―――リモコンバイブで羞恥プレイ! 1――

お昼。私の部屋。

私は顔を赤らめながら、手を頭の後ろに組んで・・・下着姿のまま立っていた。

「今日は、羞恥プレイで楽しんでもらうわよ。いいわねっ? 萌子ちゃん」

「は・・・・・・はぃぃ・・・」

メイドの茜さんは、今日もまた・・・私を性調教する。

・・・私は、むぎゅーっと、まぶたと口を閉じる。

羞恥プレイは苦手だ・・・。すごぉ~く恥ずかしいことをされてしまうだろう・・・。でも、茜さんのモノである私は、あまり逆らえない。

う、うぅ~~~・・・っ。

「ブラジャー、外すわよ~」

肩甲骨の合間にあるホックを外されて、着用しているブラジャーの、胸を押さえる力が・・・なくなる。

ぽよんっ!

私のおっぱいは、己を誇張するかのようにぷるんと跳ねる。

「綺麗な乳房ねぇ・・・。ふふっ。・・・さて、パンツも脱いでもらうわよ~」

「え~~~っ!」

しゅるしゅるしゅる~。

真ん中がじっとり濡れてしまったほっかほかのパンツを、下にするする~っとおろされる。・・・その後、脚を持ち上げられて、完全に脱がされる・・・。

毎回剃られて、毛が一本も生えていない・・・ふにっふにの女性器が公開される。

顔の赤みが強くなる。乳首とクリトリスを手でささっと隠したいところだが、頭の後ろで固定するように命令されているので、茜さんに裸体をすべて見せてしまう・・・。

「羞恥プレイを始める前から、良い顔色してるわねぇ~。羞恥プレイといったら、やっぱりーっ、ノーブラ・ノーパンよね~っ! ・・・でもー、これだけだとちょっと物足りないかな~?」

茜さんは一端離れた後、大人の玩具箱を持って、こちらにやってくる。

「・・・ひっ」

私の表情が、笑顔で歪む。

乳首にはリモコンローターを、テープで×字に貼り付けられて・・・アソコには、太めのリモコンバイブをどっちゅりと挿入される。

「う~~~~~~っっ!!」

「あら可愛い。卑屈な微笑みと、しなやかな女体、それに性具を装着した状態がエロエロねぇ。これなら羞恥プレイも十分に楽しめそうね~!」

私の腰にベルトを巻いた後、中央で絡んでいる透明なテープをお股の方におろし、リモコンバイブを押さえ込んでから・・・お尻の方にくいっと上げて、裏側のベルトに連結させる。・・・リモコンバイブがしっかり挿入されて、抜けなくなる。

「次は、可愛い服を着ちゃいましょ~」

・・・明るい色のかわいらしい服とスカートを、履かされる。

上着は真ん中に大きなハートマークが描かれていて、人の視線を誘うような仕様になっている。さらに、スカートは大変短い。少しでも下からのぞこうとしたら、ノーパンなのが確実にばれてしまうぐらいの短さだ・・・。

「こ、これを着て外に出るつもりですかぁ~!」

「そうよー。だって、羞恥プレイだもん」

「うにゅぅぅうぅ~~~~・・・」

顔を下に向けて、目をぐるぐるさせる。

・・・しかし、私は・・・そんなことされているにも関わらず、うっすらと微笑んでしまっていた・・・。

快楽機姦研究所、1F エントランス

「・・・・・・っ」

あの後、私は茜さんに連れられて、お客さんがいっぱいやって来る1Fのお店売場の近くに来ていた・・・。

「んっ・・・・・ぅ・・・」

膣内に食い込む太めのディルドバイブが、にちっちゅりと動く。

私が歩くと、体もほんの少しよじれる。・・・お股の中も動作が連鎖して、膣壁がバイブでこすれてしまう・・・。

・・・膣内の感度は鈍いので、1度2度では何か感じるということはないのだが・・・数を重ねると、かなり効く。

歩く度にバイブがうごめき、私のお股をちょっとずつ幸せにしてしまう・・・。幸せは数時間ぐらい抜けない。蓄積するだけだ・・・。

「ほ~ら、もっと落ち着いて~。顔色が赤くなりすぎると、声をかけられちゃうわよ~?」

「はぁ・・・・はぁ~・・・・」

「ここらで、乳首用のリモコンローター、ポチっとな~」

茜さんはメイド服のポケットに手を突っ込む。・・・私の乳首に固定されたリモコンローターが優しく振動する。

ゥ”ゥゥゥゥゥゥ・・・。

「・・・っ・・・・っ!」

人に聞こえそうで聞こえないぐらいの振動音が、両胸から発生する。ピンッピンに勃起している乳首をやんわりとほぐしていく。

たゆんたゆんのおっぱいの先端が、じわぁ~~~っと気持ちよくなる・・・。耐えられないことはないのだけれど・・・、も、も、もしかしたら・・・っ、な、何か行動で現れてしまうかもしれない・・・っ。

