全裸美少女がベッドの上で羞恥オナニー


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第5話 全裸美少女がベッドの上で羞恥オナニー


 ○男女の仲をつなぐM字オナニー

自分で全裸になるのは、お風呂に入る時だけ。
肌と肌を重ね合わせて、お互いの身体をひとつにさせるセックスの時は、吾朗が優しく脱がせてくれた。
仰向けに寝そべる彼女から、ブラジャーもパンティーも。
不器用そうな指先をぎこちなく動かして。

「涼花、ベッドに上がって」

「う、うん……わかった……」

吾朗は床に敷いた原稿用紙から目を離した。
固く握りしめていた2Bの鉛筆も放り出すように手放すと、俯かせていた上半身を引き起こしていた。

涼花は生まれたままの素裸なのに、吾朗は普段着のTシャツとチノパンのままである。
その涼花は指定されたベッドの上で横座りのまま、胸を両手で抱いているのに、吾朗はどっかと胡坐座りをすると、両腕を持ち上げて大きな欠伸をした。

「りょうかのストリップシーンだけで、原稿用紙5枚かぁ。ちょっと詳しく書きすぎたかな……はははっ」

ブラウスにジーンズ。
それにブラジャーとパンティー。
ひと固まりにして雑に積み上げたモノに、涼花は目を落としていた。
妙に軽くて乾いた吾朗の笑い声を聞きながら、2000字に詰められたこれまでの行為を思い返していた。

「それじゃ、次はオナニーっていうことで」

少し現実逃避していたのかもしれない。

「涼花、オナニーだよ……そこで自分を慰めて見せてよ」

だからだろう。
涼花は恋人の要求を、他人事のように聞いていた。
赤らめた顔に焦点のぼやけた瞳で、ただ口の端をニヤけさせた吾朗を見つめていた。

オナニー……自分で慰める……
誰が……?
自分の指で……涼花自身が……

とても分かりやすい日本語なのに、理解するのには暫くの時間を要していた。

「う、嘘でしょ……吾朗ちゃん?」

そして涼花の口から飛び出したのは、乙女として当たり前な反応。

「僕の作る官能小説には、女の子のオナニーが必修なんだよ。このシーンを描かないことには、僕と涼花の関係も前には進めない。そう思うんだ」

吾朗の口元から、いやらしいニヤケが消えた。
両眼が真顔で見据えて、無理強いすぎるこじつけを持ち出してくる。

「そんなぁ、オナニーなんて……恥ずかしいのよ、とっても……」

「だから必要なんだよ。涼花が恥じらいながら悶える姿が、この小説に絶妙なスパイスを加えることになるんだ」

涼花が恨めしそうに吾朗を睨んだ。
けれども吾朗は素知らぬ表情である。
真顔な瞳に、似合いもしない目力まで湛えさせて、取って付けたような表現まで持ち出すと、涼花の戸惑いを一気に瓦解へと進ませる。

「卑怯だよ、吾朗ちゃん。言ってる意味もメチャクチャ勝手だけど……でも、だけどね……う、う~ん、仕方ないから見せてあげる。そ、そのね、涼花が独りエッチしているところ……」

そして3分後、涼花が折れた。
何度も何度も諦め色をした溜息を吐いてみせ、あどけなさを残した顔付きのまま20才の女体を、大人の女の兆しを見せる胸元と下半身を交互にも見つめ続けて、最後にはハニカムように笑った。

「サンキュー、涼花」

「吾朗ちゃん。やめてよ、そんな……」

オナニーを決意して感謝がられても、何も嬉しくはない。
しかし何であろう?
腹の底から胸の中に沸く高揚感は?

涼花はお尻をズルズルと滑らせて、背中を壁に預けた。
ベッドシーツに乱れたシワを幾筋も刻ませながら、それも構わずに横座りの両足を崩した。

ヒザ関節を折り曲げる。
二つに畳んだ両足を、ぐっと引き寄せていく。

「『りょうかは男が見ているまで股を開いた。いわゆるM字開脚をしてみせると、左の手のひらを胸のふくらみに乗せた。そして右の手のひらを拡げられた股間へと運び……』それからっと……」

チュク、チュク……にちゅ……

「ふぅっ……どうして……?」

サーモンピンクな恥肉は、既に濡れていた。
吾朗の目からはガードするように、指を伸ばして押し当てた処からは、ヌルっとした愛液が潤み出していた。

乙女心は、決して望まなかった脱衣ショーだったのに?
それとも素肌の全てをはだけさせて、尚も、人目に晒してはならない自慰までを決意して?

「んんふぅっ……はあぁぁっっ……」

唇が薄く開いていた。
左手の指が無意識に乳房を揉み込んで、熱い刺激が喉を震わせている。

「嫌ぁ、恥ずかしい……でもぉ……」

吾朗の眼光が、一直線に涼花の股間を貫いていた。
まるで西洋絵画の木の葉のように、秘処を隠す役目に徹する手のひら。
その伸ばされて伸び切った指先に、淫らな魔法を施していく。
オナニーという羞恥と快感を両立させる行為へと、5本の指を誘っていく。

「ゴク、ゴクン……『りょうかの白魚そのままの指先が、紅い亀裂に這わされた。ぷっくりと膨らんだビーナスの丘に、小指と親指を残し、人差し指と薬指が陰唇の扉を拡げる。先兵を任された中指がその中心に深く沈み込み、複雑に絡み合う恥肉の層を掻き乱していく』」

「あぁっ、はうぅっ……疼いちゃうぅ、涼花の大切な処なのにぃ……指でこすっただけでぇ、あはあぁぁ……」

涼花は喘いでいた。
女の本能で、盛んに指を動かしていた。
くすんで色褪せた壁紙に背中を押し付けて、モゾモゾとさせて、きつく引き寄せていたM字の両足が、だらしなく崩れていって。

写実的な吾朗の描写が、鼓膜の中から脳の中心に沁み込んでくる。
意識したことのない淫らな指の蠢きに、背筋がゾクゾクとして、切ない快感が全身の筋肉を弛緩させる。

シュル、シュル……スゥーッ……

「んふぁ、なんでぇ……どうして、吾朗ちゃんまでぇ……?!」



 第5話 全裸美少女がベッドの上で羞恥オナニー ここまで


続きが待ちきれないなら作者様HPで!

羞恥の風

『ツレがスケベ小説に染まりまして……』一覧に戻る