機械姦で潮吹きアクメ調教! 2


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――機械姦で潮吹きアクメ調教! 2――

◇ 機械姦で潮吹きアクメ調教! 2

「はぁ、っ、あっ・・・んっ、はぁ~~っ・・・はぁ~~っ・・・」

潮吹きよかったよぉおぉ~~~、はわわぁあぁ~~~・・・。

果物がたっぷり含まれた世界にいる気分だ。・・・どれも、これも、甘くておいしくてっ、ふ~わふわぁあ~~~・・・。

「はーーっ、はぁーーっ、・・・ふにゃぁあぁ~~~」

びりっ・・・! じわわわわわわっっ!

「にゃひっっ!? ・・・いっ・・・あっ・・・あっ・・・!!」

絶頂が終わった後、全身に取り付けられている低周波治療器具から、微弱な電流が発生する。・・・気持ちいい刺激が、お肌の奥に浸透してくる。

びっ、びっ、びっ、びっ、びっ、びっっ。

「あっ、いやっ、いやっっ、でんき、あっっ、いやぁ~~~んっっ!!」

本来、絶頂後に一旦抜けるはずの快感が・・・抜けない。・・・全身の性感帯をびりびりと優しく刺激されることで、乳首とクリトリスと膣内に与えられた快感が、体内にじゅわぁ~~と拡散して循環する。

じりじり~、じりじり~、じりじりじりぃ~。

「はっっ・・・あっ・・・!! あっっ!! うあっっ・・・!! ひゃめっっ!! あっっ、あっっっ、でんっきっっ、あ~~~~~~っっ!!」

悶える体。しびれるボディ。・・・目が変な方を向いて、戻ってこれなくなるぐらいに・・・気持ちがいい。・・・こんな気持ちいい状態で、他の部位を責められちゃったら・・・っ、

ぐりゅりゅりゅぅ~~~っ! う”~~~っ! ウ”~~~っ! うにゅんうにゅんうにゅんうにゅんっ!!

「いひゃぁあああ~~~~っっ!! いあっっ、だめひゃっっ!! しゅご、しゅごごっっ、おひょおおおおぉおおぉお~~~~~~っっっ!!!」

耐えられるわけがない。・・・全身快楽通電中に、乳首責めと、クリ責めと、ローター責めと、下腹部のマッサージ。・・・おかしくなってしまうぐらいに快感だ。・・・あまりにもイイ気分になってしまい、体が思うように動かせなくなる。

う”ぅーーーーーーーーっっ!!

「あ”~~~う”ぁ”~~~~っっ!!!」

愛液もどっろどろの、どろどろに漏れ出てくる。・・・お股が、それはもう・・・素晴らしい状態になっており、淫らなエキスは止まることを知らない。

・・・甘い雌のにおいを、ね~っとりと漂わせながら・・・私が淫乱であることを証明するかのように、垂れ流される・・・。

ウィン。ウィーーーーン。じゅぽぉっっ!

「ひゃ”っっ!? なになにっっ!? ええっっ!!? ・・・う”・・・うぞぉっっ・・・まだぁ、入れるのおぉおおぉ~~~!!?」

ローター挿入用のマジックハンドが、愛液の滝を封鎖するかのような形で、ローターをさらに突っ込んでくる。

じゅぽぉっ! じゅぽぽぉっ! じゅぽぽぉ~~っ!

う”ぅ”う”う”ぅ”う”ぅ”~~~~~っっ!!!

「~~~~っっ!!! ~~~~~っっ!!! ~~~~~~~っっっ!!!」

即アクメ。・・・体がゆがむ。心がねじれる。

・・・お股の中はローターがい~っぱい。みんな違う振動周期で、体内性感を刺激してくる。・・・私の膣内をボコボコのぐっちょぐちょにしながら・・・。

う”ぅ”うぅぅ”ぅぅ”~~~~、コツコツコツコツコツ。

「ひゃにぇええ”えぇ”ええ”ぇぇ”え”え~~~~~~~っっっ!!!」

Gスポット全体を、強い快感で包み込む振動と・・・ポルチオ性感の奥深くまで、快楽で染めあげる振動が・・・私の淫乱な下半身を、執拗にもてあそぶ。

体内が震える。下半身が震え続ける。

「あ”っ、え”ぇぁ”っっ・・・ひにゅ、ひにゅっっ、はっっ・・・ひぇ? あひぇえ? にゃひぇええぇえ~~~~? ・・・ん”・・・っっ”・・・あ”・・・っっ!! い、い、い”っっ、いあ”ーーーーーーーっっ!!!」

びくっっ・・・! ぷるぷるぷるぷるぅ~~~っっ・・・!

ぼぼばじゃあ”ぁあ”ぁ”ああ”あぁ”あ”あーーーーーーーーーーーっっっ!!!!

