夢か現か 触手プレイの末


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第12話 夢か現か 触手プレイの末

○夢か現か

「怪物なんかに感じさせられて堪るものか」という強い気持ちはあるのだが、身体だけが勝手に一人歩きしまう。
 波が引いたかに思えても、直ぐに押し寄せてくる高波。
 それは鮮烈な快楽の訪問者。
 球はしばしば身体を痙攣させ、意志とは裏腹に絶頂に達してしまった。

「ふはあんっ、んぁはぁっ・・・ふうあっ・・・ふ、ふあ、ふああっ、ふああああああっ」

(チュチュチュ~~~!)

 亀裂の奥でストローでジュースを啜るような音がした。
 妖獣に付着している疣が一斉に活動を開始したのだ。
 溢れさせたシロップを強い吸引力で吸い込んでいく。

(もう、もうだめ!もう許して!いやっ!狂っちゃう!いや!やめてっ!もう吸わないでぇ~!いや~~~!ああぁぁぁ~~~!)

◇◇◇

「おい、球!どうしたんだ!?さっきからすごくうなされているけど」
「・・・? ・・・・・・!?」

 突然耳元で聞こえた謙太のつぶやきに球は気がついた。
 だが何が何だか訳が分からない。

 ゴムボートの上で球は仰向けに寝転がっていた。
 直射日光を避けるため、誰かが顔にタオルを掛けてくれている。
 掛けてくれたのは謙太しか考えられないのだが。
 その謙太はと言えば足元に座り、球のパンティをずらしてクンニしているところだった。

「え~??妖獣は!?イソギンチャクは!?」
「何を寝ぼけているんだよ。そんなものどこにもいないよ。」
「うそ~!それじゃあ、今の全部夢だったの~?」
「怖い夢でも見てたんだな?俺が博之のボートにドリンクを取りに行って、ここに戻ってきたら、球はスヤスヤ眠ってたよ。」
「え~?眠ってた・・・?そうだったの・・・。」
「で、球は起きるのを待っていたんだけど、全然起きる気配が無くて。仕方なく顔にタオルを掛けてやって起きるのを待ってたんだ。でもさ、球が足を広げて眠っている姿を見ているうちになんかムラムラ来ちゃってさ~。パンティをずらしてペロペロしちゃったってわけ。どんな夢を見たのか知らないけど気にすることないよ。」
「うん、そうだね。でもリアルだったなあ。実はさあタコのお化けとエッチしちゃったのぉ~。」
「タコのお化けと・・・エッチ?わっはっはっは~!バカだなぁ~。最近タコの刺し身でも食べ過ぎてタコに恨まれているんじゃないのか?わっはっはっはっはっは~~~!こりゃ傑作だ~!」
「もう~。笑わないでよぅ。夢の中ではマジで怖かったんだからさぁ。」
「で、タコとエッチして感じたの?」
「ん・・・?うん、ちょっとだけ感じたかな?ごめんね、謙太以外で感じちゃって」
「はっはっは~!夢だしおまけに相手がタコなら別にいいよ~。それよりさぁ、かなり沖に来ちゃってるし、ここなら誰も見てないし、1発やろうよ。俺、さっきからもうビンビンになっちゃって。」

 謙太はボートが転覆しないようにバランスを取りながら、球をそっと抱き寄せた。
 唇を重ね合って、球の身体を隈なく愛撫する謙太。
 球の股間に指が伸びた時・・・

 驚いたことに、ずらしたパンティから信じられないものが現われた。
 それは1匹のイソギンチャクだった。

「ええ~~~っ!!イソギンチャクがいるじゃん!いつ入ったの!?」
「う、うそ~!イ、イソギンチャクが!?マジで!?」
「マジも何もほら見てごらんよ!」

 球は蠢くイソギンチャクを見て思わず絶句してしまった。

「し、しかも!コイツ、球の大事な場所をいたずらしてるじゃないか~!ムカッ!コ、コイツ~!」

 謙太はイソギンチャクを掴んで、大海原に放り投げてしまった。

「はは~ん、アイツがパンティの中に入って球にいたずらしてたから、変な夢を見たんだな~?」
「にゃっ、そうかも」

 謙太の言葉に相づちを打ったものの、球にはイソギンチャクや妖獣との交わりが夢ではないように思えてならなかった。
 今でもあの時の感触が身体の奥底に鮮やかに残っている。
 妖獣たちに犯されたのは本当に夢だったのか・・・
 それとも・・・

 謙太はどこかノリの悪い球に些かの不満を感じながらも、懸命に腰を動かすのだった。

 終わり

第12話 夢か現か 触手プレイの末 ここまで

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『球 淫獣の洞窟 』一覧に戻る