とろ~り。

あーーっ! 言ってるそばから、エッチなお汁が太股にぃ~~っ!

バイブを固定するテープをびっちょり濡らして・・・、その隙間から太股の内側に・・・汁がつつーーと垂れてくる。

私はとっても濡らしやすい体質なので、すぐこれだ・・・。茜さんから渡されている愛液吸収用のタオルを、スカートのポケットから慌てて取り出して・・・、

「・・・場所を選んだ方がいいかもよ?」

へっ・・・?

茜さんにぼそっとささやかれて、一体何のことだろうと思ったが・・・次の瞬間、私は強烈な恥じらいを感じる。

「ーーーーーーっっっ!!!」

みんなが私のことをチラッチラッと見ていたのだ。中には、私に見とれて、じっと眺めている人までいる。

ぎゅぅうぅぅぅっ!

まるで、心臓が握られているかのような感覚・・・。

「はっ・・・はひっ・・・はひっ!」

私の意志に反して、つつーっと漏れ出てくる愛液。苦しくなる呼吸。

恥ずかしい! 恥ずかしいっ! 恥ずかしいぃっ! 恥ずかしぃ~~~~っっ!!

も、もも、もしかして、愛液っ、見えちゃってるっ!? あ、そ、それともっ、パンツを掃いてないことバレちゃってるっ!!? や、やだぁぁっ!! いやぁあぁあ~~~っ!!

目をぎゅっとつぶって、プルプルと小刻みに震えながら・・・茜さんの腕をぎゅっと握って、その場から立ち去ろうとする。

「急にそんな行動をとっちゃダメよ~。おかしく思われちゃうでしょ? リモコンバイブのスイッチも入れてあげるから、少し落ち着きなさいな~」

さ、サドメイドぉおおぉぉ!! まさかぁ、そこでそうするかあぁぁぁ~~~あ~~っっ!!

ウゥゥゥゥゥゥゥ・・・。

リモコンバイブが振動する。淡いピンク色のような振動。

「ーーーーっ!! ーーーーーっっ!!」

もしかしたらあえぎ声が漏れるかもしれない。もしかしたらあえぎ声が漏れるかもしれないっ!

そんな思考をしながら、口をぐっと押さえて・・・涙目な笑顔で、背筋を伸ばしてヒクヒクと震え上がる。

「さぁ、萌子ちゃん。なぜか人の視線が集まって来ちゃったしー、他のフロアに行きましょうか~」

茜さんは、私が苦しむ様子をごちそうにしているかのような表情のまま、私の体をぐぃぐぃと引っ張る。

ぎゅひぃいいぃぃ~~~~っっ!

心が悶える。たっぷり悶える。イケナイことしてる! わたし、すごくイケナイことしてるぅぅぅーーーっ!!

・・・何もしゃべれない。余計なことしたら、愛液がさらに漏れて・・・太股から地面に落ちちゃうっ!

「~~~~っっ!!!」

私は息苦しくてたまらない状態のまま、テクテクと急ぎ足で前に歩きだして、茜さんと一緒にその場を立ち去った・・・。

・・・と思ったのだが、

曲がり角を通る直前で・・・。

ぴらっ。

茜さんは、後ろを見ながらさりげな~く、私の短いスカートを真上にあげる。

「ーーーーーっっ!!?」

一瞬、ぷりんぷりんな私のお尻が丸だしになる。

パンツはいてない。

・・・パンツはいてない。パンツはいてない。パンツ、ハイテナイ・・・。

頭の中が、パンツはいていないことだけで、いっぱいになる。

・・・みんなに見られた。間違えなく見られた。私がパンツはいていないことをしっかり見られた。私が変態プレイをしていることを確実に見られた。

ーーーー悪魔っっっ!!!

瞳から涙が強くあふれた。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る