白いビキニ少女との海水浴


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第1話 白いビキニ少女との海水浴


 ○白いビキニの球

 梅雨が明けた7月、球(19才)の携帯の着メロが軽やかに鳴り響いた。

「はい」

 聞き慣れた声が聞こえて来た。
 それは彼氏の謙太からであった。

「球?今週日曜日湘南へ行かないか?俺、もう海が恋しくてさ。実はさあ、博之とミキからダブルデートをしようって誘いがあったんだ。で、一応球に聞いてから返事するって答えたんだ。どう?行く?」
「にゃっ!いいよ!行こう~。でも今年まだ水着買ってないの」
「いいじゃん。去年のでも。球はスタイルがいいから何を着ても似合うさ」
「にゃんにゃん~!そんな嬉しいこと言っちゃってさ~。口がうまいんだから~。」
「はっは~!じゃあ、今度の土曜日、クルマで球を迎えに行くからね。準備して待っててね」

 謙太の運転するクルマは4人を乗せて、国道134号線を西へ西へとひた走った。
 交通渋滞が予測されたため、早朝に出たのが正解のようだった。
 お陰で割りとスムーズに湘南にたどり着くことができた。
 球たちは片瀬東浜海水浴場に向かった。
 江ノ島の東側にあって、とても人気のある海水浴場だ。
 片瀬東浜はすでにかなりの賑わいを見せていた。

 ギラギラと太陽の降りそそぐ中、球たちは早速着替えて砂浜へ出て行った。
 球の水着は真っ白なビキニであった。
 腰にショートパレオを巻いている。
 この夏、素肌を太陽に晒すのは初めてのことで、色白な肌が何とも艶めかしかった。
 19才としては実に大人っぽく、既に女の色香をムンムンと漂わせていた。
 167センチと背も高く、モデル張りのプロポーションを持ち、胸の隆起、腰のくびれ、どこをとっても実にバランスがよく、パレオからスッと伸びた美脚は特に人目を惹いた。
 あえて俗っぽく表現するなら『男好きのするカラダ』と言えた。

 球たちは、沖には行かず浜で遊んでいたが、博之からひとつの提案があった。
 ゴムボートを借りて、沖のブイが浮かぶ辺りまで行こう、と言うのである。
 ゴムボートは二人乗りだったので、4人は2組に分乗することになった。
 4人は謙太・球組、そして、博之・ミキ組に分かれた。
 二艘は最初並んで波間を揺らいでいたが、しばらくすると次第に離れていった。
 それぞれが2人きりになりたかったから当然であったかも知れない。
 球たちのボートから、博之とミキの姿が僅かに確認できるほどの距離になった。
 よく見ると博之たちが抱合ってキスしているではないか。

「おおっ!早速やってるじゃん~!くう~、じゃあ俺達も・・・」

 そういいながら謙太は球を抱き寄せて唇を重ねてきた。
 ただボートはバランスを崩すと転覆してしまうので、謙太は慎重だった。
 ふたりはバランスを保ちながら、ややぎこちなくはあったが抱擁を続けた。
 謙太の舌先が球の口内をまさぐる。
 左手は球の肩に、そして右手は・・・

第1話 白いビキニ少女との海水浴 ここまで

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『球 淫獣の洞窟 』一覧に戻る