―――強制開脚電マで調教! 1――

快楽機姦研究所 地下1F エッチルーム。

「ふぇぇ~~~・・・」

手枷を装着された後、首輪と紐で連結されて・・・お股が触れない状態のまま、私はベッドの上に寝かされていた。

お股には、パンツの上から電マが固定されている。機姦「強制開脚電マ」というものをお股と太股に装着されており、太股の枷と電マに連結している棒が、傾きを自由に変更することで・・・私の太股を自由自在に開けることが可能となっている。

・・・そんなわけで、大股開きさせられた状態で、電マがパンツに食い込んで、アソコにぴったり当たっている状態だ。・・・しかも、手枷による行動範囲の制限のせいで、電マを触ることができない・・・。

スイッチが入ったら・・・お、お股が・・・すごいことになる・・・。っ、え、えへ、えへへっ・・・。

・・・振動させられる前から、私は自分の履いているパンツを、ぬっとりとぬらしていく・・・。

「あ~らら~。調教する前から濡らしちゃうとはー、とってもエッチな子ねぇ」

メイドの茜さんは、意地悪そうに微笑みながら、私の頬をゆっくりさする。

「今日からしばらく、萌子ちゃんのお股をさらに性開発していくわよ~。・・・ねぇ、萌子ちゃん。パワーを中にした電マの強い刺激ってどう思う?」

「ーーーえっ? ・・・そ、そりゃぁ・・・無理矢理絶頂させられるというか・・・あんまり気持ちなくないというか・・・」

「その通り~」

茜さんは、ポケットから謎のボタンを取り出して、ポチっと押す。

ヴィィイィィィィン~~~!!

「ひ、っうっ!! ん、ぐ、ぎゅ、ぎゅ~~~~~~~っっっ!!」

電マを遠隔操作するボタンだったようだ。強烈な振動が私のお股に直撃する。

ヴヴヴヴヴヴヴっ!!

「ひあーーーーーーーっっ!! あっ、あっ、あっ、あ、あ、あーーーーーっっ!!! やだやだやだやだぁぁぁあっ!! ひぎぃぃぃぃっっ!!」

ガチガチガチガチガチ。

強制開脚器具を震わせながら勢いよく悶える。

太股は閉じれない。脚を大きく開いたまま、電マで中央部分を激しく刺激される。

「あ”ーーーーーーっっ!! い”やぁぁあ”ーーーーーっっ!!」

電マは、かなり強いパワーになっている。パンツがすさまじい勢いで振動して、私のアソコを強く刺激する。

じわわわわわっっ!!

刺激的な熱が、お股から腰、背中、頭に上ってきて、叫び声を強制的に放出させられる。

無意識に腰をくねらせながら、太股を震わせて・・・振動している中心部分から、大量の愛液を漏らしてしまう。

ヴィーーーーーーンッ!!

「やめてぇえええぇえっっ!! おねが、おね、が、いっっ!!! ムリムリムリムリィィっ!! 強い! お股、振動、ダメ!! あ”ぁーーーーーーぁあーーーーーーっっ!!!」

び、びび、びくぅーーーーーんっ!!

・・・あっけなく絶頂。・・・本当に、あっけなく、絶頂。

もう絶頂しちゃったの? というぐらいに、高速で絶頂した。・・・そして、微妙な快感・・・。もっと気持ちよくイきたいよぉぉ~~・・・、刺激的すぎるのはあまり好みじゃないよぉ・・・。

