おへそをバイブで快感調教!


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―――おへそをバイブで快感調教! 1――

快楽機姦研究所。地下1F 実験室。

今日は珍しく私服姿のまま実験が行われる。・・・パンツの代わりにオムツを履いているけどね。

・・・そして、ちょっと変わった拘束をされている。

まず、透明なイスに座っているのだが・・・おっぱいの下に、ガラスのような透明な板が設置されていて、私は胸より下をさわることができない状態だ。服も上にめくられたまま板の上に乗せられているので、透明な板より下は裸になっている。

続いて、お腹は「C」のような形をした分厚いマットに固定されている。おへそを丸だしのままだ。下腹部のところに、もう1枚透明な板が連結していて、そこから先はオムツを内装した短パン姿で座っている。

・・・後は、目の前に胸と同じ高さぐらいの大型の機械が置かれている。これが今日の実験機姦だろうか? ・・・以上だ。・・・服をめくられてお腹だけが裸のまま拘束されている・・・。手も足もお腹に移動させることはできない。・・・腹部になんかいやらし~ことをされるのかもぉ~~~・・・っ!

「うぅ~~ん。・・・舐めたくなるような可愛らしいおへそをしてるわねぇ~。・・・なめらかでふにふにの萌子ちゃんの柔らか~いお腹・・・少しだけぷっくらとふくれた愛らしい形が、くびれの下にちょこんとへこんでいるおへそをとっても魅力的にしているのね・・・う、うふっ・・・うふふふふっ・・・」

メイドの茜さんが、隣から私のおへそをじっくり眺めている。・・・きょ、今日は、おへそ狙いだったかぁぁあ~~っ! フェチだぁぁあ~~! いやぁああ~~~っ!

「暴れても無駄よ~、萌子ちゃん。・・・お腹はし~っかりと固定されているから、そのひょぽんとへこんでいるおへその内部・・・楽しく性快楽実験させてもらうわよぉ~~」

「やぁあぁ~~~んっ!」

・・・そんなわけで、今日はおへその快楽実験が始まる。

「今回使うのは~、目の前に設置されている、機姦「おへそ快楽調教機」よーん。・・・早速動作開始するわねっ!」

茜さんは、タブレットをポチポチと操作して、おへそ快楽調教機を起動させる。

ドゥゥィイィィーーーーン。

機械の外部が、閉じているふたをシュインと開けて・・・先端がぬっとりしていそうな、とても大きな黒色の円形の棒を、私のお腹の中心に伸ばしてくる。

ウゥーーーーン。ぬちゅりっ。

「・・・ふ”ぁっ!!」

大きな円形の棒が、私のお腹をちょっぴり押すような感じでぶつかる。・・・中央に小さな突起物があったみたいで、それが、ぬもっと・・・おへその中に入り込んでくる。

「う、うへぇえぇ~~~・・・っ」

ぬっちょりしたものがお腹に密着したまま離れなくなる。いやらしー触感を受けて、腕を透明な台の上で少し左右に動かしてしまうが、お腹に連結した太い棒に何か影響を与えることはできない。・・・と、いうか・・・このお腹に連結した大きな丸い棒は一体何なんなのだろうか? なんかすごく濡れていて、お腹がじんわりするんだけど・・・。

「あーそれ? お腹に媚薬をたっぷりと染み込ませるための機械よ。常に微量の媚薬を排出して、対象者のお腹の肌とおへそに、じわじわ~と媚薬を植え付けるのよぉ~

ちょっと時間が経てば、おへそを触られるとビクンビクンになっちゃうエッチな子の出来あがりぃ~!」

「えっ!? ・・・ひ、ひいぃぃいぃ~~~~っっ!!」

説明を受けて、あわあわする私。・・・お腹にはずーっと巨大な媚薬排出棒が接触を続けているため、おへそとその周りがじ~んわりと気持ちよくなっていく。

「は・・・はへっ・・・お、お、お腹が・・・」

・・・お腹の中央とおへそに、媚薬を継続して注入される。・・・だんだん、おへその内側がイイ感じに気持ちよくなっていき・・・呼吸によって、出たりちじんだりする運動だけでも・・・快感を感じるようになっていく。

