車の中からJKの生脚を視姦していたらバレてしまい、なぜかJKに手コキと足コキをして貰った話・中編1


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

車の中からJKの生脚を視姦していたらバレてしまい、なぜかJKに手コキと足コキをして貰った話・中編1

※「ゆっくりボイス」で聴きたい人は聴いてみよう!
どうなっても知らないけどな!(´д`)

◆車の中からJKの生脚を視姦していたらバレてしまい、なぜかJKに手コキと足コキをして貰った話・中編1

 

大きなおちんちん、触っても……良いですか?
って、そんなに恥ずかしがらないで大丈夫ですよ?
どうせ私しか見てませんから。
車の外を歩いてる子達は誰一人としてお兄さんが車の中でおちんちんを丸出しにしているなんて思っていませんよ、きっと。
お兄さんが車の中でおちんちんを丸出しにして、勃起させていることを知っているのは私だけ。
私とお兄さんだけの秘密。
エッチな秘密。
ふふ……二人だけの秘密ってなんかドキドキしますよね?
お兄さんのおちんちんもピクって反応しちゃってる。
今触られたら大変なことになっちゃうんじゃないですか?
いつも車の中から視姦していた女子校生に勃起したおちんちんを触ってもらえる……嬉しいですか? 期待しちゃいますか?
……え?
ダメ?
おちんちん触るの……ダメなんですか?
男の人っておちんちん触って貰えたら悦ぶと思うんですが……?
あぁ……なるほど。
二人だけの秘密って言ってるのに、恥ずかしいことを晒しているのはお兄さんだけだから公平じゃない、フェアじゃないって言うことですね。
言われてみれば確かにそうですね。
車の中でおちんちんを丸出しにしているのはお兄さんですが、この秘密が明るみになったとしてもリスクがあるのはお兄さんだけです。
この状況は確かに公平じゃありませんね。
へへ、ごめんなさい。
お兄さんが車の中から女子校生を視姦しているのに気付いた事で、脅すようにして車に乗り込ませてもらったものだから、その流れが知らず知らず残されていたみたいですね。
秘密を守るためには秘密を共有するのが一番。
なら、私も何か秘密を晒さなくてはなりませんね。
秘密……
女の子の秘密……
女子校生の秘密……
一体、どんな秘密なんでしょうか?
お兄さん、どんな想像をしちゃってます?
おちんちんビクビクしてる……
女の子の秘密って言ったら……アレですよね?
女子校生の秘密って言ったら……アレですよね?
お兄さんの口から言ってみて下さい。
ほら……言って。

…………

もう……声が小さいですよ?
安心して下さい、車の中の話し声なんて外には聞こえませんから。
はい、もう一度。

…………

よく言えましたね。
初対面の女の子を前にして、そんなことを言って恥ずかしくありませんでしたか?
女の子の秘密を口にしちゃうなんて……
じゃあお兄さん……次は後部座席の片側の窓を開けて下さい。
……あれ? 聞こえてますか?
後部座席の窓を開けて下さいって言ってるんです。片方だけで良いですよ。
どうしてって?
その理由はすぐに分かりますから、ほら窓を開けて下さい。全開です。

…………

開きましたね。
外の音がよく聞こえるようになってきましたね。
私達の声も外に漏れてしまうようになりましたが、でも後部座席の窓ですし……
じゃあお兄さん、もう一度言ってみてください。
女の子の、秘密。
女の子の秘密ってなんですかー?
全然平気ですよ、外には聞こえてませんってば。
それにお兄さんだって言葉に出した瞬間、気持ち良くなってませんか?
おちんちんがピクピクしちゃってますよ?
女の子の秘密を言って、お兄さん興奮しちゃってるんですね。
わかるわかる、良いんですよ、男の人は女の子の秘密を見たいですもんね、触りたいですもんね、ペロペロ舐めたりもしたいですよね、指で広げて奥まで観察したいですよね、その奥までおちんちんを突っ込んで、掻き回して、いーっぱいいっぱい精液を中に出したいですよね?
ねぇお兄さん、女の子の秘密ってどこですか?
口に出して言って下さい、大きな声で言って下さい。
ほら、ほら、何度も。

