―――後背位でスパンキングセックス! 1――

快楽機姦研究所 夜、自室にて。

今日は、メイドの茜さんとエッチでお楽しみ~。

「あ・・・はぁ、はぅ~んっ!」

布団の上で脚を大きく開いている私は・・・後ろにいる茜さんから、クリトリスをパンツ越しで触られて・・・びくっびくっと震えていた。

くりくり、くりくり。

「何でこんなにパンツを濡らしちゃってるのかな~? すぐに感じちゃうなんて、やっぱり萌子ちゃんって、変態ねぇ・・・うふふっ」

「は、はひっ! あっ、あっ、はぁ~っ、わ、わたしぃ・・・変態ぃ~?」

「そうよ。萌子ちゃんは変態。クリトリスの愛撫だけでこんなに感じちゃうなんて、間違えなく変態。・・・そう、変態なのよ」

くりんっ! ぷにぷにぷにぷに。

「はぁ~~~う~~~っ! へんたぁ~~いっ」

「そうそう、変態ちゃん」

茜さんは耳元で甘くささやきながら、クリトリスをなで続ける。・・・あぁ、い、い、い、イク~~~っ。

「変態、変態・・・も~えこちゃんの、へんたぁ~い。・・・変態、変態、変態、変態・・・」

「あ、ぁあぁぁ・・・ぁあぁ・・・」

絶頂までの階段を上るときに「変態」と連呼されて、快感がムワッと増幅する。

ーーーーびきぃいぃっ!

「あ”へ・・・・っっ」

しびれる快感が体に広がる。・・・変態という単語が頭の中でぐるぐる回りながら、全身がびくっと跳ねて、軽い絶頂を起こす。

「ぁあ・・・ぁ・・・ぅ・・・」

「イっちゃったわね~。こんな短期間にすぐイっちゃうのは変態ちゃんなのよ。わかった?」

「は、はあぁ~~~いぃ~~~・・・」

「素直でイイ子ね~」

頭をなでられながら、耳元でずっと「変態」とささやかれる。・・・変態と何度も刷り込まされたせいで、もう私は変態になってしまっていた・・・。

「さぁ、本番いくわよぉ~」

茜さんは、メイド服と下着を脱ぎ・・・機姦「リアルペニス」をお股に付けたまま、私の後ろで膝立ちする。

「四つん這いになって、お尻を私に差し出しなさい。変態の萌子ちゃん」

「ふぁ~~い」

今日はバックだぁ~。アソコを激しく突かれちゃうかもぉ~。

もじもじしながら、びっちょりと湿らせたパンツを脱ぎ・・・言われたとおり四つん這いの姿勢をとる。

むにぃっ。

「あんっ・・・」

ぷりんとするお尻を茜さんに差し出した後、両手でしっかり捕まれて、もにもにされる。

むにむにむにむに。

「あ・・・ぁあ・・・」

「揉み心地抜群のプリティーなお尻。・・・くぅ~~、たまらぁ~~んっ! ほれほれほれぇ~~っ! この変態めぇ~」

「あ~~っ・・・ふあ・・・ふあっ・・・」

お尻をもみもみと揉まれ続ける。ここを揉まれるとお尻の中とアソコの中がじんわりしてきて、イイ気分になってぇ、し~ま~う~・・・。

「ふあっ・・・!」

・・・ぴとりっ。茜さんのローションをまとったおちんちんの亀頭が、私のアソコとぴったんこ~。

「ふにゃぁ~~~っ・・・」

「挿れてほしい?」

「はぁ~~いっ」

「んふふ・・・、なら、自らおケツを後ろに下げなさい。挿入を許してあげる」

「へぁあぁい・・・」

おちんちんがとっても欲しい状態の私は、茜さんの言うことを素直に従い、胸を下にさげ・・・お尻をぷり~んと上にあげながら、ゆっくりと茜さんの方に4足歩行で下がっていく。

ずぬぬぬぬっ・・・。

「はぁあ、あ、あぁ、っ・・・くぅ・・・っ」

ぬぬぬぬっ・・・。

「・・・んっ・・・」

ずちゅ~~りっ。

「ん~~~っ! はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

自らの意志で、茜さんのおちんちんを・・・自分の膣内にしっかりと全部入れ込む。・・・ぁ、ああ・・・私って、変態だぁぁ・・・。

「おちんぽ丸飲みね。・・・どれっ」

ひゅっ・・・ッパァアァァアーーーーーーーンッ!!

