始まり


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―― 始まり ――

「う、うわぁぁぁぁあああっ!」

パジャマ姿の私は、唐突に目を覚ます。

ーーー・・・。まずい。

たぶんまずい、きっとまずい。おそらくまずい。

おそるおそる、パンツの中・・・お股の方に手を伸ばしてみる。

あっ・・・。

ぬるぬるして暖かい。少し粘つきもある。・・・。うん、これはやらかしちゃったなー。

ティッシュ、ティッシュー。と、ティッシュ箱から無造作に、3、4枚ほどちぎって、お股からこぼれる液体を拭き取る。

どうやら、すごいエッチな夢を見ていてたようだ。濡れてしまうほどだから、相当にエッチな夢だったんだろうなぁ。

「んーー・・・」

私は自分の部屋のベットにごろんと横になり、もう一度、夢の内容を、よーくよーーく思い出す。

イメージしろ! 感じるのだ!

もやぁ・・・。

なんとなく、見ていた夢を思い出す。

・・・。

どうやら、私がこんな状況で何かしていたようだ。

うん、すごいエッチな状態だったんだな。

何の夢だったかわからないけど、私はいい夢だったことの余韻を楽しむ。うへへーっ。

「お姉ちゃーん? 朝ごはんだよー」

ビクぅッ!

扉の向こうから声をかけられる。妹の桃子だ。

あわわっ! ズボン半脱ぎ状態で、パンツの中にティッシュを当てている姿を見られたりしたら、妹のももが私に発情してしまう!

「い、今いくよぉ~」

そう冷静さを振る舞い、私は急いでパンツを元に戻す。

パジャマ姿のままスリッパを履いて、1階のキッチンに向かった。

2040年、4月1日 日本、◯◯県。◯◯市

私の名前は「萌子」。19歳の女性。現在は無職。ニートじゃないのよ。

「今日は目玉焼きとウインナーだね! いっただっきまーす!」

白いご飯が今日もうまい!

はぐはぐはふはふ。

「相変わらず、お姉ちゃんはよく食べるね」

そう、私の妹に声をかけられる。

私の隣に座って、おいしそうにご飯をパクパク食べているのは、妹の桃子。

親は2人で旅行中のため、家事全般は妹のももが全部こなしてくれている。

私に似ず、しっかりものだなぁと、妹のももにほれほれする。妹のももは、私に見られるとうれしそうに顔を赤らめて、お口をもぐもぐしている。

「でも、お姉ちゃんまで、家を出て行っちゃうとなると、私、寂しいなぁ~・・・」

「ふっ、ももよ。私はもう旅立ちの日が来てしまったのだ」

ワイルドに決めてみる。

「やっぱり、行かないでほしいなぁー・・・」

ももはそんな私を無視して、両手をツンツンしながら、ちらっちらっとこちらを見てくる。かわいい。

だが、子はいつか家を出ていくものなのだ、あきらめてくれ。ももぉーーっ!

「そう言われても・・・、ほら。会おうと思えば、またいつでも会えるから、ね」

「う、うん・・・」

「それじゃー家のことはよろしくね、もも!」

「はぁーい」

私は残りのご飯をぺろっと平らげて、出かける準備を行う。

さて、私は今日から「快楽機姦研究所」という怪しい名前の施設で、住み込みの形でエッチなお仕事(?)をすることになってる。

名前の通り、エッチなことをする機械を研究しているところらしい。普通の女性なら嫌がるかもしれないけれど、まぁ・・・私は、比較的エッチなことが好きなタイプなので、あまり気にしていない。

それどころか、女子力アップ、超高給、楽しいエッチ、安全性もしっかり。と、すごく好条件だったりもする。

なお、これは親の同意済みである。うちの親、ほんっとフリーダムだよなぁとも思う。自由にさせてくれることは、ありがたいけどね。

午後。

コンビニで今日の夕食を買い済ませた後、出かける準備を終える。

・・・約束の時間だ。

私は妹に再度別れの言葉を述べた後、軽いバッグを掲げ、靴を履いて外にでる。

これからお泊まりする施設では、生活用品は支給されるため、荷物は基本不要らしい。これといって必要なものはないので、軽いバック1つだけになってしまった。

だけど、出かける前は、忘れ事がないか少し不安なので、必要な物リストを改めて見直す。

・・・うん。問題ない! バッチリだ。さぁいこう!

