施設内部で付ける物


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―― 施設内部で付ける物 ――

コンコンっとドアがノックされる。

「入るわよー」

茜さんが部屋に戻ってきたようだ。

「ただいまー。・・・あら? 萌子ちゃん、顔が少し火照っているみたいだけど、何かあったのかしら?」

「あ、いえいえっ! な、なんでもないです。あはっ、あははっ・・・」

「・・・? そう、ならいいけど。それでね、早速だけどーーー、萌子ちゃんには最初に、これをつけてもらうわ」

茜さんは丸い輪っかをどこから取り出し、テーブルの上にことりっと置く。

私はそれを眺める。・・・こ、これは・・・っ!

「えーと、これ、首輪ですよね?」

「そうよー」

「えーと、えーっと、これを・・・私のどこに・・・つけるんですか・・・?」

おそるおそる聞いてみる。

「そりゃあ、当然首に」

当たり前の答えが、返ってくる。

「これはね、施設で実験を受けています、という証ね」

えええええ、は、はずかしいぃよぉ~。

「あらぁ、以外とシャイなのねぇ」

私が頬を赤らめて両手で押さえるのを見ると、茜さんはくすくすと笑う。むっ、バカにされてるかも。

「だって、だってっ、首輪ですよ! ペットですよ! わんわんおですよ!?」

「そう言うものじゃないわよ。体温測定とか、神経管理とか、データの伝達を担った器具なだけよ」

ほ、ほんとかなぁ~。

「でもさっき、エッチなことされても構わないって、はっきり同意したわよね?」

うぐっ

「それとも、首輪はイヤという理由だけで帰っちゃうのかしら?」

うぐぐっ。

「首輪だけではずかしがっちゃう、乙女の萌子ちゃーん」

うぎゅぅ~っ。

「もー! 付ければいいんでしょ! 付ければぁ」

私はあきらめて、首輪を付けることを同意してしまう。

「そうそう、いい子ね~」

そういうと、笑顔の茜さんは私の後ろに回り込む。

・・・はっ! もしかして、私、茜さんにのせられた!?

気が付いたときには時すでに遅し。茜さんはもう取り付けてる準備をしている。

「ほーら、手伝ってあげるから、ね」

そういうと、茜さんは首輪を左右にぱかっと分解する。

あっ、あっ、あっ。

わた私としたことがななな何という失態。どど、どうすればいい、どうしようぅぅぅ!?

「うりゃ」

「あ、だめっ、だめですっ! まだ心の準備が・・・あーーーっっ!!」

茜さんが容赦なく私の首に、首輪を取り付ける。

がちっ。

いい響きと共に、首輪はがっちりと、私の首にはまってしまった。

それはもう、その首輪は私の首の大きさにぴったりで、全然外れる様子がない。

・・・あ、あああああああっ。

わ、私、ペットになっちゃったんだ・・・。

私、ペットになっちゃったんだ・・・・・・。

私、ペットになっちゃったんだ・・・・・・・・・。

心の中でエコーが続く。別に私はペットにはなっていないはずなのだが・・・。

がらんごろんどしん。私の精神の何かが崩れていく。

首輪・・・わたし・・・首輪・・・。
わんわんお。わんわんおー。

茜さんの話が聞こえていない。首輪を付けたことによる背徳感が・・・それはもう、すごくて。

そして、不思議ともう一つの感情が芽生える。

これから、色々と激しくエッチされちゃうんだ。
私の意志に関係なく犯されちゃうんだ。だってペットだもん。

「萌子ちゃん、萌子ちゃーん」

はっ。私ったらつい、いけない想像を!

「は、はひぃ」

痛い。舌噛んだ。

「別に首輪だけじゃないのよ? 次は、これね」

茜さんは次に、腕輪・・・だろうか? 少し厚いピンク色の腕輪を半分に割ったような物を2つ、ポケットから取り出した。

おそらく、先の首輪同様、2つを合わせることで、本来の腕輪の形を再現できるのだろう。

「これを付けるから、右腕を前に出してね」

とりあえず、私は右腕をそのまま前に出す。

「あ、静脈が見えるように、肘から手首を手前を裏返しにしてね」

・・・? 手のひらをぐるっと半回転させて、裏返しにする。

私の腕は少々細いため、手首の方にはうっすら青色のような線が浮き出ている。もうちょっと筋肉つけないとまずいかもしれない・・・。

茜さんは、私の肘の近くをじーっと見つめて、

「この辺かしらね」

カチリッ

先ほど持っていた腕輪のパーツを、私の肘の近くに取り付ける。2つのパーツは合体して、私の腕に腕輪が装着される。こちらも驚くほどにピッタリだ。

普通の腕輪なら、手首の方に移動すれば外れるものだが、この腕輪は全く動かない。完全に腕に密着しているように感じられる。

「んと・・・これは何に使うんです?」

「投薬用。投薬が必要になったら自動で針がぷすっと出てきて、安全にお注射することができるのよー」

「ええええぇぇぇっっ!? 注射いやぁぁぁっ!!」

「おーちーつーき、なさい。ここから出てくる注射針は特殊な形状で、そんなに痛くならないようにしてあるから。それに必要な機会があれば投薬を行うけれど、通常では特に使用しないからね」

