触手とクリトリス 1


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――触手とクリトリス 1――

―― 触手とクリトリス 1 ――

「およっ?」

ーー夜。

これから自慰行為をしっちゃおっかな~と思いながら、下着姿の状態でタオルを持って、布団の方に移動した時・・・ピンクのリボンテープで巻かれた箱が置かれていたことに、気がつく。

「ん~~っ? ・・・おっ!」

挟まっていた手紙を発見して、それを見てみる。

ーー 親愛すぎる萌子ちゃんへ 私がいない間にオナニーしたかったら、これを使ってみてね! 茜より ーー

「は、はぁ・・・」

手紙を呼んだ後、テープをしゅるりと解き、中を確認する。

・・・すると、そこにはピンクのリボンをつけた可愛らしい触手が入っていた。

な、なんだろうか・・・、この女性用って感じがする触手は・・・。

私は頬から汗を垂らしながら、ぷにっとする肌触りの良い触手を手でつかみ、ぷら~んとさせながらじっくりと眺めてみる・・・。わりと短い。

「う~ん・・・」

・・・触手ということ以外はわからなかったので、もう一度、箱の中を覗いた時・・・取扱説明書らしきものを発見して、それを読む。

「ふむふむ・・・」

どうやらこの触手は、クリトリスのオナニー用に使われる機械らしい。・・・使い方はとっても簡単。触手の先端をクリトリスに近づけて「OK、触手」と話すだけで良いみたいだ。

既に興奮してきている私は、その新しい道具に興味がわいてきて・・・、早速試してみることにした。

持ってきたタオルを布団の上に敷いた後、太股を寄せてパンツをするりと下におろす。

つーー・・・。

お汁がパンツから糸を引く。・・・エッチしようかな~という発想に至ったら、パンツがすぐ濡れてしまう。・・・エッチな体だなぁ・・・私・・・。

軽くドキドキしながらタオルの上にお尻を乗せて、両足を開きながら、触手をつかんでクリトリスの側に寄せる。

「OK、触手っ」

触手の電源を入れる。

もにゅりっ。

触手は私の手をするりとぬけて、クリトリスに・・・ぴたちゅっ! ・・・しっかりと食いつく。

「おぉう・・・」

クリトリスに食いついた触手をぐいぐいとひっぱるが、全然離れない。クリトリスと合体中だ・・・。

・・・そういえば、停止ってどうするんだろ? ・・・そんなことを疑問に感じた時・・・、

ちゅぅぅぅ~~~・・・。

「・・・っっ!!」

クリトリスが吸われて皮を強制的に剥かれる。触手内部の肉厚空間に、皮を剥かれたクリトリスの全体が、きゅっと飲み込まれる。

あ・・・なんかこれ・・・ま、マズいかもぉ~~・・・。

もちゅっ、もちゅっ、もちゅっ、もちゅっ。

触手が本格的に稼働する。収縮を繰り返して、私のクリトリスとその付け根に、気持ちの良い感触を与える。

「・・・っ、・・・。・・・ん、・・・・」

私はちょっぴりいい笑顔になりつつ、停止機能、停止機能・・・と頭の中で繰り返す。

もっにゅ、もっにゅ、もっにゅ、もっにゅ。

「あっ・・・あ~っ・・・、っ、はぁ~ん・・・」

停止機能について探さなきゃいけないのに、クリトリスのしびれる気持ちよさで頭がぼへーっとしてしまい・・・頬を枕に押し当てながら嬉しそうな笑顔で、ゴロゴロしてしまう。

「んあっ、んあっ・・・はわわ~~、はわわわぁ~~~」

クリトリスは次第に大きくなり、触手の柔らかい肉圧を外側に押し出す。・・・にっちゅりきゅうきゅうの空間に梅尽くされたクリトリスは、触手によってもみもみと優しくもまれ続けて、快楽の刺激を脳に伝えてくる。

もっちゅり、もっちゅり、も~ちゅもちゅ~。

「あああっっ・・・、はぁ、はぁぁ、はぁぁぁあっ、は~~~~っっ!!」

ふと気がつくと、私はびくびくしながら、口を大きく開けて、あえぎ声を漏らし続けていた・・・。

触手の止め方を調べなければならないのに、体がいうことを聞いてくれない。体幹をくねらせながら、楽しく悶えようよぉ~、と甘くささやいてくる・・・。

だ、だめだよぉ~っ。という意識を働かせるが、甘い刺激がじわ~っと届く度に、決断力は削がれていき・・・、ゆる~く口を開けた状態のまま、少しずつ動けなくなっていく・・・。