がちゃり。

玄関を開けて、外にでる。

外に出た瞬間、ふわっと優しい風が吹く。冬があけてから一月、気温も穏やかになり心地よい。

うーん。いい天気だ。

でも春は花粉のせいで、ちょっと苦手なんだよな。なははっ。・・・はっ・・・はっ・・・。

・・・。

「・・・ファクション! 」

盛大に一度くしゃみをする。花粉のせいだったらやだなぁ・・・。

ポケットティッシュでちーんと鼻をかみ、気を取り直す。

さぁ改めて出発だー! おー!

てくてくてく。

私が、家の門から外に出ると、見慣れない黒い車が、いかにも待ち合わせていました。と行った感じで待機していた。

ガチャ。

運転席から黒服の男の人が、顔を出す。

男の人はやや身長が高く、スタイリッシュな体型をしており、サングラスをつけている。

素人の私でもわかる! この人、めっちゃ手慣れている感じがする。それはもう、戦闘したら何人もフルボッコできそうなぐらいに。いや、多対一でそれは言い過ぎか。

「萌子様で間違いありませんね?」

そんな風に男の人を眺めていた時、声をかけられる。

「は、はい!」

「私は快楽期間研究所まで萌子様を案内する、運転手の賢(まさる)と申します。まずは、助手席にお乗り下さい」

そう言われたので、あやしー車に、ひょいっと乗る。

男も運転席の方に戻る。

あ、車を動かすんだから、シートベルトもしなくちゃね。

「シートベルトはされましたか?」

「はい」

「書類に目を通されましたか? 」

まるで子供を心配する執事のように、黒服の男性は、私に尋ねてくる。・・・意外とこの人優しいかも。サングラスのせいで表情は読み取れないけど。

「はい、ひと通り確認した上で、同意済です」

「夕食も、持参されましたか?」

「はい、問題ありません」

すると、納得したかのような態度をとり、

「それでは、出発します」

エンジンをふかせて車を走らせ、移動を開始する。

・・・。運転中、特別なことは何もなかった。

特に会話することもなく、ただ普通に音楽プレイヤーで好きな曲を聴いていた。

・・・。

「施設の近くまで来ましたよ。もうすぐ到着です」

車に乗ってから1時間ぐらいだろうかな~?

「左方向に見えるのが、例の施設です」

おっ! どれどれ~っ。

「でかっ!」

快楽機姦研究所という施設の大きさに驚いて、思わず声を漏らしてしまった。

「あれ、全部ですか?」

「はい、あれ全部です」

「ほぇー・・・」

正直、驚きを隠せない。そのぐらいに大きいというか、広いというか・・・。何階建てだろうか? 高さも中々である。

私は車の窓から、今日からお世話になる場所をじっくりと眺める。大きな期待と小さな不安を持ちながら、施設の入り口まで移動する・・・。

入り口の広場あたりで、車が停止する。

がちゃ。

私だけ、車からひょこっと降りる。

「ううーーん」

のびのび~。車に乗っている最中は、あまり体を動かせなかったから、少し体が痛い。血行をよくせねば。

私は少し軽いストレッチを行う。

「萌子様。施設に入りましたら、まずは左手にある受付の方にお話下さい。以降、受付の方がご案内させていただきます」

「あ、はい」

「それでは、お楽しみ下さいませ。萌子様」

黒服の男はニコッと微笑むと、車を移動させてその場を去る。

さて・・・。私も受付に行かなくちゃ。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る