お豆とGスポットを同時に刺激! 2


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――お豆とGスポットを同時に刺激! 2――

う”うぅぅうぅ~~~~~。

「あ”・・・・・・あ”・・・っっ、ひゃあ”・・・っ!」

指サック型のバイブによるGスポットへの振動ぜめは続く。・・・両足をぬるりぬるりと曲がるように動かしながら、お股を小刻みに震わせて、私はとっても愉快な気分になっていた。

「今日はちょっと潮を漏らす量が少ないわね。・・・ほらほら~、いいのよぉ~。じゃんじゃん漏らしちゃって~。

・・・萌子ちゃんはいやらしいメス猫なんだから、こうされることでいっぱい潮を漏らすのは、当然なんだからね~」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅっっ。う”うぅ”うぅ”うぅ”・・・。

「ん”ぁああ”ああ~~~あぁ”ああ”ああ”っっ、あ”~~あ”あ~~あ”あ~~~~~~~っっっ!!!」

ぶばぁあっっ!!

「ーーーーーーーーっっっ!!!」

「そうそう、その調子~っ!」

振動する指サックで、Gスポットをぐりぐりと押される。とても耐えられるようなものではないぐらいの気持ちよさが、私のお股を継続して襲いかかる。

「ふぃ・・・あ・・はぁ、あ・・・・・あ~~~っっ・・・」

ちょろりっ!

・・・そんなことをされたもんだから、潮が勢いよく吹き出る。ついでに絶頂もする。

気持ちいいのぉ~~~っ!! 脚が勝手にくねっちゃうぐらいに、お股がイイ感じなのおぉぉ~~~っ!!

「さぁて、膣内がバイブの刺激で気持ちよくなったみたいだし~、今度はカチカチに勃起している生クリトリスを~、いじめてあげるっ・・・!」

はむちゅっっ!!

「ーーーん”お”あ”っっ!」

再度、私のクリトリスが茜さんの口の中で拘束される。・・・ぬっとりと絡まる唾液が、甘美たるしびれをもたらす。

ちゅるちゅるぺろぺろちゅぱちゅぱれろれろ~。

「ひいぃいいぃぃぃぃぃっっっ!! むりっ! むりっっ!! む~~~りぃいいぃぃぃっっ!!」

ぐぐーーーっっ! うぃ”~~~~っっ!! ぐっぐっぐっぐ~~~っっ!! うぃ”っ、うぃ”っ、うぃ”っ、うぃ”っ~~~。

クリトリスを舐められながら、Gスポットを振動する性具で刺激される。

「あ”ぁああぁああ”ぁあ”ーーーーーーーーーーっっっ!!!」

・・・大量のハートをまき散らして、またまた絶頂してしまう。

・・・し、幸せすぎてぇ、もぉ~~だめだぁ~~~っ! おかしくなっちゃううぅ~~~~。すごいよぉおおぉ~~~~っっ!

「んひゅひゅ~。しゅうひょ、ひゃはにしゅほいはひょぉ~~~」

ん”ち”ゅゅ”うぅぅううぅぅーーーーーーっっ!!

「ーーーーっっっ!!! っっひぎゅうううぅうぅうぅっっ!! あっは、あっははっっ、えひぇ、あ、ら、だ、め、っっ、お”まめをぉ、す”っちゃあぁ、あ”っっ、あ”っっ・・・! だぁあぁぁめなぁぁあぁのでしゅうううぅーーーーーーっっっ!!」

ぐちぐち、う”う”う”う”、ぐちぐち、う”う”う”う”。

「にょ”っっ!!? にょへええぇえ~~~ぇええぇ~~~~」

びちゃぁあぁ~~~・・・。

びくびくしているGスポットをグ~リグリ~。絶頂しながら搾潮される。

お豆から体内に伝わるしびれと、膣内の手前側を圧迫される快感が混ざると、もーーっ、とろっとろのっ、はっぴーどり~むっっ!!

「ん”あ”~~~~っっ、あ”~~~~~~~っっ」

愛らしい声を漏らしながら、背中にあるお布団にべしべしと体を当てて快楽を貪る。おいしい。たまらなぁ~~~いっっ!! は・・・はにゃあぁああぁ~~~。

ちゅるんっ! ちゅーーーっっ!! ぺろぺろぺろぺろぺろっ!!

「う”・・・お”、お”、お”・・・あ”・・・っ、あ”、か、ね、ひゃんっ・・・!!」

こんのメイドのクンニリングスは、マジでだめになる。・・・絶頂して敏感になったクリトリスを、ちゅーーっと吸いながら裏筋ペロペロ、亀頭をにゅるにゅるっ。

「あ”・・・あ”ひぇ、お”あ”・・・ま、ま”めっ、しゅごい、しゅごいんだってひぁ? ・・・あ~~~っ?」

何か喋っていたはず何だけど・・・頭に快楽のお花がポンっと咲いたら、よくわからなくなった。

びばぁああっっ!

