第9話  リモコンローター乳房責め! 美少女羞恥調教

プルルルッ♪♪

軽快とは言い難い電子音が、駅のホームに響いた。
8輌編成32ヶ所の扉がほぼ同時に閉じられ、電車はゆっくりと加速する。
低く唸るモーターの音が、次第に甲高い絶叫の音に代わり、窓の外の景色が残像のように流されていく。

土曜日の、それも正午過ぎという時間帯のせいだろうか。
車内は空いていた。
垂れ下がる吊革はおろか、通勤ラッシュ時には憧れの的の座席シートにもかなりの余裕が感じられた。

そんな中、若い娘とそこそこに若い男が、立ち並んで窓を見つめている。
時折、大きく揺れる車内で、席に座ることなく、ピタリと閉じたドア横の窮屈そうなスペースに身を押し込めるようにして。

(いいのか? こんなことをして、本当にいいのか?)

その男、太一は、戸惑いを隠せないでいた。
落ち着きのない眼差しのまま、片手で銀色の支柱を握り締め、もう片方の手をズボンのポケットに突っこんでいる。

「ねえ、まだなの?」

太一が掴まる支柱の下半分に手を掛けた少女が、ささやき声でせっついてきた。
まるでお花畑を彷彿させる小花が散りばめられたワンピースを着たその娘、美紗が、上目遣いに見上げている。

「わかったよ、今押してやるよ」

ムスっとした顔をしてみせるが、太一の返事は怯えていた。
額にべっとりと汗の玉を浮かべたまま、それでもポケットの中の手をゴソゴソとさせると……

ブゥーン、ブゥーン、ブゥーン……

「んく……くうぅぅっっ……!」

どこからともなく低い器械の音が響いた。
それと間を置かずに、美紗がくぐもった呻きを漏らした。

支柱に身体を預けたまま、小さな背中が震えている。
挑発的な上目遣いの視線があっという間に落下し、踏ん張るように開かせた彼女自身の足元に向けられる。

「と、止めないでよ……うくふぅ、ぜったいに……」

太一の心を先読みしたように、美紗が訴えてきた。
余裕など全く無さそうな引きつった声を漏らしながら、赤らめた顔を引き上げてみせる。

「苦しかったら知らせるんだぞ。すぐに止めるからな」

「ふぅ、はあぁ……サンキュー、おじさん」

気遣う太一に、美紗がニィっと笑った。
真っ直ぐだった背中を猫背のように屈めさせ、支柱に掴まらせていた指を、血の気が失うほど強く握らせたまま、白い歯まで覗かせる。

(わからない。でも頑張れ、美紗ちゃん)

声にするのは憚られた。
太一は少女の仕草に胸を熱くしながらも、余りにもバカげた行為に耐え凌ぐ姿に、心の中だけでエールを送る。

花柄のワンピースの下にはブラジャーも身に着けず、なだらかな膨らみの頂点に、ピンクローターと呼ばれる淫具を貼り付けたまま、美紗は太一と共に電車に乗り込んだのだ。
そしてワイヤレス操作可能なローターのリモコンを、彼女は太一に預けたのである。

「や、やだぁ……はあぁ、おっぱいがぁ……ジンジンしてるぅ……」

小刻みな震えだった美紗の背中が、大きく波打つように揺らいだ。
唇を噛むより、声にした方が楽だというように、素直な感触を声帯から漏れさせる。

『おじさんの会社ってさ、週休2日制なの?』

『一応はね。第1と第3の土曜日の月に2回だけど』

『じゃあさ、明日はわたしに付き合ってよ。ちょっと愉しいお遊びを経験させてあげる』

公園での分かれ際に交わした美紗との会話が、太一の脳裡でリピートされた。
屈託のない顔付きで、思いっ切り背伸びをした物言いの少女の姿までもが、背景のように再現された。

ブゥーン、ブゥーン、ブゥーン……

「あくぅっ、んんくぅ……こんなの、イケナイのにぃ……美紗ぁ、気持ち良くなってぇ」

そのあどけなくて屈託のない少女の顔が、快感の波に弄ばれている。
年上の男を誘うおませな少女の声音が、性欲に絆された艶っぽい女の声に進化していた。

(いったい、どこのどいつだ? 羞恥プレイで胸を刺激したら、バストがデカクなるなんて……そんなわけないだろう)

