使用済みのパンティを眼視


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第5話 使用済みのパンティを眼視

○ランジェリーの秘密

「……うぅ」

「ほら、なにしてるの。早く怜菜ちゃんの脱ぎ立ての下着を握らせてよ」

再び前を向いた彼女の脇に、俺は腕を伸ばした。
その手が、右ポケットに半分突っ込まれた細い手首に触れた。

もぞもぞとポケットをまさぐる怜菜ちゃん。
やがて、人目に晒す時間を最小にしたいのか、ボール状に丸めた布きれをふたつに分けて俺に握らせた。

「は、早く。早くしまって下さい!」

切羽詰った声を怜菜ちゃんがあげる。
俺は、そんな恥辱に悶える彼女に悦を感じながら、黒いふたつのボールを手のひらで弄んだ。

「ふふっ、なんかズシッてくるね。汗が沁み込んでいるのかな。それとも小さいボールは、他の液かな。いやらしいお汁とか」

「ち、違いますっ! 私、そんなハシタナイこと。それよりも、いつまで見ているんですか? 早くポケットの中へ。あ、あぁ、見られちゃう」

水色の帽子が何度も左右に揺れた。
エスカレーターを上り下りする利用者へ、視線を走らせているのだろうか。
でも自分が差し出したモノを見るのは抵抗があるのか、後ろを振り返ろうとはしない。

「大丈夫さ。バレやしないよ。それよりも、怜菜ちゃんは真っすぐ前を向いて、モップを動かしておけばいいのさ」

俺は事もなげにそう言うと、大きなボールから解体を始めた。

「へえ~、怜菜ちゃんって着痩せするタイプなんだね。バストはいくらあるの?」

「は、82……です」

これ以上逆らうのは得策ではないと判断したのか、素直に応える怜菜ちゃん。
俺は乳房を包むパッドの手触りを愉しみながら、尚も質問を続けた。

「ついでだから教えてよ。あとのサイズも」

「え、えっと……ウエストは55。ひ、ヒップは83……です」

「おっ、パーフェクトなプロポーションだね。そっかぁ、ヒップは83もあるのか。このちっちゃなパンティが、怜菜ちゃんの大きなお尻を包んでいたんだね」

水色のズボンと共に震える上向きのお尻。
俺はチラチラとそれを観察しながら、ブラジャーを上着のポケットに納めた。
続けて、小さなボールを拡げる。

「いやぁ……見ないで……」

俺がなにをしているのか分かるのか、怜菜ちゃんがこっちを見ないまま懇願する。
肩をガクガクさせて、全身を身悶えさせて立ち尽くしている。

いいねぇ、その声。その立ち姿。
でもおじさんには聞こえないし、見えないんだよね。
見えているのは唯一……!

俺は美少女のパンティをいっぱいに引き延ばした。
視線が当然のようにクロッチの中心、恥ずかしい縦じわに集中する。

「ふふふっ、怜菜ちゃんのパンティ、汚れているよ」

照明にかざさないとよく見えない。
でも確かに黒い生地の真ん中に、うっすらと沁みのようなモノが縦に並んでいる。

「ううぅっ、見ないで、許して、もうお願い……」

怜菜ちゃんが半泣きの声で懇願する。
震えも止まらなくなっている。
肩だけじゃない。全身を小刻みに揺らせては、耐えるようにモップを握り締めている。
10本の指だってほら、血の気を失い真っ白に。

俺は張り詰めた自分の下腹部を撫でていた。
卑怯にも、女の子を盾にして己の性欲を満たそうとしていた。

「でも、どうして怜菜ちゃんは黒色のパンティなんか穿いてきたんだい? 君の雰囲気だと、もっと淡い色がお似合いだとおじさんは思うけどな」

下着が全てポケットに収まったことを確認すると、怜菜ちゃんは清掃を始めた。
踊り場から10段目、9段目と手際よくモップを動かし、残り8段まで片付けていた。

「私だって普段はあまり穿きません。こういう色は……」

「じゃあ、今日に限ってどうして?」

さっきの下着観察のインパクトが大きかったのか、その後の怜菜ちゃんは、少々際どい質問にも気にせずに答えてくれた。

「アドバイスされたんです。その子に」

「ああ、君にバイトを押し付けた同級生だね」

怜菜ちゃんは横に移動しながら、同意するように頷いた。

「バイトと言ったってお仕事をするんだから、気を引き締めないといけないって。そのためには、下着の色も……その勝負下着というか、黒色が一番だって、彼女が勧めてくれて……」

「それで身に着けていたってわけだ。はあ~」

あきれて声を失いかけた。
これは絶滅危惧種以上の新種かもしれない。
今どきここまでバカ正直で、人を疑わない人類に遭遇するとは……

たぶんその同級生は、怜菜ちゃんをからかいたかったのだろう。
いや、こんな下着で作業をすれば、間違いなく彼女の透け透けのブラとパンティを大衆に晒すことになる。

もしかしたら、可愛い怜菜ちゃんに対する嫉妬?
そうだな、仕打ちの悪質さからみてその線が濃厚だな。

ふふ、だとしたらちょっと面白いことを思い付いたぞ。

俺は怜菜ちゃんに付きまといながら、視野いっぱいに黒眼を走らせた。
前方も後方も、当然左右にも。

そして、いた! 見つけた!

階段の最上段に佇む小柄な人影。
そこから彼女は、俺たちの行為を覗いていたに違いない。
俺のようなスケベなオヤジに、怜菜ちゃんが弄ばれるのを……


第5話 使用済みのパンティを眼視 ここまで


続きが待ちきれないなら作者様HPで!

羞恥の風

 

『エスカレーターの狭間で……』一覧に戻る