白雪姫などの有名所ですね。

ステージは選択性で、最初だけは赤ずきん・ブランシェットちゃんから進めることになるのですが、その後はどのヒロインから攻略していってもOKです。

一応、星マークの数が目安で難易度が記されている感じなので、それを目安に。

おとぎばなしの鬼ごっこ

ゲームとしては「追いかけっこ」なわけですが、プレイヤーから必死こいて逃げ回る敵(ヒロイン)シンボルを追いかけ回す反射神経と指運用が試されるようなアクションゲームでは無いです。

プレイヤーが一歩進むのに応じてヒロインも一歩進むのを繰り返すのでアクション操作は必要無く、脳味噌コネコネのパズル要素に圧倒的に傾いてます。

おとぎばなしの鬼ごっこ

単純にヒロインと接触すればOKというわけじゃないのも心憎い演出で、ヒロインに近づくと視線範囲に入っちゃうのでヒロインは反対方向に逃げ出してしまうし、逃走状態の間は完全に挟み込むなどしない限りは捕まえることができないようになってます。

なのでステージのギミックなどを利用して上手に捕まえましょうね、と。それに加えて『追跡者』には特定のスキルが用意されていて、たとえば赤ずきんちゃんを追いかけるオオカミさんには『行動力+1 ステルス+1』の効果を発揮するスキルが備わっていて、こちらの運用も大切になってきます。

おとぎばなしの鬼ごっこ

なにやらボタン状になっている箇所があるので、そちらに乗ってみると……↓↓↓

おとぎばなしの鬼ごっこ

球体が坂を転がり落ちて赤ずきんちゃんの行く手を塞ぎ、強制的に進路を変更させることができましたーって具合に、各ステージいろいろとギミックが用意されているので、それらを利用して頑張って下さい。

単純にヒロインを追いかけるばかりでなく「指定ポイントにヒロインよりも早く到達する」などなど、ステージによってクリア目標が異なっていたりして、似たようなステージが続いて飽きる~という感想はたぶん湧いて来ないと思います。よくもステージ毎に特色を持たせたなぁ~とネタ切れせずのアイディアの泉に関心するほどです(@_@)

ちなみに各ステージの攻略方法は、ステージにも依るんだけどいくつかの方法があるようなので、じっくりやり込んで攻略方法を探しまくりたいという遊び方もOKな模様。

おとぎばなしの鬼ごっこ

で、難しくてクリアできそうになかったら『クリア済みにする』という選択肢でステージスキップ可能です。

最初からエロオンリーで楽しみたいとか、攻略は後回しにしたいという気分の時とかにもどぞー。

おとぎばなしの鬼ごっこ

ステージを攻略するごとにエロシーンが挿入されるようになってます。

赤ずきんちゃんだと無知シチュだったり、他のヒロインだと異種姦、媚薬を飲ませたりというものも。

メッセージウィンドウを上手に消し去ってエロCGの邪魔にならないように配慮されてあったり、ボイスや環境音もこだわったものになってます。

さらっと攻略

ステージスキップ機能があるのでストーリー攻略で悩んだ場合にはそちらを。

ステージによっては攻略方法がいくつもあったりするので、一応ヒントになるかな~くらいの攻略メモを。

ブランシェット
chapter1スキルを利用して回り込んで草むらで捕まえる
chapter2トロッコには岩と鉱石を乗せる、スキル利用
chapter3『鋭利な刃片』をいかに使わせ、拾わせないか。
chapter4道を塞ぐようにトラバサミで
マイア
chapter1跳び回って回り込めばOK
chapter2トラップで挟む
chapter3岩で道塞ぐ
chapter4左回りで回り込んで追い詰める
アリス
chapter1扉を開けるところで背後から
chapter2追いかけるようにして右側のスライドパネルに乗り、「C」像を動かして挟む
chapter3『風の魔力』を取り込んで、それをぶつけるだけ
chapter4右端のスライドパネルで挟む
シュネー
chapter1キノコの着地地点で待ち伏せ
chapter2最初の木とトロッコを使用 「B」キノコの方へ遠回りするとヒロインの進路を変更できる
chapter3出口で挟む(右下の出口だった)
chapter4左側の出口に誘導して岩動かして挟む

おまけステージは頑張れ。

攻略まで約2時間。

回想はタイトルから。

全解放は無いですが、クリア時に全て回収されてます。

まとめ・感想

今回もボリューム満点でガッツリ遊べるゲームなんだろうなと思って休日にプレイさせてもらったのですが、プレイ時間そのものは短めでした。が、毎ステージごとにアイディア詰め込んだ追跡パズルゲーとなっていて、密度の高さが感じられる内容でした。

難易度的に丁度良くて脳味噌コネコネが気持ち良かったですしね。

はい。

今作のように良い感じに脳味噌コネコネな作品というと……

 直進迷宮 囚われのエルフをHで救え

 フィールとエロトラップダンジョン

などなどもどぞー

おとぎばなしの鬼ごっこ