Blood price

Blood price

1512円
8.3

物語性・展開

7.0/10

キャラクター

8.5/10

オカズ度

9.0/10

一般人へのお薦め度

8.0/10

熱中度

9.0/10

お薦めできる点

  • 可愛いっ!
  • 陵辱・レイプ感
  • 撫で撫でしたい

微妙だった点

  • バグがちらほら
  • ストーリーのメリハリ感

ざっくりあらすじ

人と魔物とが仲良く暮らす平和のほほんな町。

一応の統治者であった主人公ちゃんの父親が、それはそれは不幸な理由で亡くなられて涙に暮れるところへ、ピエロ姿のいらん奴が攻め込んできたために皆はバラバラに!

散り散りになった仲間を探しつつ、ピエロ野郎を討伐へ!

Blood price

さらっと攻略

シンボル接触エンカウントの敗北エロRPG。ボス戦での敗北はゲームオーバーなのでセーブ必須。ED後に回想部屋で全部見れるのでゴリゴリ進んでも大丈夫。

敗北時に敵ちゃんから種付けされ、そして出産すると仲間が増えたりというのもあるのでどんどん敗北してOK。敗北エロRPGなのになかなか敗北できないゲームも珍しくない中、今作はサクッと全滅したりする。必要に応じてレベリングしなくちゃならない時もあるかもしれないけど、経験値が多めなのでレベル上げはサクサク。戦闘高速化、イベント高速化も備わっているのでサクサクサクサク。

ストーリー攻略で詰まるようなところは皆無なので省略。

戦闘時は敵さんの数が大量なので全体攻撃可能な魔法、ボス単体戦はマジックスパイダーの「ワイヤートラップ(敵三体に大ダメージ→ボス一人に三回当たる)」が強力過ぎ。

武器屋の店員ちゃんが恐ろしく強いけれど、火傷させてターン経過ダメージを喰らわせつつ防御に徹すれば勝てるかと。そして勝ったらバグった。

とあるイベントにてカジノでコイン1000枚稼いで来いというのがあるんだけど、たぶんみんな稼ぎまくることでしょう。

コイン交換でもらえる武器なんかはいらないので、魔法防御を兼ねる強力な魔術書は手に入れておきましょう。余裕があったらステータスアップアイテムも。

クリアまで二時間ちょっとだけど、敗北エロ閲覧などでトータル三時間くらい。

Blood price

感想・レビュー

個人的には一番エロさを感じるCGクオリティ! 人と魔物が仲良く和気藹々と暮らしていた平穏さを下地にして、エロシーンは陵辱感強めで、巨根挿入、レイプ目(絶望顔・放心顔)、ボテ腹、リョナ、機械姦などなどとサディスティック要素満載。僕はとても好きなんだわな。

Blood price

作品の雰囲気も好きだったのもあって、ラスボス戦は唐突感があったかな。もう少し遊ばして欲し~って気になったかな。きっとラスボスは蘇った父親で、敗北エロは近親相姦なんだと思ってたものだから、こいつがラスボスでいいの? って肩透かし感が少し。

ちょっとラスボスにしては小物感があるので、さらなる黒幕を準備した二重底スタイルだとストーリーが引き締まって良かったかなぁと欲が出る、じゅるり。

今のところラストダンジョンからは帰還できない仕様だけれど、今後アップデートされてバグ取りなどされるうちに、もしも隠しダンジョンなんか追加されたら悶絶して喜ぶね!

今作は清純乙女(?)な主人公ちゃんが悪堕ちしていく側面なんかもちょいと含まれていて、最初は「他人の家の宝箱を勝手に開けたらダメだよね」とRPGにあるまじき常識を語るのだけれど、そのうちに無言で開けるようになったり、万引きしたり、武器屋の店員を襲ったりというイベント変化有り。そして返り討ちに遭ってエロイベントと。

主人公ちゃんの暮らす町では人と魔物が仲良かったけれど、他の町では不仲だったりと世知辛い世の中なので、背中の羽根を時事に応じて折りたたんで隠したりと芸が細かい。

正直なところそこまで完成度は高くないかもしれないけれど、個人的に「期待値」なるものを語れば相当高いところに位置する今作、今サークル様、ぜひぜひ次回作を拝ませて欲しいなと思うのですたい。

Blood price

まとめ

序盤の会話は地味に面白い。

【つきみたけ】Blood price

Blood price