「ーーーーーーーっっっ!!!?」

急に、お尻を勢いよく叩かれる。

「ん”にゃあぁあああぁーーーーーーっっ!!」

お尻がぶるるっと震えて、お股がきゅ~としまり、背中がゾクゾクっとけいれんする。・・・しかし、お尻を叩かれすごく良い音がしたというのに・・・痛みは、ほとんど無かった。

「ぁぁあぁぁぁぁ・・・」

顔を布団の上に乗せて、だらしない笑顔を作りながら、あえぎ声を継続的に漏らす。・・・膣内はきゅ~んっと引き締まって、挿入中のおちんちんのおいしさが増す。

「びっくりした~? ・・・女性はね~。絶頂した後、肌に性感を蓄えるから~、こういう力の調整をしたお尻叩きをすると、結構な快感になるのよー。・・・とくにマゾっ子の変態ちゃんにはね~」

ぺしーーーーんっっ!! もう一回叩かれる。

「ん”にょへぇーーーーーーっっ!!」

全身が勝手にびくっと跳ねて、なんだかとっても良い気分になる。

「変態だからスパンキングでも気持ちよくなれるのよ。・・・わかる? 変態だから、ね」

「ふぁあぁいぃぃ~~~っ」

わたしぃいぃ~~、なんてエッチで変態な子なんだろぉ~~っ! こんなことされてるのに、お股がきゅんきゅんして、かなり気持ちがいいんだよぉ~~~、にゃへえぇえ~~~・・・。

ぱぁーーんっ! ぱぁーーんっ! ぱぁーーーんっ!

「あ”ーーーっ! あ”ーーーっ! んあぁあーーーっ!」

今度は3連続お尻ペンペン。

ぷるっぷるのお尻に心地の良い衝撃が走り抜けて、なんだかすごい快感が膣内にビリッとくる。

「ひぇにゃああぁあぁ~~~~」

びくびくっびくっびくっっ・・・!

ぐでぇ~んと体を垂らし、おっぱいを潰しながら悶える。アソコはおちんちんを突っ込まれたままなので、お尻はその場から移動できず、茜さんの目の前でビクビクしている。

「はぁ~・・・はぁあぁ~~・・・はひっ、はひっ・・・」

「後背位だと、萌子ちゃんのお尻をたっぷり楽しむことができて嬉しいわ~。・・・さぁ、萌子ちゃん。自ら腰を前後に振って、私のおちんぽを出し入れするのよ」

「ふぁぁ~っ・・・は、はぁ~~い・・・っ」

「ほら、ほら~」

ぺちぺちぺちぺちぺちっ。

「あ、あ、あ、あぁ、あ・・・」

お尻を連続で軽く叩かれ、前に移動させられる。

ぬぬぬぬぬぬっ・・・。

茜さんのおちんちんが抜けていき、ぬっとりする快感が膣内から沸いてくる。

だ・・・だぁめぇえ~~~っ! これ、気持ちよくて、だめえぇえ~~~っ!

ずずずずずっ。ぬぬぬぬっ。にゅにゅにゅにゅにゅ・・・。じゅじゅじゅじゅじゅ・・・。

引き締まった膣道とリアルペニスの摩擦はとっても気持ちが良く・・・ついつい、前腕を布団に固定しつつ、自ら体を前後に大きく移動させて、膣内におちんちんを出し入れしてしまう。

「あらあら、もしかして変態ちゃんは、このままずっと自分で腰を振って、絶頂するつもりなのかしら? 私がピストンして感じるのならわかるんだけど~・・・、自分からお尻を移動させて、おちんちんをいやらしくこすりながらセックスを楽しむなんて・・・女性としてのプライドがないのかしら? 恥ずかしいと思わないの?」

「ダメなのですぅうぅ~~~っ! いやらしいけど、止められないんですぅ~~~っ! あ~~~んっ!!」

茜さんの言葉責めにより自分の淫乱さを感じるものの・・・私の体は、おちんちんの摩擦による快楽を求めてしまい、勝手にセックスを続けてしまう・・・。

ずっちゅ! ずっちゅ! ずっちゅ! ずっちゅ!

「あ・・・あぁ、い、イク・・・イきますっ、イっちゃいますうぅぅ~~~っ!!」

最初の絶頂後に何回かスパンキングを受けたため、膣内の感度はとても良くなっており、すぐに絶頂してしまいそうな感じになる。

「・・・しょーがない変態ちゃんねぇ。そんな変態ちゃんは、お尻叩きで絶頂なさい」

私は無意識に腰を振り続ける。・・・私の絶頂しそうなタイミングを見計らって・・・、

「あ、ぁっ、ふぁ~~~~っっ!!」

パァアアァァァァーーーーーーーーン。

お尻を勢いよく叩かれる。

「あ”ーーーーーーーーーーっっっ!!!」

お尻を叩いた音と私の叫び声が、部屋中に響きわたる。

・・・私は、あへった顔になり・・・口から涎を垂らしたまま、とても快く絶頂してしまった。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る