快眠ベッドでお休み


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―― 快眠ベッドでお休み ――

部屋に帰った後は、お風呂だ。

昨日と同じで、至って普通のお風呂だったので、感想は省略。

しかし、今日あったこともすごかったな―。

私は新しい浴衣に着替えてから大きなソファーで横になり、ゴロゴロしながら今日あった事を色々と思い返してみる。

うーん。なんか一部記憶が吹っ飛んでいるよ~な気もするけど・・・気にしないことにしよう。

・・・ふわわ~っ。

のんびりしたら、何だか眠くなってきてしまった。

いつもより寝る時間が早い気がするけど・・・。素直に寝るのがいいかな。

んーっと。

もうそろそろ寝ようかなと思って、言われた通り、呼び出しのボタンを押す。

パタパタパタ。

5分後、茜さんが召還される。

「はーい、萌子ちゃん。お待たせー。もう寝るのかな?」

「はいー」

ふぁーあ。いかん、あくびが出てしまった。

「それじゃあ、その浴衣をとって裸になった後、こっちに来てね」

「えっ!? なぜに!?」

「ここにベットがあるでしょ。これはね。機姦名「快眠ベッド」というのだけれど、萌子ちゃんが寝ている間に、色々と体のメンテナンスを手伝ってくれるのよ。だから、基本的には、裸じゃないとだめなのよー」

「快眠なのに「機姦」なんですか?」

茜さんがなんだかとんでもないことを言っているが、それとは別に疑問に思ったことを聞いてみる。

「エッチに関連している機械だったら、とりあえず機姦って名前が付けられるのよ」

そっか。機姦という名前が付いていても、全てがエッチな物・・・ってわけでもないんだな。

「というわけで、脱いでね」

そういえば、そうだったー! 脱ぐんだったー!

「い、いやーーー」

急に茜さんに私を脱がそうと手を伸ばしてきたので、私は女性として当然の反応を示す。

相変わらず、なにをするんだー! この人はー!

「いやぁ、脱がないと、先に進まないから」

茜さんは、手をわきわきと動かしながら私に近寄らせる。いや、自分で脱げますから! 自分で脱げますからっ!

「さぁ、ぱぱっと脱いじゃって」

そう言われたので、私は渋々と浴衣に手を伸ばす。どうせこういうことに拒否権はないんだー。ぷいっ。

浴衣を肩からゆっくりおろしていく。

はらり。

腰巻きがほどけ、私の下着が露呈する。

浴衣を脱いだ後は、顔を赤くして目をそらしながら、下着を外す。裸の状態になる。

さっきの測定の時と違い、茜さんは、私の方をじっくり眺めている。

・・・なぜだろうか? 人にみられると、慣れていたはずなのにやっぱり恥ずかしくなってしまう。

「いいねぇいいねぇ」

なんだか、おやぢっぽいことも言ってるし。

全裸で恥ずかしい状態の私を見て、喜んでいる様にしか見えない。

もーっ! この人、こういう変な趣味があるのかなぁ・・・

「適応力、高いんじゃなかったの?」

「さっきはさっき、今は今ですー!」

意味不明な弁解を用いる。

裸はまだそこまで慣れていないのかもしれないし、雰囲気も恥ずかしさを増しているのだろう。

「まだまだ恥ずかしがり屋さんってことね。さ、ベットで体を横にしてみて」

う、うーん。相変わらず向こうのペースだ。

そう思いながら、私はとりあえず、足を快眠マシンのベットの部分にのせる。

もふふっっ!

・・・!?

足がベットに飲み込まれる。

うわ、なにこれ、気持ちがいい。

このベット、すっごいもふもふだ。

少し感動しながら、私は寝る体制を整える。

ずぼっ

今度は手が、もふもふベッドに吸い込まれる。

もふもふすぎて体が支えきれず、そのまま、私の体全体が快眠ベッドに飲み込まれてしまう。

うわー。

全身をもふもふがおそいかかる。

こ、これはぁーーー。天国だぁーーー。

もふフェチの私には、たまらなーい。服を着ていないため、全身でそのもふもふっぷりを堪能できる。

えへ、えへへへへ・・・っ。

すごーく、すごーーく、心地よい。

だーめーだー。

私はあまりにも心地よいせいで、目がとろんっとなって、自分の置かれている状況を忘れてしまう。

あーー、いいよぉ。もっふもふだよぉ・・・。

「どぉ、気持ちいい?」

「さっいこっうですぅ~~~」

まさにヘヴン状態! さっきの全裸になる恥ずかしさは、どこかに投げ捨ててしまった。

「それじゃ、萌子ちゃん。おやすみなさい」

茜さんがそう言うと・・・

ウィーーン。がちゃん!

何やら、透明な壁が弧を描く様に現れ、私は快眠ベットに閉じこめてしまう。

えっ、ちょっ、なにしてんの!?
もしかして、私、閉じこめられてる!?

