―― いろいろと準備 ――

翌日。

ごろごろ。むにゃむにゃ。

ん。およよー、朝かなー。

・・・。

白の浴衣姿の私は、ベットから腰を起こす。
しばらく、ぼーっとしていると、

「おはよう、萌子ちゃーん」

がらがらがら。茜さんは台車を持って部屋に入ってきた。

「昨日はぐっすり眠れた?」

「はぃ、ふぁーーぁ」

・・・くんくん。

おや、何だかいい匂いだ。

おいしそうなコーンスープのにおいが、部屋の中を満たしていく。

「朝食持ってきたんだけど・・・、ちょっと早かったかな?」

「あ、食べます食べますー」

私は、ぼーっとしながらも、朝食という言葉に釣られる。朝ご飯だ。わっほーい。

「なら、ご飯にしちゃおっか」

茜さんはそう言い、台車から朝食を取り出す。

コーンスープにいくつかのパン、それとサラダに、牛乳を
テーブルの上に置かれる。

スープのにおいが私の鼻に入り込んでくる。じゅるり。おいしそう。

「それじゃあ、召し上がれ」

配置を終えて、朝食の時間が始まる。

「食べながらでいいから、今日のスケジュールを聞いてね」

「もぐー」

萌子は、食べながら、はい、と意志表示をする。クロワッサンのパリパリとバターの組み合わせがおいしい。牛乳もいける。

「まず食事の後だけど、トイレを済ませてからこの部屋を出るわ。以降この部屋に戻ってくることはないから忘れ物に注意してね。その後は本格的な身体測定ね」

測定が終わったら、萌子ちゃん専用のお部屋の紹介ね。それが終わったらフリータイムよ。以降特に予定はないわ」

とりあえず、今日は身体測定だけなんだな。もぐもぐ。

「明日から萌子ちゃんのテスターのお仕事が始まるわよ~。それはもう、エッチで素敵な実験だから、楽しみにしてね」

うっ。この場合どう返答すればいいのだろうか。これに、素直に同意してしまったら、ただの痴女だろ・・・。

とりあえず、そのまま聞き流したような態度をとる。

「も・え・こ・ちゃんの、本・格・的な、エッチのお仕事よ~」

茜さんが顔を近づけて、わかりやすくもう1度述べる。重要なことなんですね、わかります。

・・・でも、やっぱりスルーする。答えてはいけない気がする。それに、私の顔が赤くなってしまっているのがわかる。

じ、実験だもんな・・・。エッチなことだもんな・・・。ど、どんなことをやらされてしまうのだろうか・・・。

「まー、もし不安だったら私に相談してね。色々と優しくしてあげるわよー。それに、内容の軽減することもできるから」

茜さんは、不安を和らげるように話してくれる。

「まぁ、軽減した場合は、その分謝礼も減らすけどね」

むぐっ! そ、それは言わないでいいですっ!

「だ、だいじょーぶです。できるだけがんばります。はずかしいけど・・・」

ようやく私の答えが定まり、目をそらしながらも、しっかりと答える。減給はイヤだからねぇ・・・。

「いい心がけね」

茜さんは私の答えに満足そうだ。

「あ、それと。これから出かける際に着替えはしなくていいわよ。今日はずっとその浴衣姿のままでいてね」

「えっ? あ。はーい」

身体検査らしいし、こっちの姿の方がいいのかな?

少し疑問に思いながらも、茜さんと軽く雑談をしながら、朝食を終える。

じゃーっ。

私はトイレから出る。手をきれいに洗う。

お腹スッキリ! おしりスッキリ! とっても快便だった。

いやー、何故か腸の調子がとてもよく、気分がイイ。ウキウキとした気分でトイレから出てきた。

「トイレは済ませた?」

茜さんは、朝食のお皿を片づけた後、股この部屋に戻ってきていた。

「はい!」

「あら、元気がいいわね」

「なんだか、お腹がとってもすっきりで、不思議といい気分なんです」

「そう、それはよかったわ。移動の準備もできたかしら?」

「はい、バッチリです! いつでも行けまーす!」

なんか私、妙にノリノリである。

「それじゃ、私についてきてね」

「はーい」

私は着ていた私服とバッグを持って、茜さんと一緒に部屋を出る。

・・・。

てくてくてく・・・。

まっすぐな廊下が続く。

途中、床式エスカレーターに定期的に乗りかえて、どんどん前に進む。

やがて、一つの大きな扉の前に着く。

茜さんが、扉の隣にある暗証番号を入れる機械に、パスワードを入力する。

「いい、萌子ちゃん。ここからがうちの施設よ。萌子ちゃんがこれから住む所でもあるわね」

・・・あれ? いままでの所は、違ったの?

