束縛中に子宮快楽ぜめを行う触手


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――束縛中に子宮快楽ぜめを行う触手――

前回。

触手に拘束されて身動きのとれない私は、お股の部分に穴の開いた分厚い触手パンツを履かされ・・・触手パンツによる胴体下部への締め付け攻撃と、挿入中の触手の膣内摩擦攻撃を同時に受けて、潮吹き絶頂をさせられていた・・・。

ぐ~~~、ぐ~~~~っ!

胴体下部をきゅうぅっと締め付ける触手パンツが、下腹部を特に強く押してくる。

「あ”・・・・・あ”・・・・っっ!!」

・・・子宮だ。子宮に位置するところが・・・意外と丁寧に・・・押されている。

じゅわ~っ、じゅわ~~~っ!

押された子宮は優しくつぶれたような感じになり、とろみを帯びた濃厚な快感を、少しずつ漏らしていく。・・・私の子宮は性開発を十分に受けており、絶頂後にこの部分を圧迫されると、かなり感じてしまうのだ・・・。身体がふわ・・・ふわ・・・と浮わつく・・・。

ん”ち”ゅるるるぅうぅ~~~~っ!!

「ああ”ーーーーーーーっっ!!」

乳首にくいついている触手も、自分たちの存在を忘れさせないような感じで、激しく吸い付いてくる。・・・もし、私が母乳を出せたら、みーんな搾乳されてしまうぐらいの執拗な吸い付きちゅぱちゅぱ攻撃だ。・・・乳首とおっぱいがとっても気持ち良い。・・・そして、その快感が子宮と共振する。

ぐ~~~、ぐ~~~~っ!!

「ひぇにゃああぁぁああぁあっっ!! あ”~~~っっ!! い”く”うぅ~~~~っっ!!」

子宮を外側からリズムよく押され、背中がびっくんびっくん跳ねまくる。

私を束縛しているぬめぬめの触手たちをぎゅちぎゅちと引っ張りながら、いっぱい悶える。全身を激しくひくつかせる。

いやんいやんとお尻を振ってみるが、触手パンツを履いたままではどうにもならない。子宮は押され続けて、濃厚な快感を必要以上に漏らしていく・・・。

「あ”ぁ”ああぁぁ・・・」

軽く絶頂する。・・・私が絶頂したのを見計らってから、膣内に挿入中の触手は・・・、

んっちゅぅぅうぅ。

え”・・・っ? え”~~~~~っっ!?

子宮口にキスをする。

「ふあ”ぁ”ああぁ”ぁ”あぁ~~~・・・」

ちゅぅううぅ~~~、ちいぃいゆぅぅうぅ~~~っ。

ふに”ゃ~~~~っ!! そんな所にキスしちゃだぁあぁめぇええぇ~~~~っ!!

触手の先端は、私の子宮口と接合して離れなくなる。・・・子宮の下から子宮内の中心に向かって、ピンク色のエキスをどくどくと注入しているような感じがして、子宮内部で色欲の華が咲き乱れる。

ぐにゅ~~~、ぐにゅ~~~。

そんなハッピー状態の私の子宮に、外部からの圧迫による刺激が加わる。

「ん”ひ”ゅぇえええ~~~~っっ!! う”・・・うにゃ・・・う”にゃぁ・・・」

あ”ぁ”あぁあ”~~~~~~。

あか、赤ちゃんを包容するところがぁああぁ~~~っ!! 気持ち良い、気持ちイイ・・・きもちぃいいぃぃいぃーーーーーーーっっっ!! ひゃ~~~~~っっ!!

骨盤内部が大きな幸せでど~っぷりと満たされていく。

ーーーーだが、それだけでは終わらない。

ちゅ~~~、ももももっ・・・もぬっ、もぬっ、もぬっ、もぬっ!

私の体内で子宮口と連結した触手は、子宮をやんわりと上に持ち上げる。・・・私の子宮を揺らす。私の子宮を可愛がる。ぽよんぽよん、ぽよんぽよんと・・・。

う”おおぉお”あああ”ぁああぁ”あ~~~~~っっ!!! やばひっ!! やばひいいぃいぃ~~~~っっ!! しょしょ、しょれっ・・・しょれ、気持ちよすぎいいぃいいぃいぃぃひ、ひひっ、ひあ”ーーーーーーっっ!!!

