―― バイブ付き乗馬マシンに騎乗 2 ――

「あ”っ! ん”っ! はぁっ!! はぁっ! はぁぁっ! あっ! あぁっ! んあっ!!」

ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ・・・。

突かれている最中、なんか謎の液体が体内に入り込むようになる。

「今、ローションを常時射出するように設定したわ~。1回の放出量は微量だけど、継続して出すことで、萌子ちゃんの膣壁を一切乾燥させることなく、突き続けてあげるからね~」

「ひゃぁぁぁあ~~~っ!」

嬉しい配慮だけど、わざわざ膣奥に出さないでぇぇ~~っ! 突かれる度に、ローションを体内に注入される・・・。

ずちゅ、ずん、ずちゅ、ずん。

ぐに、ぐに、ぐに、ぐに。う゛ぅぅ~~~~~・・・。

「う~~ぁぁ~~んっ。あんっあんっ、あぁぁーーんっ!」

乗馬マシンが一番下まで移動したとき、自分の膣内の奥深くまでバイブが挿入されるわけだが・・・この時にクリトリスに張り付いているふにっとローターも、一緒に軽く押しつけられて潰れている。

だが、通常のローターと違い、あまり邪魔をしない。

乗馬マシンに肌が密着する時にやんわりとへこんで、クリトリスを圧迫させないようにしてくれる。

どちゅ、どちゅ、ずちゅ、ずちゅぅっ!

う゛ぅぅぅ~~~~っ・・・・

「ふぁぁっ! あんっ! ああ”んっっ!! あ”ぁあぁあっ!」

あぁぁぁあっ!! も、もう、だめぇぇっ! お股で、お股でイくぅぅぅっ~~!!

クリトリスをバイブで刺激されながら膣内への押し上げる攻めに、おいしい快感を感じ続ける。

膣内はやっぱり弱いよぉぉぉ~~~。突かれると頭がふわふわになっちゃうよぉぉぉ~~~っ!!

ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ!!

「イっっくぅぅぅぅぁぁあ”あぁぁぁお”ぁぁ~~~~っ!!」

乗馬マシンの運動により、拘束された私は連続でアソコを突かれまくる。・・・すると、快感がぱぁーーっと体中にまき散らされて、絶頂の波が頭の中に押し寄せる。

ずーーんっ!

「あひぃーーーーーーっっ!」

絶頂の幸せに飲み込まれる。ぷしゃぁぁっと潮を吹きながら、私は絶頂する・・・。

「あ”・・・へへ・・・・へぇぇ~~~~・・・」

そして、一時的に私の反応がなくなると、乗馬マシンは動作を停止する。

たらーんと体を垂らしながらも、赤いゴムに吊られているので倒れることはない私。

茜さんは、膣内にバイブを丸ごと蓄えた状態で嬉しがる私のお股を、右手スリスリとさする。

「拘束されて身動きがとれない状態で、大切なところをずこずこと突かれちゃった感想はどーお?」

「あっ・・・ぅあっ・・・・ぁぁっ・・・」

「あら、とっても嬉しいって? それはよかったわー。・・・それなら、さらに嬉しくなれるように、バイブのスイッチ・・・入れてあげるね」

ぽちっ!

ヴィィィィィィンっ!

「ん・・・・あ・・・あ・・っ!! にゃっはぁぁあぁーーーーーーーーああぁあぁーーーーっ!!!」

膣内全体が急に激しく震え出す。快感は一気に膨れ上がり・・・爆発する。

「あ”ぁっ、んあ”ぁっ、んぁぁ”ぁぁあ”あっ!!」

ふりふりふりふりっ!

私は首を横に振り、否定する。・・・というよりは、喜びながらバイブの振動に悶える。

絶頂後のバイブの振動は大変気持ちがよく、脳裏を快楽でしびれさせて、まともな思考ができなくなる。

「あーーん!! ああーーーーんっ!! バイブがイイぃぃぃーーーーーっ!!!」

中がぁぁぁっ!! 膣内がぁぁぁっ!! きゅんきゅんひくひくしてダメになるぅぅぅっ!! やばいっ!! しあわしぇぇぇ~~~っっ!!

