クリトリスを電気責め! 2


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―――クリトリスを電気責め! 2――

◇ クリトリスを電気責め! 2

赤と青の電極ケーブルが、私のクリトリスを取り囲んでいる器具に、電流をたっぷりと送る。

びび、びび、びび、びび、びびっ!

「ああぅ、ああうっ! あぁぅーーーっ! ・・・いやぁああ~~~んっっ!!」

がくがくっ、がくがくっ、がくがくっ!

揺れる太股・・・。お願いだから、と、閉じないで・・・っ。

「んっ! あっ! はっ! あっ! あっ! はぁーーーーっっ!!」

ああぁあぁっっ!! クリトリスが気持ちよくて、クリトリスがしびれて、クリトリスが気持ちよくてぇええぇ~~~っ!! だめなのおぉおぉ~~~っ!!

いひゃーーーーーーっっっ!!

青い綺麗な海が視界にちらつく。・・・その瞬間、私は理性を放棄して、頭の中がぐにゃぐにゃになる気持ちいい~~~絶頂を起こす。

・・・理性を放棄してしまったので・・・脚を止める目的も消失する。

がばっっ・・・。

本能に任せて、脚を閉じて・・・しまう・・・。

ずびびびびびびびびびーーーーーーーッッッ!!!

「きゃああぁああぁあぁああああーーーーーーーーーーっっっ!!!!」

ーーーその瞬間、1秒たりとも耐えることができない、もの凄い刺激を、クリトリス全体に強制注入される。

あ”あ”ああ”ぁ”あ”ぁあ”ぁあ”ああ”あ!!!

おまめが痛気持ちいひぎぃいぃいぃっっ!!

頭の中に白い電気がバチバチッと走り続けて、お股にきゅううぅうぅーーーーーーんっっとする、すごく辛い感覚が襲いかかる。

太股は猛烈な勢いで震えだし、体内では、おしっこをぎゅるりと搾り取られた気がした。

・・・強制失禁。

お仕置きのクリトリス通電が終わった後・・・透明なおしっこが、アソコの上からびちゃびちゃびちゃぁ~~~っと漏れ出す。

「あ”・・・・・あ”・・・・・あ”・・・・っっ」

クリトリスの通電の余韻が、私の心をさらに悩ませる。

「・・・う”・・・・・あ”・・・・・あ”・・・・っ」

私は、涙をどっぷりともらして・・・変な方向を見ながら、ビクビクしている・・・。

「はぁ、・・・はぁ、・・・はぁ・・・」

止まっていた呼吸が元に戻ってきた時、太股の位置が再度奥まで押し寄せられていたことに気がつく・・・。

じびびびびびびび・・・。

「あっっ・・・あ”っっっ・・・!! へっ、うっ、あっっ・・・んああっっ!!」

再び、クリトリスに通電が行われる。・・・お股を気持ちよ~くする素敵な通電・・・。

ぱかっ・・・。

脚を押さえているアームマシンが、下に降りる。・・・私の太股は、自由になり・・・っ、

ぞぞぞぞぞぞっっっ・・・!!

背筋に凄まじい悪寒が流れ込み・・・何が何でも脚を閉じないようにさせる。

・・・い、いやだ・・・っ! クリトリスを激しく通電させられちゃうの・・・絶対に・・・いやぁあぁあっっ!!
 あの、お股をツーーーーーーンとするような痛みとしびれは、もう2度と味わいたくないよおぉおぉっっ!!

「どーお? 強制開脚学習機の効果、かなり強力でしょ~」

私の頭をなでなでしながら・・・優しく語る鬼メイド・・・。

「これで数日間調教されるとね、クリトリスを刺激された女性は、自分から勝手にM字開脚を行うようになっちゃうのよ~。

しかも、エッチな気分である時は、そのまま、おま○こを見せた状態にしちゃうのっ! 視姦とかされて、どんなに恥ずかしい思いをしていても、体は頑なに股開きをしちゃって~・・・メスに、素敵な恥辱を与えることができるわ~。

あ、・・・でも、テスターの萌子ちゃんへの使用は、数十分だけだから大丈夫よ~。・・・翌日だけ、脚が閉じれなくなるぐらいで済むんじゃないかしらー」

「いっっ・・・いやあぁあぁあ~~~・・・」

ぐにゃった笑顔を作りながら、身震いを起こす。

・・・自分、ひどいことされる・・・。なのに、この、通常モードのクリトリス通電が、すっごく気持ちよくて・・・ああ・・・ああぁああぁあっっ・・・!

「はぁ、あっ・・・い・・・くぅあっっ・・・あっっっ!!」

電極ケーブルから持続して伝わる電流・・・敏感なクリトリスが、しびれてしびれてしびれてしびれて、あぁああぁああぁああぁあひゃああぁあああああっっっ!!!

