【はちみつサンド】淫魔と封印のマギア

淫魔と封印のマギア

1404円
7.7

物語性・展開

7.5/10

キャラクター

7.5/10

オカズ度

8.0/10

一般人へのお薦め度

7.5/10

非・斜め読み率

8.0/10

お薦めできる点

  • 巨根をズボッと!
  • 女の子可愛い
  • 判りやすい敗北エロRPG

微妙だった点

  • エンカウント率
  • ボス戦難易度
  • お使い感

ざっくりあらすじ

墓地裏に封印されていた「大淫魔」による呪い(淫魔化)を解くために奔放する魔法協会に所属する少女リルのお話。

やがてして「大淫魔」の封印も綻び、世界平和のためにリルちゃんが大活躍っ!

基本的には解呪のためのアイテムを集めてくるお使いゲームで、その道中で遭遇するモンスターに敗北するとエロイベント。

また収集イベントの間にも人間相手のエロイベントが挿入されたりと、人姦(レズ含む)、異種姦、触手などなどシチュエーションはそれなりに取り揃えられているよ。

3

大淫魔のクレアちゃん。普通にサキュバスで可愛い。

さらっと攻略

雑魚戦でもどの属性の魔法が効くのか、それとも打撃がいいのか、というのを意識しないとなかなかダメージが通らなかったりする。ボス戦も同じくなので、「最初の一回目は試し試ししながら敗北してエロシーンを見ると良いよ」という感じ。

敗北エロはあるけれど、そのままゲームオーバーなのでこまめにセーブを。クリア後に回想部屋で全て鑑賞できるので、やたら敗北しないでもOK。

さほど敵の種類が多いわけでもないので、弱点を覚えるのは無問題。

ただしボス戦が難易度高く、ターンが進んでいくと攻撃が激化してくるので大ダメージ狙いで畳みかけていくが吉。

なかなかボスさんの「素早さ」が高いのもあって、ターンでどちらが先手を取れるかわからないので、念のために回復を優先すると余計にターンが経過して辛くなってきたり。道中の敵を殲滅したくらいのレベルで勝てるかと言えばそうでもないので、必要ならレベリング、または武器防具の購入(さっさとお店で売ってる一番良いのを買うべし)を。

ボス戦前に回復ポイントが設置されていたりはしないので、基本的にMP回復アイテムを買い込んで、ボス戦前に自分で回復を。回復ポイントは無いけれどアイテムの自販機があるのでそこで購入する形。

クリアまで4時間かからないくらい。

無題

敗北エロといえば、やっぱり異種姦巨根挿入!

感想・ぼやき

ボスに何度負けたか……

そしてMAP中のエンカウントも多めなので、妙に凝ったギミックを解く間に何度も戦闘を挟み、ちょいと面倒。おかげで最終ダンジョンの謎解きは苦行の一言。戦闘高速化とかあると良かったよ……マジで。

という感じでなかなか歯ごたえのある敗北エロRPG。絵柄が可愛かったので購入。立ち絵はロリロリしてるけれど、エロシーンでは等身が上がってリアルチックなボディに巨根をぶち込んでいったりするよ。

もう少し陵辱感があっても良かったかな~と思うけれど、きっと今作はエロゲーというよりも純RPGを意識して制作されたものと思う。丁寧な街MAPやダンジョン、難易度高めの戦闘など、本格的な短編RPGをサクッと楽しみたいというユーザー向けだし、そう思ってしまえば難易度調整は十分納得の出来。

母の墓参りを出発点に始まる人情味感じられるストーリーで、「淫魔化」の呪いを受けた主人公ちゃんがどんどんエロティックになっていく感じは薄め、純RPGに+αでエロシーンがある感じなんだわな。

それでも「母親の墓参りで大淫魔の封印が解ける→淫魔化の呪いをかけられる」というのは、なかなかエロティックな暗示構造で好き。

エロシーンの種類もシチュエーションもそれなりに揃っているし、陵辱、異種姦、触手、巨根挿入が好きな方にはオススメできるかと。

2

パイズリフェラとかもあるな。

まとめ

淫魔化した主人公ちゃんが一番可愛い

淫魔と封印のマギア