アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

1430円
0

物語性・展開

0.0/10

キャラクター

0.0/10

オカズ度

0.0/10

フェチズム

0.0/10

熱中度

0.0/10

お薦めできる点

  • 綺麗な塗りのCG
  • 鬼畜な師匠(@_@)
  • 気になるストーリー展開
  • 遊び心のあるMAP

微妙だった点

  • 今のところ特になく

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

町外れで薬屋稼業を営んでいる少女アニエスと妹のルファ。

妹のルファは1日の大半を眠ってしまう『眠り姫』という奇病に苦しめられており、アニエスは妹の病気を治すために冒険者として近隣のダンジョンへと足を運ぶことに。

またアニエスの錬金術師の師匠が多額の借金を抱えて逃げ込んできて、アニエスを都合良く利用して借金返済を企てているのだった……

素材収集と錬金調合、そしてダンジョン攻略を目指す冒険RPG!

発売しました!

素材収集&調合の冒険RPG

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

今作の主人公になるのは錬金術師のアニエスちゃん。

町外れで薬屋を営んでいるアニエスちゃんは妹のルファちゃんとの二人暮らしだったのですが、ルファちゃんは『眠り姫』という1日の大半を眠り続けてしまうという奇病に罹っていて、今回は奇病治療に効果が望める『エリクシル』を作成するのが目的となってきます。

ちなみにルファちゃんですが、眠っている時間こそ多いのですが起きている時間には顔を出してくれてストーリー展開に絡んでくれるご様子(^o^)

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

『エリクシル』作成のためにも、まずは冒険者となってそのランクを上げていくことになります。

ギルドに行くと、『採取』『作成』『討伐』の3種類に大別される依頼を受けられるようになっていて、それらをクリアしていくことで冒険者としての『実績値』が加算されてゆき、一定値を超えるとランクアップという流れで。

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

また3種類の依頼以外にも師匠ベルさんからの『特別な依頼』も用意されてます、エッチ系です(^o^)

というかベルさんは多額の借金をお抱えになっていて、その借金返済のために可愛い弟子を利用しちゃっているというわけで、なかなかな性格をされちゃってますね(@_@)

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

そういうわけで各種の依頼をクリアするために街から各ダンジョンへ。

目的地直行タイプなのでフィールド移動の手間が省かれてくれてます。なんだかんだと街とダンジョンを行き来する機会が多いので、直行型は便利で(^o^)

また冒険者ランクごとに行けるダンジョンは決まっていて、ランクが上がるごとに進めるダンジョンが増えていく流れ。このダンジョンをクリアする過程でメインストーリーが進行するという構造ですね。

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

ダンジョン内ではシンボルエンカウント、戦闘システムはいつもの。

素材収集ゲームらしくダンジョン内で素材を拾ったりするわけですが、ダンジョン構造にミニゲーム的な遊びがあって面白いです、海の上をヒョコヒョコ飛び跳ねていくところとか楽しかったです(^o^)

で、大切なのが画面右上に表示されている『TP(体力値)』。

敵と戦闘をしたり、MAPを移動したり、素材を回収したりでどんどん減少するようになっていて、減少しちゃうといろいろペナルティが生じてくるので良い具合に数値を管理しながらダンジョン攻略をどうぞどうぞというものになっています。

ダンジョン内ではショートカットワープポイントが複数用意されているので、脱出アイテムを使って拠点バックして回復しながら進めばOKな感じです。

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

素材を集めたら拠点でアイテム作成へ。

『作成依頼』をクリアするためにアイテムを作成するのはもちろん、ダンジョン攻略に際してもアイテム作成の必要があったりするので、作成できるアイテムは事前に一通り目を通しておくのが吉ですかね。

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

体験終了間際からですが、ダンジョン探索に向かう同行メンバーとして『人形』を連れて行くことができるようになってます。

『人形』にはいろいろなタイプがあるのでお好みの『人形』を連れて行ってあげてやって下さいな。

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

エロの方はストーリー上や、街の中、ダンジョンの中でそれっぽい場所で発生するようになってます。

体験版までの限りだとセクハラ系のソフトなもので、挿入本番などは製品版でのお楽しみですかね。

敗北エロは用意されてないということです。

まとめ・感想

体験版のボリュームが全体の5分の1ほどあるということでしたので、製品版はおおよそプレイ時間6~8時間になるのかなと。

ダンジョン構造が面白くできていて攻略が楽しいのですが、『TP(体力値)』の存在があってちょいちょい拠点バックしたりするのがちょっと煩わしく感じるかも。

素材収集ゲー・調合ゲーでもあり、それら要素をバランス良く作られている内容なので、素材回収しながらダンジョン攻略を進めたら調合を、そしてまた素材回収をしながらダンジョン攻略を。偏り無くバランス良く進めていくつもりでプレイされると良さそう。

はい。

今作のように素材集めて頑張る作品というと……

 イリィー&ゾフィー~目指せ王都のファッションリーダー~

 ウルザの調合部屋

などなどもどぞー

発売しました!