「うんうん、内側からの振動は股間全体がしびれちゃうぐらいに気持ちいいわよねー。ここで・・・」

「あ”ーーーーーーーーーっ!!!」

かわいらしいあえぎ声を大きくあげると、茜さんの声を遮り、私は再び絶頂を起こす。

クリトリスと膣内の同時バイブ攻めなんて、全然耐えられないよぉぉ~~~。

あっふぇぇ~~~~んっ・・・。

太股をガクガクさせて、顔をトローンとさせてしまう。

「もーー。説明中ぐらいは、耐えてちょうだいよー。エッチな股間で、しょーがないんだからぁ~」

ヴゥゥゥゥゥっ!

「うあぁ・・・ぁぁ・・・ぁあん・・」

「で、もう一度言うけど、ここで乗馬マシンを再開させるわよー。今度はバイブで膣内を振動させられながら、アソコを突かれるのよん。それはもう、自制が効かなくなるぐらいに気持ちいいんだからー。それっ」

ウィィィン。

ずっちゅ、ずっちゅ、ずっちゅ、ずっちゅ!

ヴィィィィィィン! う゛うぅぅ~~~~・・・。

乗馬マシンが動き出す。

膣内がバイブによっていやらしく震えながら、ピストン攻撃を受ける。・・・さらに、クリトリスもローターで優しく刺激される。

「あ”ーーっ! あ”ーーーーっ!! あ”ーーーっ! う”あーーーーっ!!」

「それとー、これからは、絶頂中でも容赦なく突き続けるからね。感じなくなるぐらいに感じまくれば止めてあげるから、それまで頑張ってね! 萌子ちゃん」

「む”りぃぃぃぃっ!! これ全然むり”ぃぃぃぃっ!! あぐぅぅぅぅっ!! う”あっ! う”あぁあっ!! ひゃまらないぃぃぃっっ!!!」

私の前の穴を、そんなにいやらしく振動しながら突いちゃダメなのぉぉぉ~~~っ!! 弱点すぎて、気持ちよすぎるのぉぉぉぉっ!! あ”~~~~っっ!!

がちがちがちがちっ!

振動するバイブで奥まで連続で突かれて、拘束具をがちゃがちゃさせる。

たっぽたっぽたっぽたっぽ。

おっぱいをゆらしまくる。肩のベルトと連結している赤いゴムが、常に私の体勢を整えさせる。

「あ”ぁっ! あ”あっ! あ”ぁっ!! あ”~~っ!!」

目が上を向き、涙があふれ出てくる。上半身をくねらせながら腰をびくびくさせる。アソコからは潮をぴゅーと漏れだして、足をガクガクと震わせる。

ずっちゅ、ずっちゅ、じゅちゅりっじゅちゅりっ!

ひゃめぇっ、ひゃめぇぇぇっ!! あっっはーーーーーっっ!!

そして頭の中がぐるぐるになって、ハッピーな気分になると、さらに大きな絶頂の鐘の音が鳴り・・・、

どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ!

「い”っっっは”ぁ”~~~~~~~~っっ!!」

ああぁぁぁあぁぁあ、全身がぁ~~私がぁぁぁ、たまらなく気持ちいぃぃぃのぉぉぉ~~~!

あぁぁ~~~~っっ!!

一時的に、幸せの白い空間に体が優しく包まれる。

ずちゅ、ずちゅ、にゅちゅ、ぬちゅっ!

ヴィィィ~~~~ッッ!

「あ”っ! あ”っ! あ”っ! あ”っ!」

絶頂後、語尾のすべてにハートマークをつけながら、自分の膣内を挿入され続ける。しかも振動付き。

がちっがちっがちっ!

不必要に体を動かし、拘束具を楽器のように鳴らす。

ローションと愛液でどっろどろの膣内は、バイブの摩擦で生じるの快感を高レベルで保ち続ける。

お股が・・・お股がすごい快感で満たされてるぅぅっ!!

ぼへぼへな私は、大きく口を開けて目を細めながら、再度、絶頂を引き起こす・・・。

バイブでアソコを突かれるのがぁぁ~~~、頭に激しく響くよぉぉ~~~・・・あへぇ~~っ・・・。




 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る