男の太一でさえ、即座に否定できる自信がある。
けれどもコンプレックスという病に掛った少女は盲目である。
いや、歪んだ恋煩いというべきか。

ネットに書き込まれた都市伝説のような情報にも、しっかりと反応してしまうのだ。
相棒に指名した太一を引き連れて『大人の玩具屋』を訪問し、キャッ、キャッとはしゃぎながら購入したエッチな道具を、女子トイレでこっそり装着し、白昼の電車に乗り込んだわけである。
その羞恥プレイ効果で、バストが巨乳化すると妄信して。

「んふ、おぉ……おじさん……」

「なんだい、美紗ちゃん?」

「くふぅ……もう、気付かれてるかな?」

それが本望なのか? それとも恐れているのか?
スレンダーな肢体を身悶えさせながら、美紗が訊いた。

「そ、そうだな……」

車輌の壁に貼り付くようにして立つ美紗に代わって、太一が黒眼を走らせていた。
スポーツ新聞に片目を当てた白髪交じりの男。
スマホに目を落としている主婦らしき女。
クラブ活動の帰りらしい、校章のイニシャルが刻まれたトレーニングウェアの男子学生。

一人……二人……三人……四人……

何かをするフリをしながら、ぼぉーっとするフリをしながら、数人の視線がこちらに向けられている。
好奇に満ちた眼差しが、チラチラと美紗の痴態を覗き見している。

「い、いや……誰も気づいてなんかいないよ」

太一は嘘をついた。
振動するローターに乳首を刺激され、ギュッと身を固くして耐える美紗の心を和ませようとして。

「そ、そうなんだ……はあぁぁ……でも、それじゃ、意味ない……よね」

「えぇっ! なんで、そうなるんだよ?」

自分の耳を太一は疑った。
切ない呼吸を苦しげに吐く美紗の思いがけない言葉に、ガードしていた身体までもがよろけていた。
複数の視線が、その好機を逃すまいと掻い潜り、身震いする美紗の肢体に殺到する。

「リ、リモコンを……んんっ、強くして……」

「そんなことをしたら?」

「いいから……はぁ、早く……もっと、感じないと……」

レールの継ぎ目を通過するごとに電車が揺れる。
銀色の支柱を滲み出す汗に曇らせながら、美紗はかろうじてそれを掴み、崩れそうな身体を支えている。

この状況で、ローターを強くなどしたりしたら……?!

「おぉ、おじさん……ふぅっ、何してるのよ。わたしはぁ、イキたいの。で、電車の中で……他のお客さんに見られながら、ぜぇ、絶頂したいの……だから……」

美紗が息を切らせながら訴えてくる。
唸る電車のモーターに負けないように、声帯を震わせて卑猥な懇願を太一に向けて。

「わかったよ、美紗ちゃん。そんなに恥ずかしい思いをしたいなら、もう止めやしない」

カチッ……! ブゥゥーンッ、ブゥゥーンッ、ブゥゥーンッ……

「ヒアァッッ! ふぐぅっ……すごいぃ、ビリビリするぅ……おじさん、ありがとう……」

忍ばせていたリモコンのスイッチを、太一はマックスに引き上げた。
それと同時に美紗の華奢な身体が痙攣する。
まるでツマ先と頭のてっぺんから電流を流し込まれたように、突っ立ったまま背中から腰までをビクンビクンとさせ、ついには踏ん張らせていた両足が力を失った。





 <第9話 リモコンローター乳房責め! 美少女羞恥調教 ここまで>


第一話

 嘆きの貧乳少女&乳揉み快感占い

第二話

 お嬢さんのおっぱいを揉ませてください

第三話

 露出乳揉み~キャバ嬢娘のおっぱいはEカップ

第四話

 零れ出す乳肉~くねる腰肉

第五話

 お願いします! おっぱいを揉んでください!

第六話

 美少女の乳房は男子トイレで歪まされて

第七話

 揉み潰される乳肉! 美少女の喘ぎ

第八話

 貧乳娘の巨乳化計画

第九話

 リモコンローター乳房責め! 美少女羞恥調教

第十話

 少女絶頂! おっぱい恥辱責め

最終話

 貧乳少女ですが愛してくれますか?

もっと羞恥系の小説が読みたいなら作者様HPへ!

羞恥の風

『貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか?』一覧に戻る