今度は、豪快に潮を吹く。

「や”ーーーーーーーーっっ!!! ・・・・・へっっっ!!!」

・・・そのまま絶頂。ほにゃあぁああ~~~~。

「にぇ・・・え”・・・え”へっ・・・え”へへぇえ~~~っ・・・」

ぴくぴく、ぴくぴく。

頭部から足のつま先まで、エッチなけいれんを行ってしまう。

「は・・・あ・・・ひ・・・にゃ・・・ぁぁ・・・」

潮を漏らした後のお股は、尋常じゃないぐらいに気持ちがいい。・・・顔が火照り、吐息が甘く・・・全身から汗が垂れて、割れ目から汁がとぉ~ろとろぉ~。

・・・まさに、交尾中の淫乱なメスそのものだ。

いやらしくて、エロエロで、あへあへで、びくんびくん。

私は拘束されたまま、そうなってしまっている・・・。

ぅ”ぅうぅぅ~~~~!! う”ぃ~~~~~んっっ!!
 ぐりゅん、ぐりゅん、ぐりゅん、ぐりゅん、ぐりゅんっっ!!

「はぁあ”ああ”ぁああ”ああ”~~~~~っっ!!!」

ぶるぶるぶるぶるぶるぅっっ!! 上肢、下肢、腰・・・それにおっぱいが、喜びの宴をあげる。

びり、びり、びり、びり、びり、びりっっ。

「いぁああ、ぁっっ・・・ら、へ、ったああぅぁあ・・・、あっ、へ、あっっ、りゃ、め、めぇえ、び、びりびりぃ~~~・・・、あ・・・りゃへえぇえ~~~~っ」

低周波治療器具が全身に追撃をかける。乳首とお股の中で生まれたどろっどろの快感を、快楽通電で全身の神経に伝える。

びび、びび、びび、びび、びびっっ!

「あ”~~~~~っっ!!!」

びちゃびちゃびちゃびちゃびちゃぁ~~~。

漏らすとか漏らさないとか・・・そういう範囲を越えて、潮が勝手に漏れていた。

えひいぃいぃ~~~~~っっ!!!

すごく大きな快楽の波が来る。・・・何かを抱きしめて、それを耐えしのごうという本能的な行動が生じるが・・・拘束ベルトがそれを徹底して阻止する。

ガチン、ガチン、ガチガチガチっンっ!

「い”あ”~~~~っっ!! い”あ”ぁ”~~~~~っっ!!!」

ぜんっぜん耐えられない。・・・乳首とクリトリスと、膣内と全身の同時責め。・・・摩擦、振動、振動、通電っ!

お股を押さえ込まないと、私、おかしくなっひゃう。・・・でも、動けない。・・・動けないどころか、快楽通電がお股の快感を全身にコピーして・・・、

う”~~~~~っっ!!

うわぁああぁあぁあだめだめだめだめだめだぁああぁああまええぇええぇええ~~~~~~~~~っっっ!!!

ーーーどくんっっ!!

あっっっ・・・・・・・・。

美味しい蜜が脳に染み渡り・・・体の全ての認知能力を失ってしまう。

目が見えなくなって、耳がお休みして、口が開いたままになって、鼻が仕事を忘れて・・・、

ぶばっっっっ!!!

潮をもう一度吹いた後・・・私は、大変素晴らしいオーガズムに達した。

その後も、機械姦は続く・・・。

「お”お”ぉお”おぉ”おぉ”お”お~~~~~っっ!!!」

快楽責めを受け続ける。・・・淫乱なメスの嬌声(きょうせい)が・・・部屋中に響きわたる。

ウィンウィヌ。うにゅうにゅうにゅうにゅ。

・・・気持ちよすぎて、自分というものが判断できない。

機械は動き続ける。・・・私がどんなに暴れても、どんなに絶頂しても、どんなに泣いて叫んでも、それを聞き入れることなく・・・冷徹に、冷徹に、プログラムされたことをきっちりとこなす。

ぃ”ぃ”う”ぅ”ぃ”ぃ”うぅ”~~~~~っっ!! びりん、びりん、びりん、びりん。

「はぐぅううぅぅ~~~~っっ!! ・・・らへぇえ、え、もぉ、お、おぉぉ・・・わたひぃい~~いぃ~~、・・・あ、おあっ・・・ひ、ひ・・・ひもひよひゅひへぇえ~~~、ら、らひ、ら・・・らひぇぇ~~~えぇ~~~・・・」

私の拘束がはずれることは絶対にない。・・・それぐらいに、きっちり固定されている。

私の心が折れるまで、いつまでも、いつまでも快楽絶頂させてくる・・・。機械の時間は半永久。女性が肉体的に・・・精神的に・・・屈服するまで、責めるのを止めない。

・・・人間はいずれ快楽に屈するように出来ているため、私の快楽落ちは絶対だ。・・・おかしくなっちゃうその時まで、ずっと、ずっと、快楽調教され続ける・・・。

・・・私は・・・潮を漏らし続ける・・・いやらしい女体・・・。

「あっ・・・あっ・・・あっ・・・あっ・・・あっ・・・」

どこをみているのかもよくわからない。なにをしゃべっているのかもサッパリ・・・。

へ・・・・・・・・は・・・・・・・・。

どこかでもう一度、潮を垂れ流す。

その後は・・・おまたとおっぱいが・・・幸せすぎて・・・思考能力が完全に・・・フリーズした・・・。

【今作に限っては本家で挿絵有り!絶対に見ておくべし!】



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る