ぴっ。

ロックが解除され、扉がゆっくり開かれる。

扉の向こうの、世界が見える。

・・・そこには、本当の、快楽機関研究所の姿があった。

うわぁーーー。すげーーーっ!

ここは広場だろうか? 最初の受付は仮のものだったんだな。と考えを改める。

室内はとても広く、色々なお店がある。コンビニ、洋服屋、エッチな道具売場にお土産屋まで。

女性がたくさんいる。私と同じ白の浴衣姿の人もいれば、私服姿の人もいる。

他にも、白衣の男性や女性、それにメイドさんや執事が歩いている。

そして、施設で働いていると思われる女性は、私と同じ装備をしている。首輪、腕輪、そして、カチューシャだ。

「どう、すごいでしょ?」

「はい、すごいです・・・」

私は素直に感動する。

「萌子ちゃんも、今日からここのメンバーの一員になるのよ」

はーっ・・・。私もこの施設の一員。エッチな子の一員・・・。

「さ、こっちについて来て」

ほへーっ・・・。はっ!!

あ、あわわわ。置いて行かれるとまずい。地図構成がさっぱりわからない。しっかりついていかなきゃ!

茜さんにあわてて付いていく。私たちはその大きな広場から外れて、廊下の方に移動する。

廊下をいくつか曲がった後、私たちは個別の部屋に移動する。

この部屋には、身長測定器、体重測定器、ベッドに診療台等色々な測定器具が置かれていた。メディカルって言葉が合うかもしれない。そんな部屋だ。

まるで、高校の保健室をこれでもか! ってぐらいに拡大した感じ。よく見れば、血圧測定器、視力測定器、などなど、ありとあらゆる体の測定気がそろってる。

この部屋があれば、体の測定には何も困らないだろうなぁと思う。

「萌子ちゃん。ここで身体測定するわよー。まずは裸になってね」

そう茜さんに言われた瞬間、私はピシっと一瞬硬直する。

・・・はだか。そう、はだか・・・ですか。
すべすべ、するする、すっぽんぽんの、装備なし状態ですか。

・・・自分の顔が少し赤くなる。

恥ずかしくなった顔で、そーっと茜さんの方をちらっと見る。

茜さんは明らかに、初々しくて可愛いなー、すごく食べちゃいたいなー的な視線をこっちに送ってる。うーん。この人、肉食系なのかも・・・。

しかし・・・いくら前にいる人が女性だからって、裸はちょっと恥ずかしいな―・・・。

私は汗を垂らしつつも、笑顔で茜さんを見る。ダメ?

茜さんもニッコリと微笑みながら、手を横に振る。
あ、ダメだこれ。

・・・。

ということで、荷物を端に置いた後、いやいやながらも浴衣を脱ぐことにした。

ゆっくりゆっくり、そーっと、そーっと・・・。

「ほーら、さっさと脱ぎなさーい!」

私のゆっくりした態度に痺れを切らしたのか、茜さんは少し怒り気味の笑顔で、私の浴衣をはぎ取ってしまう。もぎゃーっ!!

私の白色のシンプルな下着がその場に露呈する。

し、下着ならまだセーフだ。これを女性に見られてもだいじょーぶ。

「あらっ? 浴衣の下にパンツを履いていたの?」

・・・えっ? 普通は付けないの?

自分の常識が間違っているのかな? と、首を傾げて考える。

「隙あり!」

茜さんは楽しそうにしながら私の腰をガッチリと抑えると、私のお股を守っている温かくて大切な布をスッと下におろす。

いやぁぁぁあああっ!! この人、いきなりなにするのぉぉぉお!! へ・・・へんたーいっ!!

私の大切なところが一瞬見えてしまう。やばばっ! か、隠さないと!

とっさに右手の甲で、大切なところをささっと隠す。

「うううーー・・・っ!」

なんてことするんだーっ! と言う目で、プルプルと震えながら茜さんをにらむ。

「ブラジャーも外しておいてね。測定は裸体の状態で行うから」

「そう言われましてもぉ・・・!」

「何なら、萌子ちゃんのパンツと同じように、私が脱がしてあげようか?」

「じ、自分で出来ます・・・っ!」

私はお尻を後ろに下げてお股を内股で隠しながら、ブラジャーのフックを外して裸の状態になる。

ぽよんと弾力あるおっぱいが軽く跳ねる。

「おーっ! いい体してるわねー。すごく綺麗よー」

「そ、そんなにじろじろみないでくださぁい・・・」

乳首とアソコを手で隠しながらもじもじする。女性の前とはいえ、全裸になるのは少し恥ずかしい。

「さ、萌子ちゃんのデータをすみからすみまでとりつくしちゃうわよー」

茜さんは、昨日使っていた計測器を取り出すと、楽しそうに私の体を調べる・・・。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る