敏感っ子のクリトリスを強力吸引


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第6話 敏感っ子のクリトリスを強力吸引

 不快な感触はまるで糸鋸を引く時のような動作で、割れ目を擦っている。
 得体の知れない魔物の襲来にありさは狂ったように泣き叫んだ。
 だが誰も助けに来てくれない。

「ぎゃぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~・・・!!気持ち悪いよぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~!!」

 不快な感触は割れ目に沿って食込みを果たすと、ぴたりと動きを止めた。

「・・・・・・!?」

 不快な感触はその先端がクリトリスにまで及んでいる。

(ズリュッ・・・)

 クリトリスに付着した先端の内側から何やら吸盤のようなものが飛び出してきた。

「えっ・・・!?」

 吸盤は突然クリトリスの包皮を剥きあげ、剥き出しのクリトリスを強い力で吸い始めた。

「あっ!!そ、そこはだめ!!」

(キュ~~~~~~~~~~~~ッ!!)

「ひぇ~~~~~~!!いやいや!!やめてっ!!そ、そんなに吸っちゃダメッ!!いやっ~~~~~~~~~~~~!!!!!」

(キュ~~~~~~~~~~~~ッ!!)

 ありさの場合、クリトリスの性感は十分に発達しており、包皮を剥かなくても十分に感じることができた。
 以前彼氏とのエッチ時に、皮を剥かれて過敏になり過ぎ、彼氏を押しのけ逃げ惑ったことがあったほどだ。
 だけど今は逃げることが許されない。
 身体が拘束されていて身動きが取れないのだ。
 しかもかつて彼氏に吸引された時よりも数倍激しい。

 ありさは泣き叫んだ。
 快感も度を超えると、時には苦しみに変わることがある。
 不快な感触は加減というものを知らない。
 ただ機械的に責めてくるだけだ。
 機械的ではあるが、まるで女性のツボを心得ているかのように、敏感な箇所を徹底的に責めてくる。

 ありさは身体をぶるぶると震わせた。
 見方によればその姿は女性が恍惚時に見せる痙攣のようにも見える。

「あぁぁぁぁ~~~・・・そこはぁぁぁぁぁ~~~あぁ、だめなのぉぉぉぉぉ~~~~~~・・・ふわぁぁぁぁぁ~~~・・・はぁぁぁん~~~・・・」

 クリトリスを散々いたぶった物体は、同じ箇所を責めることに飽きたかのように、突然先端をクルクルと丸めて蛇の鎌首のような形状に姿を変えた。
 鎌首は標的を探すかのように数回亀裂をなぞったあと、膣口を見つけ出し、その卑猥な先端を挿し込もうともがいた。

「いやっ!!!!!いやぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~!!!!!」

 ありさの意志とは裏腹に、すでにびっしょりと濡れそぼった膣口が、怒張した鎌首を受け入れるには十分な態勢と言えた。

(ズブリ・・・!!)

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~!!!!!」

 標的を見つけ出した鎌首はすぐに活動を開始した。

(ズッチュ、ズッチュ、ズッチュ!ズッチュ、ズッチュ、ズッチュ!)

「ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~~~~!!!!!」

 おぞましい感触が繊細な肉襞をこすりつける。

(ズッチュ、ズッチュ、ズッチュ!ズッチュ、ズッチュ、ズッチュ!)

 それは男のそれよりも硬く、そして冷ややかだ。
 一口に言えば、『冷たい肉棒』と言ったところだろうか。
 冷たくはあるが、動きは実に素早くリズミカルだ。

(ズッチュ、ズッチュ、ズッチュ!ズッチュ、ズッチュ、ズッチュ!)

 得体の知れないものに犯される恐怖・・・そんな渦中にありながら、ありさの肉体の奥底からは、ゆっくりではあるが確実に奇妙な快感が滲み出ようとしていた。



第6話 敏感っ子のクリトリスを強力吸引 ここまで


第一話

  女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?

第二話

 公衆便所に監禁される女子大生

第三話

 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴

第四話

 女子大生が公衆トイレで監禁拘束

第五話

 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス

第六話

 敏感っ子のクリトリスを強力吸引

第七話

 強姦? レイプ? 公衆便所での不思議な一夜

最終話

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『 悪夢の公衆便所 』一覧に戻る