お股を閉じながら、絶頂する。・・・あれだけの目にあったはずだが・・・私の肉体は、全然懲りてない。

じゅびびびびびびびびーーーーーーーーっっっ!!!

「も”き”ゃ”あ”あ”ぁ”あ”あ”ーーーーーーーーーーーーーっ”っ”っ”っ”!!!」

お豆に雷でも落ちたんじゃないかという気分を覚えさせられる。全身の筋肉が硬直して、とても苦しい状態になる。

「ふふっ、萌子ちゃんのような我慢弱い人間は、性欲に負けて、あっさりと調教されちゃうのよね~。

でもー・・・、繰り返し激しい通電を受けていると、そのうち体が勝手に脚開きを学習するから、辛いのは最初だけなのよぉーーん。

・・・すぐ楽になって、おま○こを公開し続ける淫らなメスになれるから、心配いらないわぁ~~」

「ぎゃーーーーーあ”ーーーーあ”ーーーーあ”ーーーーーーーーっっっっ!!!!」

人がむちゃくちゃ泣きながらもだえているというのに・・・この鬼畜メイドは、私のほっぺを優しく突っついている。

「あ”・・・っっ・・・あ”・・・・っ”っ”・・・」

顔が涙でびしょびしょ・・・。

クリトリスという、とても大切にしなければ行けない場所に、強烈な通電を2度も受けてしまった私は・・・辛くて、意識がもうろうとしていた・・・。

びび、びびび、びびびび、びびびびびっ・・・。

「あ・・・あぁん・・・はぁん・・・あっ・・・ああっっ」

そんな私を、通常モードのクリトリス通電機能が、弄ぶ・・・。

びりびり、びり、びりびり、びりびり・・・。

「あはぁあああ~~~、あひぇ、ひゃ、ひゃ、ひゃえぇええ~~~~っっ」

お豆に、美味しい快感をた~くさん与えられる。

びび、びりり、びりびり、びりびりぃ~~~・・・。

「へにゃぁあ~~~、・・・あ・・・ひぇ・・・へにゃにゃぁああぁ~~~~っっ・・・」

それは、私を釣るためのフックだとわかっているのに・・・性欲につられて、ふらふら~~っと誘引された私は、とても痛いフックを、喜びながら口の中にパクッと入れて・・・。

どびびびびびびびびーーーーーーーーっっっ!!!

赤と青の電極ケーブルから、電流が勢いよく送られる。・・・かなり良い感度のクリトリスが・・・激しくしびれる。

「あ”ーーーーーーーーーーっっっっ!!!」

・・・私は、絶叫をあげながら全身をガクガクさせて、失禁絶頂を起こした。・・・ついでに、意識も真っ白になった。

後日。・・・自分の部屋。

「へ・・・へへ・・・へへへへ・・・っっ」

汗を垂らしながら、自らM字開脚を行ってしまう私服姿の私・・・。スカートの中にあるパンツを、その場で公開し続けている。・・・痴女以外の何物でもない。

「昨日は調教系の器具のテストを受けてくれて、ありがとね~。・・・ああいうSM調教機姦は、受けてくれるテスターの子が、かなり少ないから~・・・貴重なデータになるのよぉー」

ピンク色の卵形ローターを持ったまま、嬉しそうに喋る茜さん・・・。

「私のメス猫ちゃんに、ご褒美をあげなきゃねっ! ・・・クリトリスをパンツの上から気持ちよ~く刺激してあげるわ~。

いやだったら、脚を閉じて良いんだからね~。・・・脚を閉じたら、萌子ちゃんの調教を止めてあげるからね~」

茜さんは、脚が閉じれないことを知りながら・・・私のお股に振動を与える。

う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛~~~~~っっ。

「あ~~~っ!! クリトリスがぁあぁあ~~~っっ!! んにゃひいぃいいぃぃ~~~~っっ!!」

・・・パンツにシミを作り、アンアンと喘ぎながら悦ぶ私・・・。

う”ーーーーーーーーっっ。

「あ”~~~~っっ!! いくぅううぅ~~~っっ!! あかねさぁあ~~~んっ、もえこぉ、気持ちよくて、すぐにイっちゃいますぅううぅ~~~っっ!!」

ーーー調教済み。という言葉がふさわしいだろう。

あんなことをされても全然気にすることなく・・・私の体は、茜さんに管理されながらいじられることに・・・大きな幸せを感じていた・・・。

「にゃーーーっっ! またイっちゃうぅうぅぅ~~~っ!」

でも、やっぱり、優しいエッチの方が好きかなー。・・・えへへーーーっ・・・。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る