リリィと刻の呪い

リリィと刻の呪い

1980円
0

物語性・展開

0.0/10

キャラクター

0.0/10

オカズ度

0.0/10

フェチズム

0.0/10

熱中度

0.0/10

お薦めできる点

  • 素材をザックザック回収できる
  • いきなり過激なセクハラをされる
  • 戦闘エロ+敗北エロ
  • 移動速度倍速などの設定可

微妙だった点

  • まだなんとも

リリィと刻の呪い

『時の魔神』を討伐することに成功した錬金術師のリリィ。

しかし魔神討伐の際、リリィはその莫大な魔力を奪われてしまい、なおかつ『淫欲の呪い』を掛けられてしまった。

その呪いを解くことができるのは『解呪師』と呼ばれる者達だけ。

『解呪師』に助けを求めたリリィだったが、解呪のためには大金と『クロノフルーラー』と呼ばれる祭具が必要ということだった。

そこでリリィは街に出て、冒険者ギルドで働きながら情報を集めていく錬金素材収集・ダンジョン探索RPG!

発売しました!

『クロノフルーラー』を求めて

リリィと刻の呪い

今作の主人公になるのは錬金術師のリリィちゃん。

なにやら家系絡みで込み入った事情をお抱えになっているようですが、ともかくも『時の魔神』を倒すことに成功したというリリィちゃん。

しかし魔神討伐の際に魔力を奪われてしまい、なおかつ『淫欲の呪い』を受けてしまって定期的に発情するようになってしまったのでした。

そこで『解呪師』のエントゥーリちゃんが参上したわけだったのですが、呪いを解くためには莫大な金額を準備するか、『クロノフルーラー』という秘宝を持ってくるか(お金も必要)をしなくてはならないよ、ということなのでした。

なのでリリィちゃんは街に出て冒険者ギルドで秘宝探索の情報を得たり、ギルドのお仕事をしてお金を貯めたりすることにしたのでした。

リリィと刻の呪い

体験版の限りでは断言はできないのですが、素材収集場所として教えてもらった近場のダンジョンのボスを倒すと、さらに次のダンジョンを紹介して貰えて~~という流れで探索範囲はどんどん広がっていく感じですかね。

リリィと刻の呪い

ダンジョン内はシンボルエンカウント。

そして光っているポイントが素材収集ポイントとなっていて、かなり大量に配置されているものになっています。触れただけでどんどん回収できるので、ざっくざっく回収気持ち良いぃ!(^o^)

移動速度を倍速設定にすることもできるようになっているので、なおザックザク!

リリィと刻の呪い

回収してきた素材を使って必要なアイテムを作成し、それをギルドに納品するなり、街の人に届けたりするなどすれば報酬が貰えるようになっています。

前述のようにダンジョン内では素材がザックザック回収できるので、ダンジョン巡りしていたらそのうちに必要素材が集まっていたよ、くらいでサクサク進められるのかなぁという感触。……一応、各ダンジョンで回収できる素材はメモった方が良さそうではありますが。

リリィと刻の呪い

納品依頼に応えることでリリィちゃんの『知名度』が上昇するようになっていて、これによってさらに高額な報酬の見込める依頼を受けることができるようになったり、街の中でなにかエッチなイベントのフラグになっていたり。

そういう意味でも納品依頼はどんどん進めていきたいところ。

リリィと刻の呪い

戦闘システムは特別に独特な仕様にはなっていませんが、戦闘エロがあって立ち絵にエロの様子が反映される形ですね。

リリィと刻の呪い

ボス戦での敗北時には敗北エロシーンへと。

もともと『時の魔神』を倒してしまえるほどの強者だったリリィちゃんには敵さんのことをどことなく軽んじてしまっている節があり、それ故に敗北エロシーンでは屈辱が滲むテイストに。

この他、件の『淫欲の呪い』のおかげでダンジョンから脱出した際には強制的に発情してしまう仕様となっていて、性欲を発散させる方法を見付けなくてはならないよ、というものになっています。……ただ、毎回性欲発散させるために行動するのが面倒って人向けに救済アイテムが備わっているのも有難いところ。

まとめ・感想

ストーリーとしてはサークルさん前作の『フィラーナと命の薬』の後に続くもののご様子。

 フィラーナと命の薬

オープニングには続き物らしい雰囲気こそありますが、本編をプレイする分には前作未プレイでも問題無さそうで。

街中でのセクハラ、戦闘エロ、敗北エロとエロの機会は多めで、ダンジョン内の素材収集はザックザク!

エロの部分もゲームの部分も楽しみやすいんじゃないかなと思われます。

はい。

今作のような素材収集ゲーというと……

 イリィー&ゾフィー~目指せ王都のファッションリーダー~

 アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~

などなどもどぞー

発売しました!