・・・何度潮を吹かされれば気が済むのだろうかあぁあぁ~~~。・・・え”・・・え”ひゃ・・・っ。

「にゃぁあぁぁぁ~~~~~~ん」

私は、とろんとろんの発情笑顔で、びくびく震えながら・・・筋肉を硬直させて、お股で独特のけいれんを起こす。

自分の体内でおいし~いとろみを感じながら・・・、素敵な満足感を迎え入れる・・・。

ぐちぐちぐちっ、う゛ぅう゛ぅぅう~・・・。

「へ・・・はひゃっ・・・は、はひぃ・・・っ」

ぷしっ、ぷしぃっ・・・。

吸引しながらのクンニリングスで、とろあへ状態にされた後・・・Gスポットを優しく押されて、潮をさらに放出させられる。

「あ”ああ”あ”ああ”・・・」

背中をそり曲げたまま、布団をわしづかみして絶頂を繰り返す。・・・涙を浮かべて、ふにゃふにゃ口になっているけど、私はとっても幸せ。・・・潮吹きで漏らすことが、なによりも快感だぁぁあ~~ぁあ~~~ぁあ~~~。

「敷いておいたタオルも、びしょびしょになっちゃったわね~。・・・萌子ちゃん、まともじゃないぐらいの量の潮を、体内で生成できるからねぇ・・・」

「ひ”・・・ひぇ、は、あ”・・・ん・・・あ”っ・・・」

「腰も楽しく躍らせちゃって~。・・・こうやってぇ、搾潮されちゃうのがたまらないんでしょう? うふふふふ・・・」

くちくちくちくちっ・・・ぶびびびびびびびび・・・。

「ああっはぁあぁああ~~~~~んっっ!!!」

ぶばぁあっっ!

「ああ・・・・ひゃああぁぁ・・・ひゃぁあぁあぁぁ・・・」

潮を吹いて、絶頂しながら身悶える。・・・自分の膣内の手前側が、よじれてしまっているような感覚・・・狂っちゃうぐらいにイイ・・・。

「ぬふふふふ。ここらでクリトリス刺激用回転柔らかブラシを使いましょうか~」

「へにゃぁあぁ~~~?」

あ・・・だめだ・・・何かを見ることができない・・・しあわしぇぇ・・・。

ぐっ。もしゃぁっっ!

「ーーーーーひ”ょっっっ!!?」

自分のお豆にイイモノが被さる。

しゅわしゅわもしょもしょしゅわしゅわもしょしょ~。

「い”っっっあ”ーーーーーーーーーっっっ!!! むりむりだめだめひょわひょわむにょおおえええぇええあああ~~~~~っっっ!!」

イイモノが回転する。ピクピクでひくひくな感度の良いクリトリスにすごいことをされて、全身に快楽電流が送り込まれる。

ぎゅるんぎゅるんぎゅるぎゅるぎゅるぎゅるっ。

「だあぁああぁあぁっっっ! ひぎゅ、はぁ、はぁ、はぁ、あ、あ、あ、あ”っっ!!! あ”え”ほ”え”あ”~~~~~~~~っっっ!!!」

しびれる。しびれる。い~ぱいしびれる。・・・逃げられない。止まらない。耐えられない。・・・あ、飛んじゃう。こ、これ、され続けたら、わたひ、あ、あ、と、飛んじゃうううぅ”うう”ぅーーーーっっっ!!

ぶしいぃいぃっっ!

「・・・・・・・あ”・・・・っっ・・・ひゃばばっ・・・っ・・・」

「う~ん。あれだけ絶頂しておきながら、クリトリスの神経があまり敏感にならないのもすごいわよね~。・・・敏感なお豆ちゃんにこんな刺激的なことをされても、すっごく気持ちよ~く感じちゃうんだからねぇ。並外れたいやらしさを持っているわよ。萌子ちゃんの肉体は。

・・・んふふ。いやらしー体へのご褒美としてぇ、最後はクリトリスへの回転ブラシ攻撃と、Gスポットの振動バイブ攻撃でおかしくしてあげる~っ!」

もしょもしょもしょもしょ。ぐちぐちう゛ぃう゛ぃ~~~。

「あ”ーーーーーーーーーっっ!!」

クリトリスの付け根の奥にあるお肉を、前と後ろから執拗に責められる。意識がゆがんでしまうほどに気持ちがいい。

ぐちぐち、ぶぃんぶぃん、もしょもしょしょりしょり。

「っはっっひょお”お”おおお”お”お”お~~~お”お”お~~~ぉ”お”お”お~~~お”ぉ”おおぉおおぉお”おお”~~~~~っっっ」

・・・蓄えすぎたお股のしびれが、ちゅぼーんっと爆発する。

「ーーーーーお”っっっっ!!!」

びちゃびちゃびちゃっっ!!

潮吹き絶頂でフィニッシュっっ!! けた違いの快感の風によって、私の自我は吹き飛ばされた・・・。

それから、数分後。

「あひぇ・・・あひぇ・・・っ」

自分が変態顔のままピクピクと震えていたことに気がつく。・・・体はよがれて脚はくねくね。・・・あ~~んっ。わんだふるうぅうぅ~~~っ!

「ねぇねぇ、今度さ。萌子ちゃんのクリトリス性感をさらにレベルアップさせていいかしら~?」

・・・いつのまにか私の隣で寝っころがって、私の髪を優しくとかしていた茜さんが・・・耳元でぼそっとつぶやく。

「へぁああ・・・い、いいでしゅよぉ~~~。・・・わたひ、あかねひゃんに飼われてるぅいやらしいペットでしゅからぁあ~~~。は、はひ・・・す、好きに調教しちゃってぇ~いいんですうぅぅうぅ~~~・・・」

「あら、嬉しいこといってくれるじゃないの! 言葉ではっきりと表せるぐらいに成長したのね~っ! イイ子イイ子~~~」

なでなでなでなで~~~。

「・・・はにゃああぁぁぁ~~~」

大好きなメイドさんに頭をなでられて、重度の恍惚状態におちいる。・・・今の私は、性開発調教をされて、も~っとエッチなメスにされてしまうことに、大きな喜びを感じてしまっていた・・・。

えっ、えへへへへぇ~~~えぇ~~~・・・。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る