…………

よく言えましたね。
後部座席の窓、両方とも開けちゃって下さい。
もう……いちいち躊躇わなくて良いですよ、私の言うとおりに窓を開けちゃって下さい。

……

窓を開けたら、もっと外の音が聞こえるようになってきましたよね。
空気の流れも感じられて、さっきよりも開放的な気分になれません?
とっくに開放的な気分になってますよね、お兄さん、おちんちん丸出しなんですからね。
じゃあ、また女の子の秘密を言って下さい。
さっきあんなに連呼したエッチな場所の名前。
お兄さんの大好きな女子校生のエッチな場所。
私も女子校生ですし、エッチな場所、当たり前ですけどちゃんとあるんですからね?
誰にもまだ触られたことのないエッチな場所。
後でお兄さんに見せてあげましょうか?
秘密を共有するお話でしたし、お兄さんのおちんちんはこうして見せてもらってますからね、私だってエッチな場所を見せてあげなくちゃいけないかなって思うんですよ。
さぁさぁ女の子の秘密、エッチなアソコのことを言ってください。
制服を着た女子校生の私を見ながら、いっぱいいっぱいエッチな言葉を発して下さい。
お兄さんの視線が少し下がってきましたね。
胸を見てます?
それよりも、もっと下ですかね。
スカートの方ですよね。
お兄さんの大好きな脚ですか? それよりは少し上?
一体どこを見てるんですか? おちんちんが大きく大きくなってますよ。
お兄さん、車の窓、全部開けちゃって下さい。
私が座ってる助手席側も、お兄さんが座ってる運転席側も、両方。
開けちゃって下さい。
そうしたらもっと気持ち良いですよ?
お兄さんがおちんちん丸出しにして気持ち良くなってるの、私、知ってるんですからね。
だって、おちんちんの大きさがさっきから……
ふふ、窓を開けちゃって下さい。
大丈夫、開放的な気分になって、もっともっと気持ち良くなれますから。
誰かに見つかってしまう?
それもスリルがあって良いですよね?
その時は私とカーセックスしていたということにしちゃいましょうよ。
私とお兄さんは恋人同士で、ラブラブで、学校帰りに迎えに来てくれていたお兄さんを見るなり私はお兄さんのズボンと下着を脱がせてエッチをせがんでいた…そういうことにしましょう。
口裏合わせは任せて下さい。
私とお兄さんは秘密を共有している仲じゃないですか。
え、まだ私の秘密を見せて貰ってない?
見たいですか? 私のアソコ。
でも、それはまた後ほど、ふふ。
今はとにかく車の窓を全開にしちゃってください、おちんちんを丸出しにしたままで。
ほら、早く。
言うことを聞かないと私のアソコ、見せてあげませんよ?

…………

ようやく窓を開けてくれましたね。
外には制服を着た女子校生がたくさん歩いてるのに、そのすぐ近くでおちんちんを丸出しにして、こんな凶悪な形におちんちんを勃起させてる。
あの子も、その子も、そっちの子も、みんなこんなすぐ近くでおちんちんを露出させてる人がいるなんて思ってもいないでしょうね。
いつもお兄さんは車の中から女子校生を眺めてエッチな気分になっていたんですよね?
オナニーもしちゃってましたか?
でも……窓は閉めてましたよね?
今日のように窓を全開になんてしてなかったですよね?
ドキドキしますね。
私もドキドキしてきました。
さぁお兄さん、まぶたを閉じて下さい。
なんでって?
もう、いちいち質問しなくて良いんですよ、私の言うとおりにして下さいよ。今まで私の言うとおりにしたから、こんなに気持ち良くおちんちんを勃起させられたでしょう?
だから、まぶたを閉じて。
そう、まぶたを閉じちゃって下さいね。
そうして一つ、深呼吸でもしましょうか。
ゆっくりと、吸ってー……吐いてー……
もう一度、吸ってー……吐いて-……
まぶたを閉じて真っ暗な視界に、イメージしてください。
しっかりと思い浮かべて下さいね。
いいですか、今からお兄さんに思い浮かべてもらうのは……
さっきからお兄さんが見たがっていた、私の……ア・ソ・コ。
制服を着た女子校生のアソコですよ?
すぐにイメージできちゃうんじゃないですか?
そしてすぐ傍にいる私のアソコです。
実際に私のアソコがどんな風になっているのか、どんなアソコだったら良いのか、自由に想像してみて下さい。
割れ目の閉じ具合。
小陰唇のはみ出し具合。
陰毛の茂みの濃さ……全部剃り落としてパイパンにしているかもしれませんし、もしかしたらまだ生えていないのかもしれません。
良いんですよ、お兄さんが理想に思う女の子のアソコを思い浮かべて下さい。
そしてそのお兄さんが理想に思ってる女の子アソコは、すぐ傍に、私のスカートの中、下着の中にあるんです。
スカートをめくりあげて、下着を脱がせてやれば、もうすぐにもお兄さんが飛びつきたくなるようなアソコがあるんですよ。
イメージしてください。
じっくりとイメージして、イメージを鮮明に。
そしてさっきまでみたいに女の子のアソコの名前を呼んで下さい。
そうすればもっともっと興奮できますよ。
私だってお兄さんが女の子のアソコを呼べば呼ぶほど、アソコが疼いて仕方ないんですよ?
こんなにエッチなことを言ってくれる女の子だから、もしかしたら処女のアソコでセックスさせてくれるかもしれませんよ?
だから私を興奮させるつもりで、アソコの名前を言い続けてください。
そしてお兄さんが大好きな女の子のアソコをイメージして。
イメージして。
イメージして。
お兄さん、私とセックスしたいですか?
私の処女を奪っちゃいたいですか?
だったら言って下さい、女の子のエッチなところの名前を。
ほら、もっともっと。
大きな声で。
何度も、何度もっ!
私を興奮させて。
私を濡れさせて。
私をセックスしたい気分にさせて。
お兄さんに処女を捧げたい気分にさせて。
お兄さんだって私とセックスしたいでしょ?
だからエッチな言葉をいっぱい言って、おちんちん丸出しでエッチな言葉を何度も言って。
……どう? 開放的な気分でしょう?
おちんちん、凄いことになってるよ。
このおちんちん、私に触られたら爆発してしまいそうだね。
でも、触ってあげる。
手コキしてあげるね。
いい?
お兄さんのおちんちんに、触ってあげるね。

 

中編1ここまで

 

少女手コキ音声繁殖所(+ゆっくりボイス) 一覧に戻る