はぁ~~~~~・・・。

触手の下から、エッチなお汁をタオルに垂らしつつ、瞳をきらつかせてクリトリスの性感を嬉しく感じ取る。クリトリスは触手にもっちゅもっちゅされていて、暖かい・・・。気持ちいい・・・。

ふーーっ、ふーーっ、ふーーっ、っふーーーっ。

鼻息が荒くなる。

ほへぇえぇ~~~・・・。

頭がさらにぼーっとしてくる。

このままず~っと触手にクリトリスをいじられたい・・・。

で・・・でもでもでもぉ~~~っ、て、停止・・・あっ、あっ・・・停止ぃ~~~っ! あーーーっっ!!

背中がぐにゃっと曲がる。ブラジャーを着けたままのおっぱいをぷるんと震わせる。クリトリスの刺激のせいなのか、乳首もピリピリした甘みを生じさせている。・・・はにゃーー・・・。

にゅっちゅにゅっちゅぺちょぺちょぺちょ~り。

「あ~~っ、あ~~~っ、あ~~~~~っっ・・・」

いいわぁ~~~・・・これ、すごく、いいわぁぁあぁ~~~・・・。

気持ち良いよぉ~~~。嬉しいよぉ~~~。1人でも楽しめるクンニだよぉおぉ~~~。

体がふわふわ~、頭がとろとろ~、・・・になっていく。体のあちこちに気持ちよさが流れ込み、布団にこすれると、より良い触感を生み出していく・・・。

ゆさゆさゆさゆさゆさ・・・っ。

腰も勝手に小さく動き出す。肩を前後に振られているような感じで、私は上腕と胴体を揺れ動かす。・・・ついでに脚も、くねり、くねり・・・。

もむもむ、もむもむ・・・。

「ふぁぁ・・・」

意識が沈む。お股が、かぁ~っと暖かくなって、じ~んわりとした素敵な快感を、大陰部や膣内に伝える。

とろとろぉぉ~~~・・・。

膣内はぬめるお汁でいっぱいだ。アソコからとろぉ~んと漏れてきて、タオルをさらに湿らせる・・・。

ぴちぴち、ぴちぴち。

触手はクリトリスにきゅっと食いついたまま、ずーーっともみもみしている・・・。

「ふ・・・あ・・・あっ、あぅっ、あぅ、あはぁ、ああぁぁぁっ! ほにゃあ~~~~っっ!」

ゆさゆさゆさゆさゆさっ!

体をハイテンポで揺らしながら、後頭部で枕をこするように顔を横に振る。・・・その後、首を少し斜めに傾け、にっこり笑顔のまま体を連続でひくつかせる。

「あへぇえぇ~~~・・・。・・・っ、・・・っ、うひっ!? あ、あ、ああ、ああ、ああ、あ」

一旦快楽の波が退いた後・・・ぶわっとくる。そう、ぶわっと。

「あ、待って、待って、い、い、イっちゃう。クリトリス待ってっ! イクっ! あっあっ、あっあっあっ!! いあっ、いあっ! いあぁっ!! いっ・・・ひゃぁああぁ~~~~~っっ!!」

触手は全然待ってくれない。優しいのか意地悪なのかわからないが、とにかく丁寧に、クリトリス全体を軽く吸いながら、もみ続けている。

びびくんっ!

あ・・・っ。き、きちゃった・・・。

「ああぁぁぁああぁっぁあぁあっぁぁあぁぁ~~~~~・・・」

クリトリスの刺激が背中とリンクして、背部をびりり~っと気持ちよくしていく・・・。私のまぶたはうっすらと閉じて、嬉しそうな曲線を描く。

もっちゅもっちゅ、もみもみもみゅもみゅ。

「ーーーーーーーーっっ!!」

頭にも、一気に快感が流れ込む・・・。その途端、私はとっても嬉しくなって・・・。

わひーーーーーーーーっっっ!!

心が楽しく踊るような、喜ばしい絶頂を迎えた。




 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る