「ほ、本当に?」

「本当よ」

茜さんがしょーがないなぁといった態度で私を見てくる。そんな茜さんの態度を眺めると、何で私、慌てていたんだろう? と、冷静さを取り戻す。あ、でもでも、やっぱりお注射は嫌いだよ~・・・。

「さー次の機姦も付けちゃいましょー」

「機姦? ・・・ですか」

「そ、機姦。機械にエッチなことをさせる器具や道具のことを、うちでは「機姦」って呼んでるのよ。・・・機姦といっても様々でね、まぁ、機械が何らかの理由でエッチに関連していた場合、そう呼ぶことにしてるわ」

・・・どきっ! 

その説明を聞いて、私の心が熱くなる。

首輪に投薬・・・。な、なんてコンボだ・・・。
官能小説で一度しか呼んだことないぞ。そんなジャンル。

ま、まさかそれを私が受ける日が来ようとは。

なんかもう、色々とすごい。お股が濡れているかもしれない。エッチな子にされちゃうっという現実味が格段に増す。

な、なんだか期待してないか私!? 違う! 女の子は誰しも、白馬の王子様がでてきて結婚することを期待してるんだ。あ、でもエッチはエッチで好きだよ。あ、でもでも・・・。

考えがまとまらない。あわわわわ。

「はーい、考え中のところ悪いけど、最後にこれを付けてもらうわよ」

「は、はいぃ!」

声をかけられて考えごとをやめる。そして、茜さんが取り出した物を眺める。これは・・・カチューシャだ。

まさかこれも、とんでもない機能が付いているのでは!?

「これは、萌子ちゃんの脳波をいつでも測定できる優れ物。調教用具ではないわよ」

・・・なーんだ。

少しほっとする。前2つの器具と違ってこいつはまともそうだ。

もさっ。

茜さんが私の髪にカチューシャを取り付ける。

「萌子ちゃん。これらの器具は、原則1日中付けることになっているから、無理して取り外さないでね」

「は、はい・・・」

首輪に薬にカチューシャ、1日で変な装備が3つも増えてしまった。全部ぴったりサイズで、違和感は特に感じない。

「あーそれと、これが今の萌子ちゃんよー」

ほい、っと小さな手鏡をわたされる。

私はちらりと鏡の中をのぞき込む。

・・・おおっ、首輪とカチューシャがかわいい?! いやいや、首輪はなにかと背徳感がするな・・・。

カチューシャは素直にいいと思う。腕輪は注射さえなければ特に何も感じない。

「よし! 今日はこれで全部終わり! お疲れさま~」

あ、これで終わりなのね。

「後はゆっくり寝るだけよ。夜10時には消灯するようにね。それと、寝る前になったらそこのメモ用紙を呼んでおくように」

茜さんが指を示す先には、メモ用紙と瓶が一つおいてある。なんだあれ?

「それじゃ、また明日~」

そういうと、茜さんは部屋から出ていってしまった。

・・・。

とりあえず、私はベッドに軽くダイビングする。ぼよーん。

「・・・はっ」

それからというものの、お布団が気持ちよくて、ごろごろしてたら、眠気が襲ってきていた。

あぶないあぶない。寝る前にメモをみておくんだったよな。

私はがばっと起き上がり、机まで移動する。メモが置いてあるので、それをのぞき込むように見てみる。

「今日の夜、瓶の中の液体を、必ず全部飲むように!」 とメモ書きがされてる。

そしてメモの隣には、一つ瓶が、ちょこんとおいてある。

なんだろ、この若干白い様な透明な液体。ぺろっと味見してみる。

・・・んーー。薄いレモン味?

ビミョーな味だが飲めないことはない。飲めと言ってるし、飲んでおかなきゃね。

私はぐいーっと謎の液体を飲み干す。一気飲みできるぐらいの量であった。

・・・。

さーこれで、今日はおしまい。

私はトイレをすませると、改めてベッドで横になる。
ついでに少し跳ねて遊ぶ。ぼよよーん。

それにしても、今日はほんと、驚きの連続だったな・・・。明日はどんなことが待っているのだろう?

そう思いながら、少しずつ意識は落ちていく。

・・・。

疲れが溜まっていたのか、しばらく経つと私はぐっすり眠ってしまった。

ぐぴー。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る