うさぎとユメの島

うさぎとユメの島

1296円
7.7

物語性・展開

7.5/10

キャラクター

8.0/10

オカズ度

7.5/10

フェチズム

8.0/10

熱中度

7.5/10

お薦めできる点

  • 奇天烈な世界観
  • 豊富なエロシーン
  • ひらひらスカート+ノーパン
  • とってもロリロリしぃ
  • よく動き回る

微妙だった点

  • かなり難しい

※6/16 イージーモードファイル「Yumenosima_beast」フォルダを追加しました。』とのことです。これでクリアできるはず(^O^)

※製品版プレイしたので追記有り

うさぎとユメの島

性欲に満たされた島に暮らす『白羽うさぎ』。

これまで『白羽うさぎ』は島のみんなから犯される側だったのだけれど、ある朝目が覚めると男性器が浮かんでいて、その男性器から力を得ることができた『白羽うさぎ』は、島のみんなを犯してあげるための冒険の旅に出るのだった!

ゆるふわでロリロリなドットが素敵なアクションゲーム!

発売しました(^o^)
うさぎとユメの島

ロリと素敵な世界観のACT

紹介動画はこちら

PV動画が良く出来ているのでこちらをご覧あれ~。

さてさて舞台は『性欲に満たされた島』とのことでファンタジックになってます。

そんな島で暮らしていた『白羽うさぎ』が今作の主人公となります。

『白羽うさぎ』ちゃんは弱っちぃ立場で、いつもみんなから犯される側だったとのこと。

うさぎとユメの島

しかしある朝、目の前に男性器がぷかぷかと浮かんでいるのでした(@_@)

↑スクショだとちょっと分かりづらいけれども、陰嚢を備えた男性器君がうさぎちゃんの目線の先に浮かんでいるんだよ?

肉体的に合体するわけじゃなくて感覚を共有しているという不思議な状況ですが、ともかくも男性器君の力を得られたことで、うさぎちゃんは島のみんなを犯してあげるための冒険に出るのでした!

なんだか素敵なくらいに愉快な設定だ\(^_^)/

一応確認しておくけど、うさぎちゃんは女の子。股間はちゃんと女の子準拠。

男性器君と感覚を共有している状況だけれど、フタナリ設定になっているわけじゃないです。

エッチシーンでは女の子として犯されるし、男として犯すこともあるよという二刀流っぷり。

うさぎとユメの島

さっそくうさぎちゃんを動かしてみると滑らか颯爽と動いてくれます。

そんなうさぎちゃんの後ろをふよふよ浮いて使い魔のように男性器が追い掛けてきます、シュール。

操作方法は、

「Z」キーで攻撃。方向キーを加えることで攻撃方法がさまざまに変化します。

「SPACE」キーでジャンプ。

「C」キーで『精撃』と呼ばれるエッチアクション。

「X」キーで特殊攻撃。

「A」キーで必殺技

操作感に癖はないのでスムーズに動かせると思います。

ジャンプが「SPACE」で押しにくかったりする時には『操作設定』の方からキー配置を変更できるし、パッドにも対応しているようです(この前パッド壊しちゃったので未確認)。

うさぎとユメの島

面白いのは『精撃』と呼ばれるペニスアタック!

敵を倒したり、敵からエッチ攻撃を受けた時に溜まる(緑の体力ゲージの下に並んでいるオタマジャクシのような精子のようなアイコン)ので、そちらを使用して女の子モンスターに『精撃』を放ちましょう。

男性器が飛んでいって、ヒットするとエロアニメが始まります。

うさぎとユメの島

女の子モンスターが股間に顔を埋めてフェラチオをしてくれてますね。

今回は男性器が股間にくっついてますが、男性器が分離して女の子モンスターにエロをしてたりして、おかげさまで体位のバリエーションの幅が広がってるご様子。

うさぎとユメの島

女の子に『精撃』を当ててエロを行った後は、女の子モンスターの特殊技能をコピーすることができちゃいます。

「星のカービィー」みたいなノリですね。

特殊攻撃使用はゲージ使用ではなくて次弾発射可能になるまでカウントが入ります。

体験版の限りでは複雑なギミックなどが用意されているステージではないようだけど、一撃即死の落下穴にちょくちょく落として頂きました。穴の位置と、次の足場の位置の確認は注意した方が良いかもしれない。

うさぎとユメの島

ペニスの力を得て犯す側に回ったうさぎちゃんですが、モンスターに掴まってしまった場合には普通にエッチされちゃいます。

↑スクショはナメクジみたいなモンスターがうさぎちゃんの股間に顔を突っ込んで羨ましいことをしているわけですが、今回は男性器が頭の上に浮かんだままということで、フェラチオじゃなくておまんこペロペロな状況のようで。

ということで『精撃』によって犯す側に回ったり、犯されたりという二パターンのエロがあるのに加えて、ステージのボス撃破後には専用のドットエロアニメが挿入されるという三段構え!

うさぎとユメの島

さらにゲームオーバー時にはCGによるエロシーンが挿入されるという四段構えとなっていて、エロシーンが始まる箇所が多数用意されているみたい。

というかワンピースの裾がいつもヒラヒラしていてチラリズム、動く度に見えちゃったりしててエッチぃのです(^O^)

上限蹴りの股開きっぷりとかね(>_<)

製品版プレイ

※アップデートで『イージーモード』が追加になりました。僕のようにヌルゲーマーな人はそちらを試してみたりでどぞー

以下、ノーマル状態でのお話です↓

うがぁぁぁ……難しくないかなぁ!(>_<)

うさぎとユメの島

ステージ3くらいから激ムズに感じちゃったんだけど、なにか攻略方法を見落としちゃってるのだろうかなぁ……

キノコ娘と妖精さんの設置系攻撃自体も痛いんだけど、配置の妙が加わって辛いなぁ……マジかぁ。

ステージ5でここに魔法使いさんが加わり、サキュバスさんが加わり、トゲトゲの蔦が加わり……で、僕は5-2まででとりあえず一旦休憩することにしたよ。

各ステージボスが強すぎだったりすることには救済措置があることはあるけども、う~む、道中の方も辛いぞぅ……

とりあえずゆるふわなのは雰囲気くらいで、アクションゲームとしてはかなり本気で取り組まないと攻略できそうにないですね。

さらっと攻略

未クリアなのでなんとも。

ゲームパッドがあるなら使いましょう、難易度はかなり高めなので心して挑まれてくれ。

おおよそ攻略まで2~3時間かな?

回想はタイトルから。

全解放はまだ未確認です。

まとめ・感想

設定からしてぶっ飛んでて楽しいです(^O^)

なんで男性器が浮かんでいるんだか謎ですが、それが良い!みたいな感じで楽しまれるのが吉かと。

倒した敵がしばらくすると復活する仕様ですが、残虐性が一気に緩和されて平和ホンワカな世界観となってます。

ホンワカだけど本格的に動いてくれてスタイリッシュなアクションなので、しっかり遊ばせても貰えそうで。

もちろんロリコン紳士の方々はご注目を。

はい。

似た感じのゆるふわな感じのアクションというと……

触手ダンジョンACT~冒険者ドロシーと触手遺跡~ 触手ダンジョンACT~冒険者ドロシーと触手遺跡~

びゅるるラビリンス びゅるるラビリンス

レビューはこちら

などなどもどぞー

発売しました(^o^)
うさぎとユメの島