触手は私の性感レベルを把握しているのか、的確に、優しく、子宮を刺激する。・・・そう、私がとてもとても深く感じられるように・・・。

ぐにゅぐにゅぐにゅ、ぽにゅぽにゅぽにゅ。

下から子宮を持ち上げられ、横から子宮を圧迫される。・・・まるで、子宮のマッサージをされているみたいだ。

ちゅううぅぅうぅ~~~っ! にゅもにゅも、きゅうきゅう。

子宮を刺激されながら、乳首を2本の触手に継続して吸われ・・・膣道は圧迫されている最中に、まろやかにこすられて・・・胴体下部は、触手パンツによってずっと締め付けられている。

「ぁぁ・・・ひぇ・・・ぁ、ぅ、ぅ、ぁぁ、ぁあっ!!!」

ぼちゃびょちゃ、とろとろ、ぴゅーぴゅー・・・。

・・・なんかいろいろな分泌液をお股から大量に漏らしているが、そんなことが全く気にならないぐらい・・・頭の中がキラキラと輝く暗闇になっている。

・・・イイ。・・・これ、すごくすごぉく・・・イイ・・・。下腹部とお尻を締め付けられたまま、子宮を下からキスされ続けて、そのままお手玉のようなことをされるの・・・あまりにも、イイ・・・。

ひぇ・・・ひぇへへ・・・ひぇへ・・・ひぇへっ・・・。

ふんわりする絶頂を起こし、深みにはまっていく。絶頂の後に、ものすご~く大きな絶頂の波が押し寄せていることを知る。

・・・それはとっても幸せで、私の意識を全部飲み込んでしまうぐらいの、大きな大きなウェーブみたい・・・。

あ~~~~・・・。

すでに思考はほとんどマヒしている。とろっとろの笑顔のまま・・・深い快楽絶頂により意識を全て沈められることを、全面的に期待する。メスの本能に従うかのように・・・。

ぬっぽぬぽ~、ぐっにょぐにょ~。

自分の子宮内部に、ピンク色の触手エキスを何度も注ぎ込まれていく・・・。

「・・・・ぇ・・・ぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・っ」

けいれんすることはできても、抵抗することは全くできない・・・。子宮を外と中から同時にせめられることにより、私の抵抗する力は全て触手に奪い尽くされてしまい・・・体に絡まる触手を引っ張ることも、できなくなってしまった・・・。

・・・あぁ。・・・子宮内はエッチなエキスでパンパンに満ちあふれ、お腹を満足そうにポッコリ膨らませているような感じだ・・・。私の意識は途方もない快感のエネルギー飲み込まれて、四散してしまうのだろう。

にゅへっ・・・にぇへへへへへへっっ・・・。

ぶわあぁああ~~~・・・。

深い絶頂が始まる。・・・わたし・・・触手との交尾によって、すんごく、ぜっちょぉ・・・させられる・・・。意識がなくなっちゃうぐらいに・・・気持ちよぉぉく・・・ぜっちょぉ・・・させられちゃう・・・。

・・・ふっ・・・ふに”ゃあ”あ”ぁあぁああ”ぁああぁあお”おおぉ”お”おお”お”おぉおお”あ”あ”あおあお”あ”あぁぁあ”あ”あ~~~~~っっ!!!

子宮から凄まじい快楽電流が生まれ、全身に流れていく。

ああ”・・・ああ”ぁあぁぁあ”っっ!!!

そんなもん、1秒たりとも耐えられるわけがなく・・・身体は踊らされ、幸せで何もかも理解できなくなる。

・・・だがそれが何よりも嬉しいのだ。人間の頂点に立つ素敵な快感。・・・メスとしての最高級の満足・・・。

ぐぐうぅぅ~~~っ、びゅくんっ! びゅくんっ! びゅくんっ! びゅくんっ! びゅくんっ!

子宮に連結している触手は、白濁液を大量放出する。

っ”っ”~~~~~~~~~っっっ!!!

全身が表現しがたい至高の喜びに包まれる・・・。私の意識は、生物としての本能に従ったまま、ひゅわ~~っと無くなってしまった。・・・しあわせだった。

・・・しあわせだった・・・。そう・・・しあわせ・・・だった。

朝。自分の部屋で。

・・・全裸の私は、快眠ベッドの中でまぶたをパチリとあける。

ぐっすり眠っていたようだ。・・・体はほんのりと甘く、お肌はつやつや。ほっぺはふにふに。

「うぅぅ~~~~んっ」

体を変な風に曲げながら、のびのび~~っと背筋を伸ばす。・・・その後で昨日の自分を思い返す。

・・・触手パンツを履いた後の・・・記憶がない。

なんかすっごくイイことされていたはずなのだけれど・・・、不思議なことに全く覚えていない。

自分がとても幸せだったことだけが、骨盤の中心から溢れてきている・・・。触手にポルチオ性感でも突かれ続けたのかなぁ・・・。

まぁ、いいやぁ~。気持ちよければ、それでいいよねぇ~。

・・・私は、ルンルンはっぴ~な気分になったまま・・・昨日の幸せの余韻を堪能しつつ、目をつぶり・・・寝たふりをする。

んちゅうぅぅっっ!!

「ん”お”ーーーーーーーっっっ!!?」

・・・しばらくそんな状態でいたら・・・ダイレクトお目覚めキスを、いつものメイドにされてしまった。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る