・・・そのまましばらく、おへそを媚薬漬けにされる。私のお腹の内部が、色っぽくうねりだす・・・。

ウゥーーーーーン。

ようやく、大きくて丸い媚薬注入棒は撤退する。

「はっ・・・はっ・・・・はにゃ~~~ぁ~~ぁ~~~っ」

お腹に媚薬を注入され続けた私は、もう、とろろぉ~~ん。透明な台の上で頬をもっちりさせ、腕を垂らしたままひくひくしている。

「おへそ用の媚薬が効いてきたわねぇ~。・・・どれ、ちょっと綿棒でテストしてあげましょうか。・・・愛おしい萌子ちゃんのお腹の中心に、優しく挿入してあげるね~」

白い綿棒を取り出した茜さんは、それにローションを濡らした後、私のお腹の中心にゆっくりと差し込んでいく。

つぷぷ・・・。

「ひゃぁああぁ~~~ぁぁあ~~~っ!」

拘束されて動かせないおへその中に、ぬっちょりした綿棒が差し込まれていく・・・。

そこからぐ~にぐ~にと回転。

「ぁああぁ・・・ぁああ・・・っ・・・は、はひぇえ~~~っ! ああ、あ、あ、ぁ~~~~~っ・・・」

お腹の中をやんわりとかき乱されている気分になる。・・・おへそに指をつっこまれてぷにぷにされる時の快感を、大きく増幅させたような感じ。・・・お腹を酔わせてしまうような快感を受けて、私は変な気分になる。

「はぁ・・・はぁ・・・は、はひっ・・・はひぃっ・・・!」

・・・そう。普通の性感帯と違って、おへその内部の快感は変なのだ。う~ねう~ねとしているというか、妙に不快で気持ちいいというか・・・。

「奥もちょっと突いてみましょうか~」

ぐぐぅーーっ。ぐぐぐぅーーーっ。ぐにん、ぐにん、ぐにん、ぐにん。

「あ、ああ・・・ああぁああぁああぁ・・・っ!」

綿棒でゆっくり押される。お腹の奥に快感が走り、それが背中の方までたどり着いた後、腰全体に拡散する。

「イイ感度ね。これならおへそを刺激するバイブでも、とっても気持ちよくなれると思うわよー」

ーーーーつぽん・・・っ。

綿棒を抜かれる。おへその中から、とろーんとローションがこぼれる。

「あ・・・は・・・はへ・・・っ」

慣れない快感を受けて、びくびくしている私。

「あらあら、この程度で強く感じちゃってぇ~。・・・これからおへその内部に行われるバイブの快感調教はー、もっと強烈なのよぉ~? それ、ぽちっとな~」

ウィーーーーーーン。

今度は、やや小さい男性器の形をした機械のバイブが、おへそに向かって伸びてくる。

へ・・・へひっ・・・!

おへその中に、バイブの先端を挿入されちゃうぅ~~~!?

・・・私はまぶたを大きく広げながら、自分のおへそに接近する小さめのバイブを見つめていた・・・。

つ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷ・・・。

「あ、あ、あ、あ、あ~~~~っ・・・」

私の凹っているおへそにぴったり合いそうな形の、凸ったバイブが差し込まれていく。・・・おへその中に、ちょっとひんやりしたぬるぬるのバイブが進入していき・・・そこから生じる変な快感が、私の脳をぬっとりと舐め回す。

つ、ぷ、ぷ・・・。

「お、おへ、おへそぉ~~~・・・だめ~~・・・おへそぉ~~~・・・だめひゃぁあぁ~~ぁ~~・・・っ」

私のおへその周辺を軽く拡張しながら、バイブの先端がきっちり挿入される。・・・あ、赤ちゃんのへその尾みたいぃ~~~・・・。

「うふふ、このバイブは赤ちゃんのさいたい(へその尾)みたいな感じでー、萌子ちゃんのお腹の中に快楽の栄養をいっぱい与えてくれるわよぉ~。・・・振動開始ぃ~」

ヴウゥーーーーーーーッ。

「ーーーーーーーっっ!!?」

おへその周りが振動させられる。お腹の中の様々な部分がプルプルと震わされて・・・変な快感が、一気に強くなる。

「ぐ、ぷ、ぷ・・・ふひっ・・・ふひっ!?」

呼吸が乱れていく。媚薬をたっぷり蓄えたおへそに、エッチなバイブの振動が継続して与えられる・・・。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る