不安になり起きあがろうとする。ベッドにもふられて、それが上手くできない。もふっ。

茜さんは透明な壁の向こうから、にこやかな笑顔でバイバーイと手を振って、その場から立ち去る。

まってー! 怖いよー! もふられて動けないよぉ~!

私の不安が増す。

まるで悪の組織に捕まってしまったお姉ちゃんが、改造手術でもされてしまう様なシチュエーションみたいだ。

しかし、そんな私の不安は予定済みというべきか、何ともいえない不思議な音楽が流れ込んでくる。

おや、なんか懐かしい曲だ。どこかで聞いたような気がするんだけど、知らないような・・・。心地よくなる良い曲だなぁ。

音楽を聴いていたら、先ほどの不安はどこかに飛んで言ってしまった。そして、気持ちよさも兼ねて、ふにゃーっと目にとろみが増してくる。

もふもふと音楽のコンボで、私の意識が削がれていく。
も、もしや・・・この音楽、洗脳タイプのよぅ・・・な・・・。

・・・。

・・・。

ぐーすかぴー。

翌日。

・・・。

ふにゃ、もう朝か。

私は目を覚ます。

なんかとても目覚めがよい。体の調子もいつもより良い気がする。これが快眠ベッドの効力だというのならすごい。まさに快眠の名に恥じぬ効力だ。

・・・さて、この施設に来て3日目。今日から私は色々とエッチな実験のテスターのお仕事をするらしい。

もうそろそろ起きなければ・・・。

もふっ。

体がもふもに飲み込まれて、上手く起きあがれない。

・・・。

もう一眠りしちゃおかっな~。

「ほーら、起きなさーい」

茜さんが小型タブレットをタッチして、ベットに命令を出す。・・・いつの間に、この部屋にいたのだろうか?

ウィーン。

ベットの半分が起きあがる。

私の体も起こされる。あ、これなら何とか起きあがれそうだ。

「おはよー、萌子ちゃん。昨日はぐっすり眠れたかしら?」

「おはようございます。それはもう快眠でした!」

「それはよかったわ。・・・さぁ、朝の支度があるから着替えちゃってね。下着は新しいのを用意したから、こっちを着てね」

「はーい」

私はベッドから起きあがり、茜さんから支給されたパンツを履こうとする。その最中、自分のお股を見て重要なことに気がつく。

あ、あああ、あれ? 大切なところの周りにある毛が、その・・・な、なくなっているんですけど・・・。

もしや、私が寝ている間に、茜さんに何かされたのか!?

「ああ、それね。快眠ベッドの機能のひとつよー。寝ているときにアソコの毛を除去してツルツルにしてくれるのよー」

ぽかーんと口を開けたまま、説明を聞き入れる。

・・・。そ、そういえばコイツ「機姦」だったな。

つるぺたにされてしまった私の大切なところを見て、少し恥ずかしくなる。

あ、甘く見ていた・・・。この名前が付いていたら、なんらかのいかがわし機能を兼ね備えているのだろう。そう認識を改める。

「他にも、萌子ちゃんを綺麗にしてくれてたりもするよ」

「・・・ん?」

そういわれて、私は、自分の肌を触ってみる。

すべすべだ!

髪もさわる。

しなやかだ!

このベット、美容エステまでこなしているのか!?

私の魅力が1.3倍になっていることを自覚できる。これはとてもうれしい。

・・・残念なことにうれしいことが同時に発生して、何ともいえない気持ちになる。

「考えごとをしていると、朝食、冷めちゃうわよー?」

「あ、食べます。いただきますー」

基本、私は食べ物に弱い。すぐ釣られてしまう。

というわけで、急いで下着を着て浴衣姿になった後、私は朝食をおいしくいただくことにした。

ご飯を食べながら、茜さんとのんびり雑談する。

食後は歯磨き。虫歯は怖いからね。

トイレは何故か行く気になれなかった。・・・おかしいな。私、朝は必ず行くタイプなんだけど、今日は出ないと思う。

私が一通り行動を終えると、茜さんが私に話しかけてくる。

「今日の夜から、萌子ちゃんのお仕事が本格的に始まるわよ。知ってた?」

「は、はい・・・っ!」

資料の記述で、3日目の夜から数日ごとに、エッチな実験のテスターのお仕事があることを思い出す。そうだ。今日から私は、この快楽機姦研究所でエッチなお仕事をしていくのだ・・・!

「覚悟はいいかな~」

ほんと、この人、私をいたぶるのが好きだな・・・。

「だ、大丈夫です!」

「ふふっ。その意気込みなら、問題なさそうね」

茜さんは笑顔で、ぽんぽんと私の頭を優しくたたく。あ、なんかこれ、いいかも・・・。

「さてさて、それとは別に、今日から萌子ちゃんにエッチな調教器具を取り付けちゃうわよ~」

「・・・。ええーーっ!?」

私は驚きの声を上げる。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る