「あ・・・へっ・・・っ・・・ぇ・・・」

「と、まぁ・・・パワーを強くすると、すぐに絶頂できるけど・・・あまり快感は感じられないよねー。萌子ちゃんは」

電マのスイッチを遠隔操作で切る茜さん。

パンツをぐしょぬれにしたまま、私は涙目でピクピクと震えていた・・・。

「ふぇぇ~~~・・・」

攻められる前と同じような声をだしながら、攻められる前とは全然違った火っ照り具合で、茜さんをじっと見つめる。

「そんな瞳で見られちゃうとぉ・・・お姉さんのお股も、キュンときちゃうわ~」

茜さんはウキウキしながら、私に固定されている電マとは別の電マを持ってきて、メイド服のエプロンにそれを当てる。

ヴィィィイ~~~ン。

スイッチを入れて、自身のお股をメイド服の上から激しく震わせる。

「ぅう~ん。私は、こういう刺激も結構好きなんだけどなぁ~。・・・んっ」

「な、何をしてるんです・・・?」

「ん~・・・。すぐにわかるわよ~」

血色の良い笑顔のまま、電マでアソコを刺激し続ける茜さん。・・・一度びくっと体を少し震わせた後、電マのスイッチを切る。

そこから、メイド服の内側に手を入れて、中からパンツをするるるる・・・。

あ、白い。めずらしい。

「ちょっと、染みパン、作ってみました~。ほら、私に性開発されちゃった萌子ちゃんは、これが大好物でしょ~?」

ほっかほかの生暖かい、中心が茜さんの愛液で濡れたおパンツを口の上に乗せられる。

「~~~~~~っっっ!!」

大好きなエッチの匂いが鼻の中で広がり、頭の中がピンク一色になる。茜さんのパンツ、しあわ~せぇえぇ~~~っ!!

「私の染みパンを、口と鼻から離さないように・・・タオルで固定してあげるねっ」

ぐるぐるぐる~。

口元をタオルで巻かれて、茜さんの愛が離れなくなる。

「うへ、うへへへへへ・・・・っ」

これが私の意思なのかはよくわからないが、なんかとってもエッチで酔~い~し~れ~るぅ~~。・・・イイよぉ・・・イイんだよぉぉ・・・。

「さらにー、萌子ちゃんを抱いちゃうっ!」

だきぃっ! ぎゅぅぅうぅぅ~~。

おっぱいがつぶされて、茜さんに抱きしめられる。

「あ、あ、あぁあぁぁぁあ~~~・・・」

私を愛おしく思う気持ちが、私の肌にどっぷりと流れ込んでくる。私は、電マなんかより、こっちのほうがとっても気持ちよくて、すごく嬉しくなる・・・。

も、もしかしたら、このまま茜さんに抱かれるだけで、ぜ、絶頂・・・できるかもぉ~~~・・・。にゃへぇ~~~。

「私に抱かれるとイイ気分でしょ~。・・・さて、この状態でここのボタンを押すと、萌子ちゃんはどうなるでしょーか?」

「ほへぇ~~~?」

ドゥィィィィィィィン。

お股に固定された電マが、改めて激しく動き出す。

「おっっ、ひょぉおおぉぉおおぉおおおぉおーーーーーっっっ!!!」

なんだかとっても幸せになる。先ほどの電マと同じ刺激なはずなのに、今回の刺激はおもらししちゃうぐらいに気持ちが良い。

ヴヴヴゥゥゥゥゥーーーー!!

「ほはっ! おっ、おっ、おあっ!! ・・・っっ!! ~~~っっ!!! おっ、ぐっ、う、う、うあっ! はーーっ!! は”ーーーっ!!」

ふわふわ浮かぶハート達が、ミキサーでぎゅるんとしぼられて、濃厚な快楽汁を体内で作り出す。

あへっ、あへっ・・・あへぇ~~~~~~っっ!!

閉じれないお股を刺激する電マが、むちゃくちゃ気持ちがいぃぃぃいぃぃっっ!! いひっ! いひっっ!! いひゅぅぅうぅぅぅっっっ!!!

びくびくびくびくびく・・・びくんっ。

茜さんに抱かれながら、私はいっぱいけいれんする。

ぶばぁぁ~~っ!

追加で潮吹き。濡れたパンツからエッチな水を勢いよく漏らし、固定されている電マをびちょびちょにする。

ヴゥゥゥゥウゥゥ~~~。

濡れても特に関係なく・・・電マはお股を刺激する。

だめっ! だめっ! い”やっ!! うぁ、あ・・・っ、あ”~~~~~~~~~~~っっっ!!!

染みパンツをハムハムして、茜さんの淫乱臭をた~ぷりと吸い込みながら・・・熱い、気持ち良い絶頂を起こした。

「ほぉ~~~にゃあぁ~~~ぁあ~~ぁ~~~・・・」

茜さんのメイド服とふかふかベッドにサンドイッチされた状態・・・。私のお肌が上と下からこすれることで、素敵な快感をじんわりと生み出していく・・・。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る